ひそひそ星の作品情報・感想・評価

ひそひそ星2015年製作の映画)

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:100分

3.2

あらすじ

ロボットが8割、人類が2割になった未来の宇宙を舞台に、様々な星を巡って人間たちに荷物を届ける宇宙宅配便の配達アンドロイド、鈴木洋子を主人公にした物語。壮大な宇宙を旅しながら、3・11の傷跡残る福島を舞台とする、ユニークでリリカルなSF映画の傑作。

「ひそひそ星」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

1.0
「何年もかけて何かを届ける」という物語内のメッセージは当然、園監督にとっての「映画を作ること」と等価であり、郵便的な願いというか、「未来のどこかの誰かに届けばいい」という決意は確かに伝わってくるのだけど、いかんせん予算が足りてない。
紺碧

紺碧の感想・評価

3.5
夜中にこっそり病室でiPadで。みた。
病室の刹那さとあいまって、ひそひそしたくなっちゃいました。
こまつ

こまつの感想・評価

3.9
映画館でみたかった!
けど見てたら確実に寝たであろう映画
終始続く終末感が被災地と何となく重なるというか,,,
わかんねーってのが正直な感想。
映像内の情報量が少ないといろいろこれがやりたいのか?って想像が膨らむから悪くないんだけどさ。
こーゆーレビューサイトでいろいろ書きようがあるというかね。

機械の中にめっちゃコンセントが入ってるのがなんか好きな映像でした。
あと自分の電池入れ替えるシーン。
なんか未来SFな設定なのにレトロな感じよいね。主人公の趣味なのかな。
SF映画だけどSFじゃない。白黒だからちょっとそれっぽく見えるけど、人の日常的なものが詰まっているね。作中の音や行動に。

アンドロイド。
長時間の輸送。
レトロ趣味。
ここになんかヒントがありそうだなって思ったよ。

最後の走馬灯みたいなシーン良かったなぁ。撮影場所になってる被災地の福島となんか関係あるのかな。失われた人間の日常的な意味で。
ひそひそしてた。
とても眠くなる。
でも何回も見たら何か分かるかもしれない。
でもひそひそしてた。
世界観がめちゃくちゃ好き。ひそひそしてた。機械の子どもの声が可愛いけど、なんとなく悲しい気持ちになった。
ま

まの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー性よりかは景色が綺麗で楽しめた。ただ眠くなる。
ymgtakr

ymgtakrの感想・評価

-
得るものどころかなにか感じるところもあんまりなかった
>|