KOKO

あんのKOKOのレビュー・感想・評価

あん(2015年製作の映画)
4.5
見た人はみんな高評価。
冒頭のシーンを見ていたら、春の暖かさが急にフラッシュバックして、それだけで映画の凄さが分かった。

包む皮が不恰好でも、
中身がよければ、それで良い。
人間も、どら焼きも。


樹木希林先生の、
「なおかつ」笑わせてくれる所
がさすが。

あと市川悦子さんが登場した時、妙な説得力があって笑っちゃった。



高校生の時、ハンセン病の資料館みたいな所に行ったけど、猛暑日で辛かったばかりで、どんな所だったかほとんど覚えていない自分が情けない。