あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

いつみ

いつみの感想・評価

5.0
平均評価4.2と高評価だったのでだいぶ期待しての鑑賞。

期待を裏切らない素晴らしい作品でめちゃくちゃ感動しました!

本当に観れて良かった、出会えて良かったって心から思える作品。

この作品の持ってる空気感、好き嫌いは分かれるかもしれないけど私は大好きです。

日本アカデミー賞の最優秀作品賞は海街〜より断然こっちでしょ!!って思いました。

樹木希林の演技、やっぱりすごい。すごすぎる。

作品を通してのメッセージもずっしりと心に残ります。
"Vision"鑑賞後堪らず再度鑑賞
樹木希林の演技や重く大きいテーマは語るまでもなく心にグサグサくる。前半と後半で絶望的なほど気持ちの落差があるがそれもまたしてやられたり。ラストは希望に満ち溢れる。嘘みたいな家系をもつワカナ役内田伽羅さんの抜群のオーラも注目
sae

saeの感想・評価

4.0
淡い色彩の中で描かれる老若男女の人間模様が美しい。
今までの自分の言動をいつのまにか顧みてしまうような言葉の温度のリアルさに少し畏怖した。
他人の心の痛みに敏感になれない人は、思ったよりも世界に溢れている。
Mai

Maiの感想・評価

4.5
やっぱり、樹木希林は宝です。
ドキュメンタリーを見ているようでした。

何かと何かを無理矢理繋げることもなく、
多くを語るのでもなく
ゆったり流れる中に物語があって、
だから余計にリアルでした。

徳江さんが可愛い。普通に働くのも、若い子と話すのも徳江さんにとっては
とても嬉しいこと。
はじめ、変な人と見てしまった自分が
恥ずかしい。
人の痛みや、生きてきたことに目を向けられるようになりたい。

そして、

何かにならなくても、生きる意味がある。

普通に生きたいと思って生きてきた
徳江さんの言葉。
もっと、日常の音や景色に意識を向けようと思います。そうしたら、安心して生きていけそう。
劇中の咲き誇る桜や自由に飛び回る鳥たちのようにどこにどのように生まれようと一人の人間として人生を全うすること。不合理な差別を受けながらも自分らしく生きる。樹木希林の演技が美しく素晴らしく、まるでドキュメンタリーを見ているかのような映画でした。
mari

mariの感想・評価

3.6
映像と音が綺麗。あとエンドロールの始まり方が良い
nonoui

nonouiの感想・評価

4.5

「桜の花びら入ってるよ」の言葉ではじまって、桜の木の下で終わる、言葉と伝わる映像のあったかさたまらない
樹木希林の演技というか存在感が凄いです!演技については詳しくはわかりませんが、樹木希林はやはり他の役者と何かが違う気がします!
差別についての認知も与えられました。
いい作品です。
yuka

yukaの感想・評価

4.6
徳江さんとひとつひとつの言葉が
かわいくて、やさしくて、
ころころと空気の上を転がる
心臓がぎゅっと握られる

ぶっきらぼうな店長さん
ソメイヨシノ、満月、どら焼き
樹木希林の演技は日本の宝
>|