あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

いつみ

いつみの感想・評価

5.0
平均評価4.2と高評価だったのでだいぶ期待しての鑑賞。

期待を裏切らない素晴らしい作品でめちゃくちゃ感動しました!

本当に観れて良かった、出会えて良かったって心から思える作品。

この作品の持ってる空気感、好き嫌いは分かれるかもしれないけど私は大好きです。

日本アカデミー賞の最優秀作品賞は海街〜より断然こっちでしょ!!って思いました。

樹木希林の演技、やっぱりすごい。すごすぎる。

作品を通してのメッセージもずっしりと心に残ります。
ぽん

ぽんの感想・評価

4.5
一つ一つが繊細な映画だった。強く生きるって大変だ。
まい

まいの感想・評価

4.0
樹木希林の素晴らしさに気づくのが遅すぎて泣いた
観るの躊躇してた自分なにやってんだ
スクリーンで観たかったな

おばあが恋しくて切ない

あん 作りって大変だけど、小豆を煮てる時の匂いとか、グツグツ言ってる音とか楽しくてワクワクして好きだ。
砂糖意外と入ってるんけど、少量の塩との引き算とか、隠し味とか、焦げないようにしなくちゃいけないけど、それが全部楽しいんだ。
よく一緒に作ったなぁ
こしあんだったけど、つぶあんも大変だ

「 私たちも陽のあたる社会で生きたい。」

この言葉が苦しいです

温かみを感じて、学びが多い映画

タイムリーすぎるいろいろと
aya8

aya8の感想・評価

-
内田加羅さんの素のような演技が素敵でした^ ^
ハンセン病の悲しい歴史をこの映画を通じて、ほんの少しですが知ることができました。
rina6

rina6の感想・評価

3.7
樹木希林は天才だと思う。
どら焼き食べたい
は

はの感想・評価

3.8
じんわりと言葉が心に
染み渡っていく。

特に徳江の手記やボイスレコーダー
に収められた言葉、
これらを読む樹木希林の声と
ときおりキラキラと差し込む
光との交差はこの映画を形づくる
暖かさを際立たせている。

心ない言葉や非難に
さらされることもある世の中だが、
それでも自然や人に心を寄せ
凛と生きている徳江を見ると
何かホッとして安らぎを感じる。
>|