ひそひそ星の作品情報・感想・評価

ひそひそ星2015年製作の映画)

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:100分

3.2

あらすじ

ロボットが8割、人類が2割になった未来の宇宙を舞台に、様々な星を巡って人間たちに荷物を届ける宇宙宅配便の配達アンドロイド、鈴木洋子を主人公にした物語。壮大な宇宙を旅しながら、3・11の傷跡残る福島を舞台とする、ユニークでリリカルなSF映画の傑作。

「ひそひそ星」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

1.0
「何年もかけて何かを届ける」という物語内のメッセージは当然、園監督にとっての「映画を作ること」と等価であり、郵便的な願いというか、「未来のどこかの誰かに届けばいい」という決意は確かに伝わってくるのだけど、いかんせん予算が足りてない。
この作品以上にフクシマという地が繊細であるということは間違いない 架空だったかのように感じてしまう土地 ずっとポカンとした空間を漂っている気がする、それは宇宙船が?フクシマが?それとも人間の住むこの星が?
麻里恵

麻里恵の感想・評価

2.5
好きな人は好きそう
marie

marieの感想・評価

-
想い 時間 繋がり 
死ぬこと 生きること
そんなことを観ながら連想した
人はみんな孤独だけど、ひとりじゃないね
今日みたいな夜にぴったりな映画だった
ぼやーっと見て、ちょうどよかったかも。なんとも言えない世界観で、入り込むというか、はたから見てるくらいでちょうどよかった。ひそひそひそひそ…

福島で撮影したっていう事前知識だけはあってよかった。
川

川の感想・評価

2.5
ごちゃごちゃ考えず雰囲気を楽しむのにちょうど良い感じの映画。届け先の人々もちょっと不思議で良い。ヒソヒソ声での会話、個人的にはすき。はっきりとしたストーリーとかないので、考察目的でもなければぼんやり見れる。
木葉

木葉の感想・評価

-
何を表し、何を伝えたかったのか解釈しても意味ないんだろな、となり。
考えるのではなく、そのままをその形のままに観ていようとただ享受した。

届け先の人間役は福島の方なのかな、だとすれば皆演技が世界観と合っている。
声がひそひそだから?それとも彼らの自然体を作品に合わせたのか?
監督園子温だったのか、、本作が初めてだから、余計に分からなかった。
ユ

ユの感想・評価

-
夜眠れなくて、観てみたら
眠れました、、、、、。

起きてちゃんともう一度観ました。
難しかったナァ、、

映画の中で長い時間をかけて荒廃したであろうあの土地は、実際には一瞬で壊されてしまった景色なわけで。

距離と時間
あえてその空間を経て、時間をかけて届けたいものがあって。

んん、、
退屈だったけど、つまらなくなかった!
Abu

Abuの感想・評価

2.0
私には難しいわっ!
>|