あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

樹木希林を人間国宝に
Midori

Midoriの感想・評価

3.8
あんこがたべたくなる。
eriko

erikoの感想・評価

4.0
映画館で観たかったな
希林さんの存在感が偉大で、とても美しい
daiki091

daiki091の感想・評価

3.7
あんこ職人の方々、脱帽です
na

naの感想・評価

3.8
樹木希林演じる徳江さんの優しい眼差しが好き。特にあん作りのシーンがいい。
美味しくなるように と声を掛け、たっぷり時間をかけて作り上げる。我が子のように優しく丁寧に扱う。生き生きと働く徳江さんの姿をしっかりと目に焼き付けた。

生きていく自由はなかったとしても、この世に生まれたからには、きれいな景色を見て、美味しいものを食べて、精一杯生きていく。
何かになれなかったとしても、意味のない人生なんてないのです。
樹木さんは本当に日本の宝物。
atsushi

atsushiの感想・評価

4.0
心無い噂に全くぶれない千太郎の
徳江に対する真摯な態度に感動する。映し出される風、花、みどりは季節感を感じさせる。
非常に面白かった。
前半は永瀬正敏と樹木希林のアンバランスな感じが面白い。でも、ハンセン病の噂が広まると、緊迫していく。社会の無理解に振り回される2人に襲いかかる葛藤に引き込まれる。
「全然悪いことをしているつもりはないのに嫌われる」という現実と評価されるべき人が評価されない状況が非常に切ない!
ハンセン病患者を隔離する施設はまだ根強く残っているのが現状で、フィクションだと割り切ることが難しい。そこが変なリアリティを感じさせます。
希望を持てるような話ではないけど、日々の時間を大切にしようと思える映画かなと思います。
ただ、叙情詩的な表現が多い作品なので、それが嫌な人には向きません。
Qwcyc131

Qwcyc131の感想・評価

4.2
樹木希林は好きな女優だ。
彼女のほのぼのとした雰囲気を期待して見たが、重い役どころ。
昼間の満月、桜の木、かごの鳥、隔離病棟、生きる意味。
ハンセン病患者の隔離施設を訪ねた際の
「お世話になりました。楽しかったです。私は大丈夫」で涙ぐむ永瀬正敏。泣いた。

亡くなった後のテープレコーダーはずるい。

市原悦子もずるい。

花見シーズン、桜の木下で、「どら焼きいかがですか〜」と叫ぶ永瀬、やっと自分自身で隔離していた世間に向き合えたのか。

・ハンセン病。差別された時代。世間から隔離された時代があったことを知らなかった。反省。
大人になってからの邦画ベスト。この映画を観る前と観た後で、色んなものの見え方が変わりました。徳江さんが愛した世界ならわたしも出来るだけ大事にしたい。ちゃんと見たい。迷いや不安は少しだけマシになった。まだまだ怖いけど、自由なんだからね。
>|