あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.1

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

永瀬正敏は意外とどら焼きが似合う
nori417

nori417の感想・評価

3.0
東村山が舞台の映画。
社会問題を、どら焼きを通して見ている映画でいろんなことを考えさせられる映画だだった
Sayaka

Sayakaの感想・評価

-
とても良い
きききりんさん
かなこ

かなこの感想・評価

4.0
旅行先でおばあちゃんの膝小僧が割れました。
KaNa

KaNaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

何となく手に取った作品でしたが、観ているうちにどんどん話に入っていきました。

隔離されてるからそうなんだろうけど、まだソレがどういうのかも周りが認知出来てない状態でこれは凄く傷つく…分からんでもないけど伝染ったら怖いと思うし

店長も聞きたいのに聞けない…

人に広がったとかいう話が出てきてないのに…お店への客足が遠のくのはなぁ…

徳江さんに学生の子3人組も楽しく話してたのに
あんこ美味しいって言ってたのに…

徳江さん辛かっただろうな…想像するよりももっと



さすがだな、名演です!
さき

さきの感想・評価

3.8
静かな感じだけどめちゃくちゃ泣けた。
樹木希林の演技がとても自然。
まほ

まほの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

映像が美しい
全体を覆う桜のうす紅色のトーンが
やわらかくてはかない
ひとのいのちに重なる
人の美しさにかさなる

美しい けど はかない

ハンセン病の差別を描いてはいますが
それよりも、生き方を問われるようでした

好きなのは
あん を炊くシーン

ただただ あんを炊くだけなのに
心をこめて、慈しみ作る
あんのおいしさが伝わる

その温かい気持ちが
心ない人々に傷つけられる
やるせなさ

登場人物はとても少なくて
ひそやかな日常を描いているのに
奥行きを感じます

樹木希林さんの演技が
こころをふるわせます
最後、千太郎のどら焼きを
食べたくなりました

そして、こんなふうに
想いをこめて、
自分のありったけで
ていねいに、料理を作りたくなる
そんな映画でした
海

海の感想・評価

-
うつくしかった。
桜が雨に散って、ひとは ひとをいつのまにか傷つける。
悲しいことのようで、ほんとうはとても ただうつくしいこと。

わたしたちの、生きる意味
傷つけるより、いつくしむように 生きていくことで、あたりまえに手に入れていくもののすべて

うつくしさは、ひとの内側を いつだってこんなにいろどっている。桜色や秋の色へ にじんで 染まっていく。たえまなく想いは生まれ、ふりそそぐように 言葉も生まれゆく。そしてこぼれる。ひかりのように、あざやかで おだやかな 四季の色のように、だれかのもとに、こぼれていく。
まわりつづける、メリーゴーランドだ。きらきら ほかの誰かさえてらしてしまうような そのせいで自らが影になっても きっといとわない、
うつくしさが欠けることはない。月がいつもそこにあるように。

命は 夜をそっとあたためる、炎にも似てる。

ゆびさきや手のひらも、ひとの想いも、景色も 繊細で うつくしくて、雨に洗われたあとの町や、冬の早朝の 澄みきった空気を想う。

すきなひとと観たいなってきもちが、もっとたしかに映画を、こころにぎゅうっとおしつけていてくれる

2017/11/22
樹木希林の名演、否、怪演
>|