あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

永瀬正敏は意外とどら焼きが似合う
juneatkins

juneatkinsの感想・評価

4.2
不思議な徳さんの登場から一気に吸い込まれるストーリー。河瀬監督の作品は日常の風景に季節感が美しく盛り込まれていて好き。内田伽羅ちゃんの初々しさと樹木希林さんの絶妙な台詞回しが心に沁みました。
寸pyong

寸pyongの感想・評価

4.4
どの作品でもザ樹木希林の演技なのに、やっぱり感動してしまった。

このレビューはネタバレを含みます

うーん、公開当時話題にもされていた光の使い方とか
映像としてまず美しい撮影をしてるシーンが多くあるし
それだけでなく役者の方々の演技もいい

中学生を演じてる女優の方の素人っぽさな演技も味がある

さらにどら焼きがとても美味しそう。
そして作品のメッセージも、好みの部類にはある


ただ違和感あるのは…こっからネタバレわずかにありですが
どら焼き屋を樹木希林さん演じる徳さんが去る理由について

この病気について、現代でここまで偏見な物言いをされるということが
自分の世代にはここまでの忌避感がないということと、作中の図書館で中学生や高校生の登場人物が調べてる通り
少し調べてみれば、やたらめったら感染るような病気でないことくらいわかるだろうにと

とは言え、どら焼きのような食べ物屋さんで働いていると思うと少しイヤな気持ちも理解できなくはないが、見た目的に

だとしても、好意的に受け止め受け入れる主人公たちがおし黙って仕方なしと飲み込むような病気でもないだろうと思うんだが


まぁ、よくよく考えたら今まさに現代という言及もなく
世代と地域によってはリアルな差別が息づいてるところもあって、自分が知らないだけなんだろう。とも思うけど


やはり違和感はある。
病気はあくまで徳さんの過去の事情にして
店を去る理由は体調の変化なりなんとかなったと思うんだけどな
「人生いろいろねぇ。」の重みがありすぎる。
Reina

Reinaの感想・評価

3.5

樹木希林さん
のような女優さん耐えないでほしいな。
不条理なことも多い世の中だけど、目を凝らして、耳を澄ませて、肌で感じれば、今まで知らなかった世界と出会えるかもしれないと思いました。
千太郎さんはきっといいどら焼き屋さんになるんだろうなあ。

樹木さんも永瀬さんも素晴らしかったです。
どら焼きが食べたくなります。
>|