日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

上映日:2015年08月08日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:136分
    監督
    原田眞人
    脚本
    原田眞人
    キャスト
    役所広司
    本木雅弘
    松坂桃李
    堤真一
    山崎努
    神野三鈴
    蓮佛美沙子
    小松和重
    中村育二
    山路和弘
    金内喜久夫
    奥田達士
    嵐芳三郎
    井之上隆志
    木場勝己
    麿赤兒
    戸塚祥太
    田中美央
    茂山茂
    宮本裕子
    戸田恵梨香
    キムラ緑子
    野間口徹
    松山ケンイチ
    あらすじ
    戦後70年を迎える今、伝えたい。日本の未来を信じた人々、その知られざる運命の8月15日―。太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみこれちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山崎努)、ただ閣議を見守るしかない迫水久常書記官(堤真一)。一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画する。日本が破滅へと向かう中、平和への礎を築くために苦悩し、身を挺した人々の壮絶なドラマ。

    「日本のいちばん長い日」に投稿された感想・評価

    ゆっくりとしたモッくんの語り、この当時の人々のくにを思うアツすぎる気持ちがヒシヒシと伝わった。淡々としているが逆に真実ではないかと。史実モノってジワジワくるね
    M
    専門的用語などで理解が難しい。

    放送局での状況はなんだったったのか。リアリティが欠ける。
    役者さんはみんな良かった。
    歴史物は好き。各出演者の演技力に圧倒されたし、割と史実を大切にした意図は伝わった。

    このレビューはネタバレを含みます

    この作品のMVPはあなたは誰を選ぶ?
    私はぶっちぎりでラジオ局でブレーカーを落として紐でグルグル巻きにした女の人やッ!
    早口で、専門用語が沢山出てくるため、よくわからないというレビューを事前に見ていたのですが、冒頭から同感。

    なので、邪道ですが、日本語字幕を付けて鑑賞しました。すると、話の筋を理解することができ、良かったです!

    阿南陸相の戦争を終わらせたいという本音と、陸相という軍人のトップとしての建前の駆け引きが興味深かったです。
    素晴らしい作品です。
    一度見て、すぐもう一度見たくなり、また劇場へ足を運びました。
    岡元監督の作品は未見です。

    終戦に至るまでの色んな人間の葛藤、苦悩をとても上手に描いていると思いました。
    台詞だけでなく、役者の表情で表現されていて、さすがは名優たちだと見ていて鳥肌がたったほどです。

    全てを理解することは出来ませんが、
    あの時代、それぞれの立場で、皆どういう気持ちでいたんだろうと想像すると、
    とても苦しくて切なくてやり切れない気持ちに溢れ、涙が止まりませんでした。
    俳優陣が豪華で、映画としてもものすごくきちんとした感じだった

    でも、難しすぎた……
    誰がどういう立場の人間なのか、どういうことをしているのか、終始よくわからなかった……

    言葉が早いし、専門的な言葉も多くて、概略は分かっても細かい内容はほとんど頭に入ってこなかった……

    もっと歴史勉強してからリベンジしたい!
    阿南さんのおかげで無事?なんとか戦争は終わったんだな
    戦争終わらす事が、あんなに大変だったとは、、これまた別の視点の戦争映画なので、知っとくべきだと思います