日本のいちばん長い日の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

日本のいちばん長い日2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:136分

3.5

あらすじ

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役…

戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

ななみ

ななみの感想・評価

3.5
ポツダム宣言を出すまでにこんなことがあったんだと、細かい部分まで知れて、戦争に対してまた新しい見方が出来るようになった。
Mac

Macの感想・評価

3.3
教科書には出てこない「宮城事件」を描いた作品。

"戦争を終わらせる"ということが一筋縄ではいかないことは想像に難くないが、その詳細を知ることが出来た。

また、時代考証が徹底されているように感じられたのも良かった。
2015年12月30日
新文芸座にて鑑賞。
太平洋戦争末期の1945年の日本。
早期終戦を願う昭和天皇、鈴木貫太郎首相と本土決戦を主張する軍部、無条件降伏に反対し、反乱を企てる青年将校の視点で描いた作品。
俳優達の演技力、展開の良さで上映時間の長さを感じることが無かったです。
関が原を見て、原田監督の作品を見ようと思い立って見た作品。

関が原と同じく、理解しようとしたが言葉や誰か何役なのかどんな立ち位置なのか知識がないとわからない。
関が原の方が知識があった為なんとかわかったが、戦争時の人物は弱かった為携帯で調べながら見た。笑


DVDで家で見てよかった。笑

日本の映画界を引っ張る役者達が集結しているだけあり、重みがあった。
山崎努、本木雅弘、そきて役所広司。

松坂桃李の自分の正義を信じるがあまり、間違った方向に壊れた時の目がよかった。
前後の差がはっきりわかった。

ポツダム宣言のあたりの勉強は学校でしたはずだが、年号だけしか覚えてなかったように思う。
その裏側に、昭和天皇や総理の気持ち、また陸軍の気持ち、それぞれの立場でいろんな思いがぶつかっていた事を初めて知ったような気がする。

日本を語る上での記録のような作品だ。
daikid

daikidの感想・評価

3.0
戦争を終わらせるため、終わらせないためみんなやることの動機は愛国心。
たえこ

たえこの感想・評価

3.0
素晴らしい作品なのわかるけど、私には難解だった。
もっくんの天皇役はすごいと感じました。
マアヤ

マアヤの感想・評価

3.7
玉音放送の裏にこんな話があったとは。
松坂桃李がいっちゃってる
昭和天皇実録 っていう本もう一回読みたい
1945年夏。太平洋戦争の降伏を決めてから玉音放送までのクーデター,ドッタンバッタンおおさわぎを描いている。ノンフィクション。
序盤「海軍は手足どころか金玉もとられている!」「金玉とは何だ!(怒)」というやり取りがあって少し笑ってしまった。
 
役所広司,本木雅弘,堤真一,山崎努と名優揃い。
本木雅弘演じる昭和天皇はかなり上品で雰囲気がよく出ている。山崎努演じる鈴木貫太郎首相も好演。
 
そのとき,天皇は何を思っていたのか?首相は何を思っていたのか。陸軍大臣は。陸軍士官たちは。それぞれの思いや言動を丁寧に描いていた政治ドラマ。
いろいろと考えさせられる内容であった。
オリジナルより長いスパンでの話。長くした分、見せるべきは阿南の戦略的な心理の駆け引きの筈なんだけど、そこにハラハラが無い。オマケに焦らしまくった玉音放送は最期まで流さない。何がしたいのか。
終戦の裏にあったドラマ。
知っているつもりでも知らない事実が多くて勉強になった。