ひそひそ星の作品情報・感想・評価

ひそひそ星2015年製作の映画)

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:100分

3.2

あらすじ

ロボットが8割、人類が2割になった未来の宇宙を舞台に、様々な星を巡って人間たちに荷物を届ける宇宙宅配便の配達アンドロイド、鈴木洋子を主人公にした物語。壮大な宇宙を旅しながら、3・11の傷跡残る福島を舞台とする、ユニークでリリカルなSF映画の傑作。

「ひそひそ星」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

1.0
「何年もかけて何かを届ける」という物語内のメッセージは当然、園監督にとっての「映画を作ること」と等価であり、郵便的な願いというか、「未来のどこかの誰かに届けばいい」という決意は確かに伝わってくるのだけど、いかんせん予算が足りてない。
これは・・・?と思いながらずっと観てたけど、自分の中にある孤独や絶望が具現化されたかのような世界観で、観ている内に映像と一体となる心地良さを感じた。制作の意図とは全然違うのかもしれないけど。
エンケンさんが出てきて驚いた。
rii

riiの感想・評価

5.0
音の一つ一つに触れるような映画。鑑賞していくうちに世界観に引き込まれ、自分の感覚が研ぎ澄まされていく。
うーーーん つまらない。

久々にこんなに押し黙ってみてた映画は無いんじゃないかなって思うぐらい、映画は、あぁどうでもいい、、の連続だった。

見世物としてがっつり遊んでるようにも見えないし。行間を読んでいく事が正直だるくなってくる。そんな映画でした。

以上!
食塩

食塩の感想・評価

3.5
神楽さかえ!!ふり幅
福島の景色に、届けられる荷物。紙コップ、タバコ、ネガ、帽子、そして空き缶。
「思い出」「過去」「遺物」を彷彿とさせる。
襖の向こうで幸せに暮らす人間たち、そしてひそひそ声で探す「SORI」。
暗示に満ち溢れてむしろ心地よい。
なかなかシュールだ。
宇宙船もコンピュータもおもしろい。
いいセンスだと思う。
ma

maの感想・評価

3.0
すごい静かな分船の声と缶の音が響く
箱の中身で送り主を想像するのおもしろい
ほしの

ほしのの感想・評価

3.8
めちゃくちゃ好きな感じで良かった!
田中たばこ店のおばあちゃん好きだったな〜
映画館で観てみたかった!
JTK

JTKの感想・評価

1.5
著名な映画監督が趣味性の強いアマチュア映画めいた作品を作るのは取り敢えず良しとしてせめて入場料は半額にして欲しいものだ。というか簡単に言うとつまらん。「リアル鬼ごっこ」を遥かに超える駄作。時間と金の無駄。これから園子温の作品を観るときは予め予告編くらい観とこ。反省。
>|