ひそひそ星の作品情報・感想・評価

ひそひそ星2015年製作の映画)

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:100分

3.2

あらすじ

ロボットが8割、人類が2割になった未来の宇宙を舞台に、様々な星を巡って人間たちに荷物を届ける宇宙宅配便の配達アンドロイド、鈴木洋子を主人公にした物語。壮大な宇宙を旅しながら、3・11の傷跡残る福島を舞台とする、ユニークでリリカルなSF映画の傑作。

「ひそひそ星」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

1.0
「何年もかけて何かを届ける」という物語内のメッセージは当然、園監督にとっての「映画を作ること」と等価であり、郵便的な願いというか、「未来のどこかの誰かに届けばいい」という決意は確かに伝わってくるのだけど、いかんせん予算が足りてない。
kotoe

kotoeの感想・評価

4.1
映画「ひそひそ星」
好きだなー素朴なんだけど、ゆっくりじっくり伝えたいことが伝わってくる感覚。日本映画界に負けず、こういう作品たくさん作ってください!(笑)
さ

さの感想・評価

1.0
何を言いたいのか全くわからん
最初の雰囲気だけ良かった
koya

koyaの感想・評価

4.5
さすが東京フィルメックスの映画は違いますねぇ。
商業主義から遠く離れた映画中心主義。映画は1シーンをのぞいてモノクロです。

 未来を描いていますが、ロケをしたのは福島であって震災後変わりゆく福島の姿をとらえています。
人間が滅亡しつつあり、人間は2割で、ロボットが8割という世界で、一人の女性アンドロイドが宇宙船で宅配便をしています。
映画は淡々と荷物を配るアンドロイドを描き、言葉を発するのは宇宙船のロボットだけです。

 荷物といっても簡単な箱に様々なものが入っていて、それは残された人間たちの思い出でしょう。
しかし、それが配達されるのは10年も20年も後の事となります。
もし、もう、とっくに死んでしまった人から10年後に荷物が届いたら?そんな事を考えてしまう。
そして、無表情なアンドロイドがじわりと流す涙。涙が出るはずがないのに、涙ぐむアンドロイドが美しく哀しい。
美しく、哀しく、はかなげで、静かな映画でした。
mick

mickの感想・評価

3.4
SFファンタジー映画だと謳われていたけど、私はノスタルジーで繊細な映画だと感じた。

配達員の鈴木洋子が降り立った星は30dB以上の声を出したら死んでしまう星だった。
荒廃した風景の中で何かを隠すようにひっそりと暮らす人々の姿は、テクノロジーが発達した先にある人間の未来を観ているようで寂しくなった。
この星が荒廃するまでに一体どんな出来事があったのだろう…。
鈴木洋子が運ぶ配達物はその思い出の断片なのだろうか。

私はこの作品の全てを理解する事はできなかったが、観る人によって感じ方が違う作品だと思う。

福島の一般の方々が出演されて、どの方も味があって良かった。
特にタバコ屋のおばあちゃん、素敵だった。
SHiNOBU

SHiNOBUの感想・評価

2.8
詩的
だが一つの星の話
ぴー

ぴーの感想・評価

3.5
神楽坂恵の演技が異様で面白いし、せっまいぼろアパートみたいな宇宙船もすごく新鮮。ひとつひとつの動作が丁寧でゆっくり気持ちいいから眠いときに見たら撃沈しそう。
zzzz

zzzzの感想・評価

4.0
ちょっと見直した
わからん。
セリフがヒソヒソなんやったら、字幕が欲しい。
>|