シチズンフォー スノーデンの暴露の作品情報・感想・評価

シチズンフォー スノーデンの暴露2014年製作の映画)

CITIZENFOUR

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:114分

3.6

あらすじ

ドキュメンタリー映画作家ローラ・ポイトラスの元に重大な機密情報を持っているとコンタクトしてきた者がいた。コードネームは、CITIZENFOUR。2013年6月、香港でのインタビューに現れたのは当時29歳のNSA職員エドワード・スノーデン。彼の告発とは、米国政府によって一般国民全ての通信は監視されているという衝撃の事実だった。世界を駆け巡った暴露“スノーデン事件”の始まりと真相、スノーデンの亡命ま…

ドキュメンタリー映画作家ローラ・ポイトラスの元に重大な機密情報を持っているとコンタクトしてきた者がいた。コードネームは、CITIZENFOUR。2013年6月、香港でのインタビューに現れたのは当時29歳のNSA職員エドワード・スノーデン。彼の告発とは、米国政府によって一般国民全ての通信は監視されているという衝撃の事実だった。世界を駆け巡った暴露“スノーデン事件”の始まりと真相、スノーデンの亡命までを克明に記録する。

「シチズンフォー スノーデンの暴露」に投稿された感想・評価

ys

ysの感想・評価

4.0
おすすめいただいてDVDで鑑賞。
ドキュメンタリーなので、オリバーストーンの映画より、緊迫感がある。
実際のTVニュースも挿入されている。
全国民がPC、電話、ドローンで盗撮、盗聴、監視されていることを暴いた。
国民のプライバシーを守るために。
難しいのは、次のテロを防ぐには、怪しい人の監視が必要で、
怪しい人を確実に見つけるには全国民の監視が必要。
どこまで犠牲にして、自分や家族を守るのか?
命懸け。

凄いリアリティーと説得力。
面白かった。

スノーデン
と言う作品の方が人気があるようだけれど
私には、この作品の方が断然良い。
個人的にはネットのプライバシーについては、ちまた騒がれるほどのことかね?と思ってしまう。FBやTwitterで、騒いでる左系の人とか、「じゃあ、なんでSNS使ってんだよ?w」でしょ。
オレのPCやスマホ覗いてもたいしておもしろくないだろうし、公安に追われるようなこともないしね。

スノーデンの暴露は、そーゆー次元の話じゃないことは、ちゃんと理解しときましょう。その辺の国家陰謀的なリスクについては、多少デフォルメされてる分、オリヴァーストーンの「スノーデン」のほうがわかりやすいかな。
大手コンサル、ベインアンドハミルトンのデータアナリストとしてNSAに当時在籍していた29歳のエドワードスノーデンが香港から世界を揺るがす告発をする一部始終を描いたドキュメンタリー。国家による管理と国民の自由を両軸に、議論の細部には踏み込まず、ジャーナリストへの接触から香港から国連への亡命申請までを描く。

劇中でスノーデンは、議論を個人の自由を巡るものから反らしてしまわないように、自らのストーリーに焦点が当たることを避けて欲しいと何度もジャーナリストに説明する。若干29歳の告発者からのそのメッセージは明快で、一人一人の人間に真剣に、話題の中心にいる人物ではなく、話題そのものを見て欲しいというもの。強い正義と使命感に突き動かされていることを感じさせる。この部分を見る限り、ジャーナリストとスノーデンの間でわずかな目に見えない断絶を感じた。

『ある時から、我々は「自由が侵害される」という言葉の代わりに、「プライバシー」という言葉を使うようになった。自由という言葉を使わなくなったんだ。』という劇中に登場する言葉も印象に残った。確かに、どちらも個人の私的空間を表す言葉なのに、なぜ自由という言葉を使わなくなったのだろう。
Busceo

Busceoの感想・評価

3.8
内容とその緊迫感がすごいのはもちろんなんだけど、それとは解離したアホっぽい感想で恥ずかしいなと思いつつ書きますと、こうやってワークライフバランスとか労働者の権利とかそういうことを意識してではなくあくまで自分の使命に突き動かされて仕事をしている人たちがいて、自分には想像もつかない高度なシステムの中で自分とはかけ離れた頭の良さの人たちがとても自分には持てない倫理観と行動力で日夜戦っているってなんかこうホントすごいなあと素直に思ってしまいました。恥ずかしい!
たてま

たてまの感想・評価

4.0
この映画がドキュメンタリーで、まさにカメラの前で起こっていることだからこそ、これまでにないほどハラハラドキドキがすごい。
社会的な役割はもちろんだけど(不謹慎ながら)映画としてのエンタメ要素もしっかりあるので、観てて全く退屈しないし、とにかく面白かった。
かさ

かさの感想・評価

4.2
暴露されてから約5年経ち初めてみたが衝撃だった。国民自身が是非を判断することを求めたスノーデンが1番恐れていたことは何も変化なく時が進む事だったと思う。しかし自身がそうであったように5年経っても殆ど友人たちの口からスノーデンの話など聞く事もない。人権保護政策を推し進めてたオバマ前大統領からトランプ大統領に変わった中、スノーデンに対しどんな対応を取って行くのか楽しみ。
29歳のデキる男によって、アメリカ政府の国民監視システムの存在が世に知らしめられる話。
これだけの事件のことをこの映画を観るまで知らなかったのはちょっと恥ずかしい。
映画のような本当の話を映画にしちゃってて楽しい。スノーデンかっこいい。
uc

ucの感想・評価

-
国民の自由を守るために!というよりは、アメリカ政府よ、国民を馬鹿にするな!っていう温度感な告発だった気がする。

情報管理されてることが、そんなにやばいことなのか?管理するなら、国の一番お堅いトップの機関しかできないことなんじゃないか?とも思ったりした。前科ある人や犯罪の疑いのある人間のみ監視されてるわけじゃなく、全国民がその対象って言ってたけど、誰が明日犯罪を起こすかなんてわからなくて、それなら情報管理されて事件が起こった際の解決口になるならいいのでは?私のプライベートがお国に見られて何か直接的な被害があるのかな?”悪いこと”して自分が注目浴びなければ、そのデータはあってないようなものなのでは?と思ったあたしは、やっぱり危機感なさすぎるのか?

でもよくよく考えると、その”悪いこと”って言わば政府にとって都合が”悪いこと”で、仮に国家が悪巧みをしていることに対して国民が異議を唱えることも、この監視の極化が原因で、できなくなるのか。映画の中でもあったけど、自由に発言することができなくなるわけで。

この国家による情報監視って問題なの?と最初に思ってしまった私は、行政にとって都合の悪いことは言うまいと暗黙のうちに意識していて、疑問を抱くことすら本能的にやめてしまっているからなのかもと。言論の自由を制限したい政府の思うツボ。
>|