あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

「あん」に投稿された感想・評価

樹木希林さんの演技力が凄い。
何が凄いって、「凄い演技力」って感じないんですよね。
ドキュメンタリーを見ているよう。

満島ひかりさんや滝藤賢一さんは私の大好きな役者さんで、何かが憑依したような凄みのある演技に「これぞプロ!」とド素人が偉そうに感動したりもしますが、樹木希林さんは、その役が最初からこの世にいたかのように自然。

悩み抜いた先に釈迦が悟りを開いたように、演技を極めた結果演じない境地にたどり着いたような凄み。
いや、勝手に「極めた」とか「演じてない」なんて言ったら色んな人に怒られそうですが、私はそのくらい衝撃でした。

ストーリーも素敵です。
テーマは非常に重いですが、映画の雰囲気自体は温かで、希望に満ちている。
「差別と食べ物」…、あ、チョコレートドーナツ。
あの映画も大好きなんですよね(脱線)。

先程の演技の話ではありませんが、役者でなくても人はいつも何かを演じています。
「男女」「父子」「師弟」「上司部下」「恋人」「社会人」「人種」…。
その中で、自分を縛る枠としての役割が存在する。
また、どんなに憧れたってなれない役もある。
望んだ役もあれば、押し付けられた役もある。

あんで言えば病気、借金、前科、差別。
チョコレートドーナツならば障碍と同性愛でしょうか。

そうした役に押し潰されて、妬み嫉み憎み怨み、自己嫌悪に苦しんだり「本当の自分」なんて探しだしたり。

何者かを演じる事も、何者も演じない事も、命を無意味にはしないのでしょう。

無口に見える月も桜も小豆も、歴史があり、見れば見えるし聞けば聞こえる。
自然を見ながら、聞きながら生きれば、立派な何者かになる必要なんてない。

静かで優しいですが力強い、素敵なメッセージでした。
ぽん

ぽんの感想・評価

4.5
一つ一つが繊細な映画だった。強く生きるって大変だ。
まい

まいの感想・評価

4.0
樹木希林の素晴らしさに気づくのが遅すぎて泣いた
観るの躊躇してた自分なにやってんだ
スクリーンで観たかったな

おばあが恋しくて切ない

あん 作りって大変だけど、小豆を煮てる時の匂いとか、グツグツ言ってる音とか楽しくてワクワクして好きだ。
砂糖意外と入ってるんけど、少量の塩との引き算とか、隠し味とか、焦げないようにしなくちゃいけないけど、それが全部楽しいんだ。
よく一緒に作ったなぁ
こしあんだったけど、つぶあんも大変だ

「 私たちも陽のあたる社会で生きたい。」

この言葉が苦しいです

温かみを感じて、学びが多い映画

タイムリーすぎるいろいろと
aya8

aya8の感想・評価

-
内田加羅さんの素のような演技が素敵でした^ ^
ハンセン病の悲しい歴史をこの映画を通じて、ほんの少しですが知ることができました。
rina6

rina6の感想・評価

3.7
樹木希林は天才だと思う。
どら焼き食べたい
は

はの感想・評価

3.8
じんわりと言葉が心に
染み渡っていく。

特に徳江の手記やボイスレコーダー
に収められた言葉、
これらを読む樹木希林の声と
ときおりキラキラと差し込む
光との交差はこの映画を形づくる
暖かさを際立たせている。

心ない言葉や非難に
さらされることもある世の中だが、
それでも自然や人に心を寄せ
凛と生きている徳江を見ると
何かホッとして安らぎを感じる。
scope

scopeの感想・評価

5.0
『この世にあるものは全て言葉を持っていると思います。』

春になって、草木が芽吹く季節になって、今この映画に会えて良かった。
>|