あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

「あん」に投稿された感想・評価

樹木希林さんの演技力が凄い。
何が凄いって、「凄い演技力」って感じないんですよね。
ドキュメンタリーを見ているよう。

満島ひかりさんや滝藤賢一さんは私の大好きな役者さんで、何かが憑依したような凄みのある演技に「これぞプロ!」とド素人が偉そうに感動したりもしますが、樹木希林さんは、その役が最初からこの世にいたかのように自然。

悩み抜いた先に釈迦が悟りを開いたように、演技を極めた結果演じない境地にたどり着いたような凄み。
いや、勝手に「極めた」とか「演じてない」なんて言ったら色んな人に怒られそうですが、私はそのくらい衝撃でした。

ストーリーも素敵です。
テーマは非常に重いですが、映画の雰囲気自体は温かで、希望に満ちている。
「差別と食べ物」…、あ、チョコレートドーナツ。
あの映画も大好きなんですよね(脱線)。

先程の演技の話ではありませんが、役者でなくても人はいつも何かを演じています。
「男女」「父子」「師弟」「上司部下」「恋人」「社会人」「人種」…。
その中で、自分を縛る枠としての役割が存在する。
また、どんなに憧れたってなれない役もある。
望んだ役もあれば、押し付けられた役もある。

あんで言えば病気、借金、前科、差別。
チョコレートドーナツならば障碍と同性愛でしょうか。

そうした役に押し潰されて、妬み嫉み憎み怨み、自己嫌悪に苦しんだり「本当の自分」なんて探しだしたり。

何者かを演じる事も、何者も演じない事も、命を無意味にはしないのでしょう。

無口に見える月も桜も小豆も、歴史があり、見れば見えるし聞けば聞こえる。
自然を見ながら、聞きながら生きれば、立派な何者かになる必要なんてない。

静かで優しいですが力強い、素敵なメッセージでした。
か

かの感想・評価

4.0
リアル
ip

ipの感想・評価

5.0
日日是好日みたいに、希林さんの演技力で熟練の職人になりきった映画かと思って見たらいきなりの重さに驚き。
でも話に入りやすく、学ぶこともできた。
希林さんの芝居こそ俳優の中でも職人クラス。本当に50年あんを作り続けていたのかと思うぐらい。日日是好日のインタビューを見ていなければ経験者だと本気で信じたな。

恐怖は人を変えてしまうね。無知と思い込みで差別を生み出す。僕もこの映画をたまたま見なければ無知の一人だし病気について調べる機会もなかった。今だってネットでサッと調べた程度。理解しているとは言いがたい。
ハンセン病に限らず、隔離を必要としないあらゆる病気について先入観による偏見と差別が減りますように。
僕も差別の前に調べる人間でありたいと思う。デマを信じたり無知だったりで人を傷つけないように。

内田伽羅さんいい役者だった。顔がお父さんの遺伝が強いのが…整った顔ではあるのだけど。
U3

U3の感想・評価

3.7
生きる意味とは?

暖かい風に吹かれて揺れる
桜の花びらの中
ふと現れるおばあちゃん(*^^*)

樹木希林さんの暖かく包み込む雰囲気が
とても印象的な作品です

ハンセン病の患者さんと直接お話した事がありますが
今でもこうゆう差別ってあるのかな?

多分、これからはきっと
ハンセン病自体知らない世代も増えてくるかもしれませんね

この作品を通して
1人でも理解ある人達が増えるといいな

風にのって
焼いたどら焼きのいい香りが
直ぐそこまできてるような
日々の暮らしが
草木が
風が
陽の光が
全てが愛おしくなる作品ですね(*^^*)
ソラ

ソラの感想・評価

4.0
演技が自然すぎて見入ってしまう。
美味しいどら焼きを食べたくなった。
Yuken

Yukenの感想・評価

4.5
樹木希林の演技がもう演技の域を超えてしまってる。永瀬正敏の男泣きに泣かされる。何てことはない風景、日常生活の描写がいちいち胸に沁みる。人生に重荷を背負っていても、前向いて生きる意味はちゃんとある。温かく穏やかでありながらも力強いメッセージがたしかに伝わってくる。
また一つこれからも大事にしたい映画が増えました。
0

0の感想・評価

3.8
樹木希林さんの演技がリアルすぎる、、どら焼きが食べたくなりました
ドキュメンタリーかなってくらいリアル
たなお

たなおの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

音を敏感に感じる映画
風が靡く音その風に揺れる木の音カナリアの鳴き声サイレンそして、どら焼き(あん)を作る音…
全てが綺麗でおっとり
前半は単純などら焼きの話かと思ってたけど後半につれだんだん重くでもどこか暖かかった
“らい病”を自分自身知らなかったために
・らい病患者は隔離されていること
・子供を授かっても産ませてくれないこと
・お墓がないこと
衝撃でした。
もう1つ衝撃を受けたのが樹木希林さん
名演。
これが演技なのか自然体でしかなかった
1つひとつの言葉が重い
セリフが少ない中でこれだけ考えさせられるのはすごいなと思った
永瀬正敏さんも渋かった。
煙草吸いすぎやろと思ったけど笑
film2486

film2486の感想・評価

4.9
ドキュメンタリー調。フォトジェニックで落ち着いた画面。テーマの割に、重くならない見易い作りでよかった。樹木希林さんにしか出来なさそうな役で素晴らしかった。準主役の女の子の俳優さんも雰囲気があって好き。

あん作りの描写が丁寧な所がすっごくいいなぁと思った。空気感好き。

とっても良い映画だったけど、今時ハンセン病にそんなに偏見ある…??というのに違和感があったんだけど、どうなんだろう。大正生まれの祖母でさえ、もう偏見持ってなかったので…。地元だと違うのかな?それとも偏見があるって私が知らないだけなのかな。
>|