シチズンフォー スノーデンの暴露の作品情報・感想・評価

シチズンフォー スノーデンの暴露2014年製作の映画)

CITIZENFOUR

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:114分

3.7

あらすじ

ドキュメンタリー映画作家ローラ・ポイトラスの元に重大な機密情報を持っているとコンタクトしてきた者がいた。コードネームは、CITIZENFOUR。2013年6月、香港でのインタビューに現れたのは当時29歳のNSA職員エドワード・スノーデン。彼の告発とは、米国政府によって一般国民全ての通信は監視されているという衝撃の事実だった。世界を駆け巡った暴露“スノーデン事件”の始まりと真相、スノーデンの亡命ま…

ドキュメンタリー映画作家ローラ・ポイトラスの元に重大な機密情報を持っているとコンタクトしてきた者がいた。コードネームは、CITIZENFOUR。2013年6月、香港でのインタビューに現れたのは当時29歳のNSA職員エドワード・スノーデン。彼の告発とは、米国政府によって一般国民全ての通信は監視されているという衝撃の事実だった。世界を駆け巡った暴露“スノーデン事件”の始まりと真相、スノーデンの亡命までを克明に記録する。

「シチズンフォー スノーデンの暴露」に投稿された感想・評価

リアルCIA機密情報の暴露ドキュメンタリー。
スノーデンは若いが知的で、優秀さは開始数分で誰でも感じられる。現実世界ではジェイソンボーンのような格闘はなく、このように淡々と進むんだろうなぁと思う。
スノーデンが1日ごとに機密情報を暴露し、刻々と世界メディアが報道し、注目のされ方が、機密情報の内容→開示者は誰だ?→開示者登場と各国のその後の動き、と変化してゆくのが生々しい。スノーデンがヘアセットしている間のCNN放映がパラレルに進むところなど面白い。
家族や恋人が危険に晒される可能性があることをどういう気持ちで暴露しようと決心したのか。
リアリティあり映像の撮り方もイケてるドキュメンタリーだった
Rume

Rumeの感想・評価

3.0
自由の国アメリカがちっぽけに見える映画。
淡々としてる映画だけれども、
権力に対してのかなりの憤りと、
一般市民としての屈辱感を感じさせられる。

権力からすると一市民はなんてことないんだなぁと感じさせてくれる。
おもしれ
あぶを

あぶをの感想・評価

4.2
だから国家権力は嫌いなんだって。
SHO

SHOの感想・評価

3.4
オモロイ
mukoryo

mukoryoの感想・評価

3.7
映画『スノーデン』で概要を理解してから観たせいか、こちらのほうが回想シーンがなく観やすかった。天才的スキルがあっても20代の若者にそんな大きな権限が与えられることは日本ではあり得ないので、日本人にとっては実感しにくい事件。
監視社会の現実を内部告発によって世に示したスノーデンを追ったドキュメンタリー。

一見SFかのように思われる監視社会の現実。その極秘情報を自身の危険を顧みずに告発したスノーデンの信念に心打たれました。
ただ、諦め、無関心のままでいれば自分の持つ自由は知らぬまま奪われてしまうという危険性を改めて実感した作品。
今の時代を生きているからこそ、教訓として見るべき一本だと思います。

「これはSFではない、現実に起こっていることだ。」
この言葉を心に刻まなければ。
だぶ

だぶの感想・評価

3.3
Youの全て、アメリカに見られてますよー!まじで!映画

ベッドでバスローブ姿のセクシースノーデンも見られます。

「今日の夕飯どうする?」「美味しいものー!」とかLINEでアホみたいなスタンプ連打とかも見られてるかと思うと胸熱。
いろいろな考えがあるし、真逆な考え評価が出て然るべき。見れて私は良かった。
>|