あんの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

「何かになれなくても、生きる意味がある」

綺麗な映画でした。
この監督の作品は観念的なものが多いけど、この作品は正統派で判り易く、真正面から登場人物を観客の前に曝け出し余計な事を一切していない最高傑作だと思う。樹木希林の自然体で全く力んでなく悲しみを漂わせた彼女の人生そのものの演技に打ちのめされる。永瀬正敏もそこら辺のおっさんみたいな自然体。内田伽羅も普通の女子中学生らしいリアルさ。パッとしない店が一人の天才婆さんの出現で売れる店になっていく話と思ったら途中から差別と偏見のテーマが浮かび上がってくる脚本の見事さ!何故永瀬が暗い表情してるのかも明らかになる。
色々な意味で人生の辛さと素晴らしさが描かれる。それも表情ひとつのさりげない描写で。
そしてこの映画の真の主役はあんこ。ここのどら焼きうまそうでマジで食べたくなる。桜や林や小豆の自然のゆったりとした撮影も美しい。市原悦子と樹木希林の並んだシーンには圧倒された。
河瀬直美監督、初鑑賞。

満開の桜や草木のざわめき、川のせせらぎ、木漏れ日、眩しい朝日、鳥のさえずり、小豆、立ち上る湯気、あんの香り…。

この世の全てに耳を傾け全身で感じること、其処に生きる意味を見出した徳江さんの人生は、辛い思いをしたぶん包み込むような優しさに溢れ自分も赦された様な気持ちになる。

病気や偏見といった社会的テーマではなく、人間の生き方や生きる意味に焦点をあてることで重苦しく感じる事もなくとても美しい映画でした。
ずん

ずんの感想・評価

3.7
「つまらなければ、つまるようにすればいいじゃない」
このセリフの破壊力は凄まじい!!
それを言える樹木希林の人間力!!
人生ってそーゆうこと!!
モカ

モカの感想・評価

4.2
生きることとは。
迷ったら何度でも観ようと思う。
DaiOsaki

DaiOsakiの感想・評価

4.3
ハンセン病を扱ってるということで
構えて観てしまったが、とても心に残るいい映画でした。

隔離されて生きてきたつらい過去を表に出さず、
淡淡と生きるとくえさんを演じる樹木希林さんが素晴らしい。

彼女の言葉にはすごく重みがあり響きました。
大切なことは難しい言葉などいらないんだなと。。。

過去に過ちを犯した男が
そんなとくえさんから言葉で、態度で、吸収し
感動し、成長し、生きる意味を見出していく。

生きる意味。本当はすごくシンプルなものなはず。
な

なの感想・評価

3.7
作品ってかんじ
映像も凝ってるのが素人目にもわかる
そしてなりより
樹木希林の演技がほんとに素晴らしい
万人が納得する主演女優賞なはず
ayapork

ayaporkの感想・評価

4.2
河瀬直美作品初鑑賞。
JOE

JOEの感想・評価

4.0
樹木希林、永瀬正敏の演技に感動。