あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.1

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

樹木希林を人間国宝に
YUKI

YUKIの感想・評価

3.5
樹木希林が大好きになりました。
とりあえずどら焼き買って来る。
mk

mkの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

とにかくあんこが美味しそうだった。あんなにも手間をかけて作るあんは格別に美味しいんだろうなぁ。あんこ好きには観ていてたまらなかった。

河瀬監督の作品は今作が始めてで、好きな監督さんになった。小豆の音や、風の音、とにかく音が印象的で綺麗だった。

千太郎の冒頭の表情とラストの表情がこんなにもかっていうくらい違くとても輝いてた。徳江さんが好きだった桜をバックに、「どら焼き、いかがですか?」と人々に声をかける。
ふと何処かで徳江さんに声をかけているようなそんな気もした。
QHEY

QHEYの感想・評価

3.8
身の回りのこと一つひとつに丁寧に向き合い、「聴いて」きた樹木希林だからこそできる圧巻のパフォーマンスにただ涙するしかない。
あき

あきの感想・評価

4.6
登場人物の心に優しく寄り添うような静けさに、どんどん世界に入り込んでしまう

このお婆さんは何だろうという、不審をも、あんの美味しさが溶かしてしまうようなシーン
きっとあんが単純に美味しかっただけではなくて、その美味しさの為にどれだけ真摯に向き合わなくてはならないか、それだけで信頼に足ると分かってしまう程だったのだろうと

ハンセン病については恥ずかしながら知識もなく、この映画を観て、どんな生涯を送らなくてはならなかった人達がいたかを知りました
しかし、つらい境遇でも下を向いて生きる事が全てではない
生きる意味を見出す事、悲しい表情をしている人に気付いて助けになりたいと思う事

人として、とても尊いと思いました

〝丸いお月様は、あなたに見られる為に光り輝いているのよ〟

どんな時も下を向かないで生きていきたいと思わせてくれる優しさに、胸が痛くなりました
sae

saeの感想・評価

-
記録

NC()③
てと

てとの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

樹木希林に感動と脱帽です。
あんこを作る工程の所作や、「声を聞く」という言葉の重さにじんじんしました。
あんこを炊くのって凄く大変だけど、静かで、愛のある作業だなあと、思いました。

永瀬さんも影のある役似合ってました。
昔はただただお洒落な俳優さんというイメージでした。かっこよかったし。今もですが。

近年は、物静かで多くを語らない、渋い男性を演じられる方だなあと思います。無言の時間が心地よい、というか。
ぶっきらぼうだけど、情は深くて不器用な、この役はとてもぴったりでした。

樹木希林と市原悦子のやり取りが、乙女のようで可愛かったです。
そしてすごくどら焼きが食べたくなりました。

「ハンセン病患者さん」を扱うお話でしたが、それありきの映画ではなく、単純なことをきちんとすることの尊さが描かれていたように思います。

樹木希林すごいなー!
代わりはいないので、本当にまだまだ現役で感動させて欲しいです。
徳江さんの最後の言葉があぁ、ってなった。
カシコ

カシコの感想・評価

4.5
店長さん
美味しい時は笑うのよ…

切なくて泣いた

樹木希林も永瀬正敏も女の子も
良かった
浅田美代子のクソっぷりも
風の音も
>|