日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:136分
    監督
    原田眞人
    脚本
    原田眞人
    キャスト
    役所広司
    本木雅弘
    松坂桃李
    堤真一
    山崎努
    神野三鈴
    蓮佛美沙子
    小松和重
    中村育二
    山路和弘
    金内喜久夫
    奥田達士
    嵐芳三郎
    井之上隆志
    木場勝己
    麿赤兒
    戸塚祥太
    田中美央
    茂山茂
    宮本裕子
    戸田恵梨香
    キムラ緑子
    野間口徹
    松山ケンイチ
    あらすじ
    戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

    「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・レビュー

    chii
    chiiの感想・レビュー
    2017/01/29
    -
    すごくむずかしくて
    もう少ししたら
    もう一度みたい
    考えが変わるかも
    とまこ
    とまこの感想・レビュー
    2017/01/28
    3.2
    記録
    dasao
    dasaoの感想・レビュー
    2017/01/28
    3.8
    日本人なのに玉音放送が放送されるまでに、こんなことがあったことに驚いた。
    玉音放送は、録音だったことにもびっくり。
    どっち側の気持ちもわかる映画でした。
    kt
    ktの感想・レビュー
    2017/01/28
    -
    記録
    AyanoMurakami
    AyanoMurakamiの感想・レビュー
    2017/01/28
    3.0
    終戦を決めた人々の話。歴史好きに勧められなければなら観なかった一本。重かったぁ。正直わからないところもあったけれど、テストのために暗記したたった1つの単語の裏にこれだけの壮大なドラマがあったのだと思い知る。知らなければならなかったのだなとも。この映画が作れたというのもこの時代だったからなんだろうなぁ。
    同じ国のこととはなんだか思えなかった。知るって大事なことだ。
    RintaroTabuchi
    RintaroTabuchiの感想・レビュー
    2017/01/28
    3.0
    終戦間際の男達の激渋な話でした。

    立場と責任は時として命より重い事がある
    けど、それを美徳として共感する時代は終わったような気がします。

    戦争は道徳や倫理の教材としてとても便利ですが、教科書に載らないこの映画のような背景も知っておきたいですね。
    Macky
    Mackyの感想・レビュー
    2017/01/27
    3.5
    長い舞台を見てるような感じ。

    第二次世界大戦が終わるまさに
    その一日を描いてる。
    ずしーんとくるストーリー。
    決して娯楽映画ではない。

    でも、終戦を迎えるまでに裏でこんな事が行われてたのかと初めて知って・・・愕然としました。
    昭和天皇の苦悩がよくわかった作品でした。

    その昭和天皇をモックンが熱演!
    天皇役なんて、荷が重かったやろうけど
    ただの物真似ではなく、
    天皇陛下像を崩さずうまく演じてたと思う。
    「終戦宣言」である「玉音放送」は簡単に決断されたものやと思ってたけど
    こんなに天皇が国民を思い、苦渋の決断でしてたとは・・・
    「私の一言で始まった戦争は、私の一言で終わらせる」的なシーンにグッと来た。

    当時、私のお目当てだった松坂桃李くん。
    坊主頭で青筋たてて、血の気の多い
    陸軍少佐を演じてました。

    日本の勝利を信じて最後まで戦う道を選んで、進むべき道を間違えてしまう男を演じました。
    桃李、うまかったです。
    狂気さえ感じる冷酷な表情・・・。
    暴走した彼を、なかなか止めれず・・・。

    普段温厚な桃李、演技でパワーを爆発させるタイプよね、怖かったもん~。
    彼は目が死んでる役の方がよい!←映画の評価をしなさい。

    役所さんが主役で陸軍大臣を演じ、もちろん安定の演技!
    山﨑努さんは総理大臣!山崎さんの味のある演技も好き(*^^)v

    正直、堤さんの役(書記官長)がわかりづらく、
    何の為にいてるのかがわからなかった。
    陸軍がお国の為と暴走するのに対し、常に中立の立場にいた人なのかな?

    とにかく、聞きなれない軍の役職がわからないので理解するのが難しいのよ。

    和平への道=終戦を決断するにも各大臣との話合い話し合い・・・決まらない話し合い・・・
    上からの指令で動くのは兵隊さん、血を流すのも国民と軍人。
    エライサン達の一言で戦争というのは始まり、終息する

    事件は会議室で起きるんじゃない、現場で起きてるんだ!!!
    青島さんの言葉を思い出したわ(笑)
    なんか、見ていて腹が立った。

    戦争は繰り返してはならないし、終戦してよかったとつくづく思った。
    本土決戦なんてしてたら、私達生まれてなかったと思うし
    この今の日本がなかったと思うから。

    ありがとう、ご先祖さん。おじいちゃんおばあちゃん。。。。感謝
    ハカナク
    ハカナクの感想・レビュー
    2017/01/27
    3.3
    阿南を知っただけでも価値のあった映画
    yanmar
    yanmarの感想・レビュー
    2017/01/26
    4.2
    重かった。
    もっくんの天皇役がハマってた。
    天皇のあのお言葉があるから今の自分の命があるのかもしれないと深く考えさせられた。
    日本人なら観るべき。
    まき
    まきの感想・レビュー
    2017/01/25
    2.8
    記録