シチズンフォー スノーデンの暴露の作品情報・感想・評価

シチズンフォー スノーデンの暴露2014年製作の映画)

CITIZENFOUR

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:114分

3.6

あらすじ

ドキュメンタリー映画作家ローラ・ポイトラスの元に重大な機密情報を持っているとコンタクトしてきた者がいた。コードネームは、CITIZENFOUR。2013年6月、香港でのインタビューに現れたのは当時29歳のNSA職員エドワード・スノーデン。彼の告発とは、米国政府によって一般国民全ての通信は監視されているという衝撃の事実だった。世界を駆け巡った暴露“スノーデン事件”の始まりと真相、スノーデンの亡命ま…

ドキュメンタリー映画作家ローラ・ポイトラスの元に重大な機密情報を持っているとコンタクトしてきた者がいた。コードネームは、CITIZENFOUR。2013年6月、香港でのインタビューに現れたのは当時29歳のNSA職員エドワード・スノーデン。彼の告発とは、米国政府によって一般国民全ての通信は監視されているという衝撃の事実だった。世界を駆け巡った暴露“スノーデン事件”の始まりと真相、スノーデンの亡命までを克明に記録する。

「シチズンフォー スノーデンの暴露」に投稿された感想・評価

さん

さんの感想・評価

3.4

質の高いスパイ映画🕵️‍♂️‍♀️

そこらのスパイ映画とは比べ物にならないほどの本物の「スパイ」を体感できる上質の一本です。民主主義を脅かすほどのアメリカ政府の傍若無人な行為と、それを阻止しようとするスノーデンやジャーナリストたちのバトルが見物で、なぜスノーデンが命の危険を犯してまで、内部情報を暴露したのかがよく分かる記録映画🎬

映像も、構成も、ドキュメンタリーの粋をはるかに超えていて、まるでフィクションのスパイ映画を見ているようでした。

クレジットカード、地下鉄のカード、デビットカードなどから別々の情報をつなぎあわせるだけで、あなたの行動パターンも分かるし、別の人の情報と照らし合わせれば、あなたがどこで誰と会って、なにをしていたかも分かる、、怖い世の中ですね😱

この映画と合わせて、オリバー・ストーン監督の「スノーデン」を観るのもオススメです✨
Takumi

Takumiの感想・評価

3.5
スノーデンを見て興味を持った人向け

スノーデン本人を捉えたドキュメンタリー。2013年当時全然こんなこと知らなかったな…こうやってfillmarksに書いてるのも実はデータ収集されてたり…?
Ikki82

Ikki82の感想・評価

4.0
エドワード・スノーデンという人が政治的な何かを暴露したのは知っていましたが、詳しい内容は本作を観て初めて知りました。
もう4年も前の映画ですが、情報化社会を脅かす衝撃的な内容です。
夢にまで出た…
追われてる夢。今どうなってるかどうしてるか気になるけど、取り敢えずLINEの情報は見れないようにした。
情報世界の世の中怖い!
chamur

chamurの感想・評価

3.5
映画のスノーデンは観ていたし、事件の概要も知っているけど、ドキュメンタリーだから実際の緊張感がめちゃ伝わってくる。

数年経ってもこの暴露は凄いと感じる。
doi

doiの感想・評価

3.6
知っていることは優位で危険だけど、知らなければ無力。隔てる壁が無くなることは難しい。
これは価値ある。
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.9
そういえばまだ見てなかったなこれ第71弾。スノーデン事件に関してはちらほらあちこちで聞いていたのだけど、聞いていた以上の新しい発見は特にこの映画からは僕は見つけられなかったです。ただ、スノーデン。思っていた以上にわ、若い。自分とそんなに年齢が変わらない。こんな若いのに国家の最大秘密を握る立場にあり国家の敵になったいうそこに一番驚いた。まぁ年齢とか全然関係ないんですけどね人間の生き方に。
この映画を見て「怖いな」と思うことが二つある。

一つは「インターネット上の自分にまつわるデータ」について。
いまの技術をもってすれば、個人の特定や現在位置はおろか、その人の交友関係や誰にも明かしていない秘密など、ほとんどバレてしまう、ということだ。そして、その情報をいつでも取得できる機関が実在するということが恐ろしい。

もう一つは「常識が適用されない世界」について。
今作は、アメリカ政府が「国家の安全」のために、許可なく全世界のメール、SNS、通話を監視していた、という事件がテーマなのだけど、「国家の機密事項」を理由に、通常の法律やら倫理が一切適用されない仕組みも恐ろしい。
今作には派手な銃撃戦はない。だが、政府が行ってきた事実を暴露したスノーデン氏を拘束しようと、あらゆる手段を講じる政府の手には寒気を覚える。

誰でも平等にオープンに情報のやり取りができるインターネットが、逆に自分たちの自由を奪うツールになってしまうとは、皮肉な話だ。
だからといって、いま利用しているインターネット関連のサービスを手放すことはできない。ジレンマである。

※実話をベースにエンターテイメントに昇華させた『スノーデン』を観てから、実際の事件の一部始終を記録した今作を観る順番がオススメ。
>|