Rinko

あんのRinkoのレビュー・感想・評価

あん(2015年製作の映画)
4.0
ー やり残りたことは ありませんかー


日本映画らしい丁寧できめ細やかな作品

登場人物たちの事を多く語らない
樹木希林さん、永瀬正敏さん、市原悦子さん…

直接的な言葉は使わず
会話の端々でポツリポツリと分かってきて
観る側にイメージさせる

台詞も多くなくて
一言一言がじわぁーっと染み込んでくる

樹木希林さんと市原悦子さんの会話シーン
初共演とは思えないほど自然体で
スクリーンの中でお茶目な二人の掛け合いを観ると胸が熱くなってしまった…

後半はただただ涙がでて
悲しいというより、浄化に近い感覚で…

DVD鑑賞でこの状態💦
劇場で観てたらと思うと
顔面を隠さないと帰れないだろうなぁ

『私達はこの世を見るために聞くために生まれてきた。…だとすれば、何かになれなくても、私達には生きる意味があるのよ』

この言葉、ホンマに素敵