日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

戦争継続かポツダム宣言受諾か、それぞれの立場で日本の事を考えてぶつかり合う男たち、みんなかっこよすぎ!
このような先人たちのおかげでいまの日本があると思うと感謝しかないです。
Unco丸

Unco丸の感想・評価

2.0
バカだから映画の内容が難しくてよくわからなかった
でもエンドロールで流れた音楽がとてもよくて日本の風情ってやつを感じたよ
静かで、それでいて激しく重厚な雰囲気はこの国独特のにおい。
もう一回見て理解を深めたい

ただ欲を言えば やはりヒットラーを題材とした数々の映画のように、もうすこしわかりやすいといいと思ったのだが、日本視点の第二次世界大戦というものがあまりにも複雑すぎるのではないだろうか?と気にかかり、ちょっと勉強するか…という気持ちになっている。
『平の音にでこぼこ』

この時はまさに、1つの時代が終わったのである。
それを認めないもの。認めるもの。
認めないものは、脱諦めの精神である。
それはまさに美徳とされていたではないかと。
敗北は目の前である。
道がくずれるのである。
自分のいる場所が消えるのである。

しかし、歯がゆい思いで退かず、生き残るものはなにんとして。
はせ

はせの感想・評価

2.2
登場人物が多すぎて理解出来ない。観る側の理解力が低いのも問題なのかもしれないが、これは作る側にもかなり問題があると思う。
midoota

midootaの感想・評価

3.3
キャストが良かった。玉音放送までの色んな人の色んな想いがぐっとくるなー。
歴史には全然知らない背景とか物語が常にあるのだなと再認識。
岡本喜八版が良かったので、スルーしていた作品。

岡本版が玉音放送までの24時間に焦点を当てていたのに比べ、原田版は、鈴木寛太郎内閣が発足するところから時系列で描かれる。

役者の豪華さもタッチも、好きなのはやはり岡本版の方ですが、終戦に向かう頃の日本の政府の状況はこちらの方が分かりやすいかもしれない。

後、昭和天皇を岡本版の頃はまだご存命中だったこともあり、直接的には描けていなかったのに対し、こちらは本木雅弘がしっかり演じているので、そこも明確になってる。

別物として見応えありました。

それにしても、一度始めてしまった戦争を終わらせるのは至難の技だと思わせる。特に負け側がどこでそれを判断するのか、、判断が遅れた間に、大空襲が何度もあり、二個の原爆が落とされ、ソ連まで侵攻してきて犠牲者が一気に膨れ上がったことは本当に辛い事実。

それでも、あそこでポツダム宣言を受け入れたことで、何とか日本の形が残ったと思うと、何とも複雑な心境に追い込まれる。

やはり、戦争は始めてしまったら最後だと肝に命じなくてはならないと思いました。
終戦のギリギリまでこういうことがあったのかなぁと考えるだけでも、近代史が楽しくなる。
macha

machaの感想・評価

3.5
日本史に疎い私にはとても難しかった。言葉も難しいし聞き取りにくい。登場人物も多く、誰が誰やら…それでも何とか最後まで観て思ったのは、理解できない自分は恥ずかしいのだなという事。自国の事なのに無知すぎる…。これはもう少し勉強してからまた復習しようと思う。ただ、分からないながらも役所広司は素敵でした!!そして本木雅弘は本当に天皇陛下そのものでした。
重たい作品の中心にどっしり構える役所広司、本木雅弘の"昭和天皇っぽさ"、松坂桃李の狂気すら感じる信念を体現した演技と、物語の軸になる人たちはものすごく安定感があった。
こういう作品はどうしても古くなるけど、リメイクすることでまたその時代に生きている人たちに昔のことを伝えられるのは良いことだと思う。
1967年公開の岡本喜八監督の同作リメイク。
日本人にとっては祭日であり「アンタッチャブル」な日でもある終戦の日の日本を、終戦時の内閣である鈴木貫太郎内閣の組閣直前である1945年4月から終戦までの間を鈴木首相、陸軍大臣阿南惟幾大将、昭和天皇の三人を軸に進行していく。

長期化し、疲弊していく日本。東京大空襲、二度に渡る新型爆弾の投下、ソ連の参戦と追い詰められ、一刻も早く終戦への講和を進めたい内閣。

ただ、飽くまでも「本土決戦」を主張する陸軍を抑えるべく、表向きは継戦を主張するも「御聖断」を尊重する阿南。

天皇陛下の御聖断の下、終戦の詔書を作成・起草する中、尚も「降伏」を反対する陸軍の若手将校は暴走し、内部クーデター「宮城事件」を引き起こす。。

アベンジャーズ公開日迫る中、過去作を「復習」する中、この時代を学んでいる中で、ふと見たくなり、こうして筆を動かしている。

一刻も早く、この鞘の納めどころを見失ったこの戦を終わらせようと奔走する男達の終始淡々とした映像ながらも熱い様。

山崎努さん演じる鈴木貫太郎もこの頃80近い老齢ながら、流石日露戦争で東郷平八郎旗下の連合艦隊で敵旗艦スワロフ撃沈に貢献した猛将の威厳はそのまま、堂々とした背筋で終戦へリードしていった。

役所さん演じる阿南さんも史実では、彼本人も本土決戦の考えを持っていた説もあるようだが、かつて昭和帝の侍従武官であった経緯もあり、「帝の臣」という部分は最期までブレなかった。

あと、この映画で素晴らしい配役だったのが昭和帝役のモックン(本木さん)と反乱青年将校の首謀者、畑中少佐役である松坂桃李さん。

本木さんは「先帝」を演じるプレッシャーの中、玉音放送を毎日聴き、発声のタイミング、アクセント等を覚え、見事再現されていた。

松坂さんは自分達の思想を実現すべく暴走していく「狂気」が表現されていて、これが「若気の至り」と取るべきか、はたまた歪んだ正義なのか、考えさせられた。

この作品は終始淡々としていて、派手さはないが、フィクションはあれど、この国であった出来事として、記録として薦めたい。