あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.1

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

永瀬正敏は意外とどら焼きが似合う
05

05の感想・評価

4.0
食べ物を美味しく映す映画が好きなので観てみました。
なんの前知識もなかったので、意外に社会派な作品で驚いた(いい意味)。
無理解による差別がなくなる世の中になりますように。

それはそうと、冒頭の設定、バイトの求人には無理があるのでは。あの店の規模で二人雇ったら赤字では…??
あまの

あまのの感想・評価

4.0
樹木希林、どら焼き、あん(タイトルかわいい〜!)ほぼこの3つの情報のみで鑑賞したため、最初っから“おや?!”と食いつけたのは良かった。

ほのぼのした話かと思いきや、次第に明らかになる重いテーマ。でも映像がとてもきれいで、多くを語らないのも超よい。久しぶりに映画で涙が流れた。本当に久しぶりに!

少し前に、身体障がい者の劇団・劇団態変のショーをみたけど、小さい子が“ほぉ〜”と障がい者の踊りを見る姿を思い出した。大人ですら物珍しそうに。周りに障がい者がいなければ触れ合う機会なんて、ほとんどない。今でこそテレビでみたりするけどね!もっとみたり触れ合ったり、嫌な言い方をすると、見慣れることが必要では、と映画をみながら考えた。知ることって大事だな〜〜と!

樹木希林の魅力はすさまじいね!
『今は自由でしょ、自由!』
あのシーンが強烈だった。自由だ!

わたしも大賀と図書館行きたい!
華

華の感想・評価

4.0
陳腐な言葉だが、久しぶりに心が洗われる作品と出会えた。

樹木さんの演技をしっかり見たのは初めてだったけど、上手いなあ。
癖のあるお年寄りの感じがよく出ていた。

それと比べてどら春のオーナーがもう嫌で嫌で。
こちらは嫌なおばさんの感じが滲み出てます。

元ハンセン病患者というだけで、社会から隔離され、遮断される人。
無理解が招く人の冷たさは、そこらじゅうに転がっている。

このレビューはネタバレを含みます

観て良かった。
音も映像も素晴らしいかった。

作中で樹木希林さんが「こちらに非が無いつもりでも世間の無理解に押し潰されてしまう事があります。」とゆう悲しい台詞に胸が締め付けられました。

これからはもっとハンセン病や理解がなく誤解や偏見に晒されてしまう病気等に理解を深めて行きたいと思います。
うちだ

うちだの感想・評価

4.0
河瀬監督&ドリアンという苦手な二人の組み合わせで、途中脱落する気満々だったのに、最後までダレずに見れたのは樹木さんの力か。
ただ、オーナーの甥はちょっとキャラが類型的すぎて残念だった。あそこだけマンガみたい。
映画を観に行けなかったのでDVDで鑑賞。生きる意味、ちゃんとこの映画の伝えたいことがわかりました。終わりが好きだし、盤面にまたグッときました。観てよかった。
しゅん

しゅんの感想・評価

4.5
ふんわりしたルックが作風にマッチ
邦画にありがちな、やたら主役をクローズアップで撮るなんてことはしないで、あんをクローズアップで撮る(それはそれは美味しそう)

観たら誰もが思うけど樹木希林の演技力は意味が分からない
撮影含めて自然すぎてドキュメンタリー映画かと思うよね(冒頭のあん作り好き)

世間から見たらものすごく小さい範囲でストーリーが展開されてるんだけどこんなにもドラマがある
生きるって息をすることじゃないんだよってそんな映画
aki

akiの感想・評価

3.6
どら焼きの魅力〜あんこの魅力〜 樹木希林の魅力〜!! ; ; どら焼きを携えて鑑賞したかったですね。食べたくなるなる。

公開時、樹木希林か〜観たいかもな〜と思っていたのですが結局観ず。。最近映画サークルの人が話してるのを聞いて、そういえばあったなと思ったらプレミアムシネマでやってくれるグッドタイミングでした。

スールキートスみたいな映画かと思ってました^^;かもめ食堂的なほのぼのかなと。違いましたね^^;この題材だったとは・・・!?

自分自身、全然理解していないことが分かり恥ずかしい限りで…樹木希林が出てきたときに手が変でも全然なんのことか分かってなかったです、、もう昔の病気で今は無いものかと思ってました。。白黒写真で終わってるような。そうじゃないんですね。しかも周りの反応も、未だに、触ったら感染るのでは?という偏見もあるんですね、、

変にドラマチックに、「解決してやる!」とならないのが良かった。この病気に限らず偏見はなかなか解決出来るもんじゃないですしね…他人の意識を変えるのは難しい。やっぱり自分が変わるしかないのか〜っと、そういうテーマなのかな??なんだか最後はテーマがよくわからなくなったのですが^^;ぼんやりしてたからかな… 樹木希林の引力でジーンとしました ; ;

そしてあんこの美しいこと!!あんこってああやって作るのか〜。あんこ作りの美しさが個人的にこの映画の一番の魅力でした笑 あと桜と雨の感じとかも良かった。体がその空気を思い出すようなカットでした。久しぶりに現代設定の作品を見たので、自分も知ってるような風景が映画になるのって不思議だなと変に新鮮に思えました。

主人公の人が誰だかよくわからず、浅野忠信かな〜とか思ってました^^;全然違った、、毎日かあさんの旦那さんで納得。
市原悦子は市原悦子すぎて笑ってしまう笑
こうき

こうきの感想・評価

4.1
誰にも理解されない時があるかもしれない。
自分には強く生きる自信がない。

河瀬さんの作品、今のとこ逆にメンタルやられてる😂
>|