あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

「あん」に投稿された感想・評価

いつみ

いつみの感想・評価

5.0
平均評価4.2と高評価だったのでだいぶ期待しての鑑賞。

期待を裏切らない素晴らしい作品でめちゃくちゃ感動しました!

本当に観れて良かった、出会えて良かったって心から思える作品。

この作品の持ってる空気感、好き嫌いは分かれるかもしれないけど私は大好きです。

日本アカデミー賞の最優秀作品賞は海街〜より断然こっちでしょ!!って思いました。

樹木希林の演技、やっぱりすごい。すごすぎる。

作品を通してのメッセージもずっしりと心に残ります。
ユカ

ユカの感想・評価

4.5
「私たちはこの世を見るために、聞くために生まれてきた。この世はただそれだけを望んでいた。だとすれば、何かになれなくても私たちには生きる意味があるのよ。」

徳江さんの言葉全てが美しかった。
餡子や差別、それらのテーマを全てを超えて徳江さんが眩しかった
haru

haruの感想・評価

5.0
上映当初に映画館とBS録画で2度の鑑賞。回数を重ねる毎に、心に沁み入ってくるような映画。また観たいと思える映画。どの役者さんも自然体で良かったけど、樹木希林さんの演技は格別で特別。

早朝の眩しい光が降り注ぐ中、木立ちに寄り添いながらの徳江さんの重い語りが、切なすぎた。「ねぇ 店長さん 私達は、この世を見る為に 聞く為に生まれてきた。だとすれば、何かになれなくても、私達は 私達には、生きる 意味が あるのよ」

最後の永瀬さんの明るい表情も良かったなあ〜
こにし

こにしの感想・評価

3.8
じんわりきた。
美味しいあんこのように、強くもなく、弱くもなく、じんわり優しさが分かる。
ふ

ふの感想・評価

3.9
泣きながら観た。

色や言葉が綺麗で、心の中にほわっとあったかいものが生まれてくる感じの映画。

内田伽羅ちゃんの雰囲気と話し方と声、すごくよかった。

観てると、苦しくなったり希望に満ちたりする。
HAYfilm

HAYfilmの感想・評価

3.4
餡と どら焼きの生地と 揺れる草木の香りが漂う
yoshi

yoshiの感想・評価

4.0
延命措置だったり安楽死であったり、完治出来ない抗癌剤であったり、何でもかんでも医学の発達を賛美する必要はない。
と考えているが、医学の発達でこの映画のような差別がなくなって欲しいと心から思う。
hanicoo

hanicooの感想・評価

3.5
切なくて、映像が美しい映画でした。
役者さんたちが、その役そのものの雰囲気を出していました。

悲しい描写が多い中、
徳江さんが楽しそうに どら焼きを売るシーンが印象深いです。

内田伽羅さんは、演技が上手いかどうか分かりませんでしたが
空気感がよかったです。どんな女優になるのか、今後が楽しみ。

小豆がとにかく美味しそうで、どら焼き買ってきました。
みみみ

みみみの感想・評価

4.2
この映画の音が好き。
生活である色々な音を改めて聴き返すとすごくキラキラしてるな。
たまにはイヤホン外して生活しよって思えた。
樹木希林さんは何者だったんだろうと思わされる、演技なのかリアルなのか、なんなのか、こちらにこんなにも伝えてくれる女優さんはいないな。
>|