あんの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

樹木希林の訥々とした演技、永瀬正敏の哀しみに耐えるシーンは感動的。
99chida

99chidaの感想・評価

4.2
女優、樹木希林の、圧巻の演技。
職人芸というより、まさに生き様。
樹木希林さんに哀悼の意を捧げます。

あんこをつくるシーンがすごく良くて静かなんだけど素敵な映画だったなあ…。
ハンセン病に関してあまり詳しくなくてこんなことがあったのかと勉強になった。
この作品内でも樹木希林さんは亡くなっているんだけどなんだか自然の中そばにいてくれるような温かい気持ちになる映画だった。
とてもどら焼きが食べたくなった。
まめ

まめの感想・評価

3.0
あんを作るときの樹木希林さんの生き生きした演技が印象的でした。
azffy

azffyの感想・評価

4.3
ずーっと観たかった作品なのに、
なかなか気持ちがぴたっとはまるときが
なくて、
やっと観ようと思えたときには樹木希林さんが亡くなられたあとでした。

内容はすごくすごく重たい。
桜の綺麗な景色や和らい空気感とセリフでうまく包まれているけど、すごく重たい。
こんなことが今もどこかで起こっているのかな。
そんなことを考えると切なくて堪らなくなりました。

希林さんの実のお孫さんの伽羅ちゃんとのシーンは本当に普段の会話のような雰囲気で。

本当凄い方がこの世からいなくなってしまったな。
この作品はこれからも何度も観ていきたいと思います。
ゆ

ゆの感想・評価

3.5
桜、枯れ葉のこすれる音、木漏れ日、木々のざわめき
カナリアの声、あんを炊いているときのふつふつとした音

とても美しく物悲しく穏やかで
生きる意味が見いだせない人に見てもらいたいような作品

R.I.P. 樹木希林さん
HiromiIse

HiromiIseの感想・評価

5.0
樹木希林の素晴らしい演技。
切ないようですごい暖かい
changye

changyeの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

観よう観ようと思っていたときに、
樹木希林さんの訃報を聞いた。

徳江さんからの手紙と、
カセットテープのメッセージ。
「てんちょうさん」と呼ぶ徳江さんの声に、もう涙腺崩壊です。
涙が止まらず息苦しい。

「好きなことやればいいのよ。だって、もう、自由なんだから‼」女子高生に話しかけた徳江さんの何気ない一言だったけど、全部見終わったあとこの一言の重みを知る。
病気、過去、人間関係、差別、家族…。
みんな何かに縛られて、檻の中で生きている。鳥かごの中の鳥のように。
「私たちはこの世を見るために聴くために生まれてきた。だとしたら何かになれなくても、私たちは、私たちには生きる意味があるのよ。」
生きづらい世の中に、この映画に出会って、この言葉に救われた人ってどれだけいるんだろうと思う。

最後にーーー
「樹木が集まり希なる林になる」。
樹木希林さんがご自身で付けられた名前らしい。波瀾万丈な人生の中、最後まで自分らしさを強くもたれた希林さんの生き方、演技、名言のすべてが心を打つ。
数々の 素敵な作品をありがとうございました。
A

Aの感想・評価

4.0
樹木希林と永瀬正敏があんこを作るシーン、一生観ていられるな