あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

「あん」に投稿された感想・評価

こんぶ

こんぶの感想・評価

4.3
樹木希林が醸し出してる演技が素晴らしい。もはや演技ではなくその人にしか見えない。
nao

naoの感想・評価

4.3
少ない登場人物の中で繰り広げられて行く

全体を通してとても静かで、
徳江さんの存在感が大きい

特に、手紙のシーンと
カセットテープのシーンは
徳江さんによる語りとなってとり
すごく好きだった。

どら焼きの皮がとても美味しそうだった

まだ消化しきれてないのでまた近いうちに見ようと思う
ふく

ふくの感想・評価

4.0
大切なひとを守れなかった。その後悔を抱えながら、徳江さんからもらった大切な言葉たちを抱えながら、彼はどら焼きを丹精込めて作り続けるのだろう。みずみずしい情景描写と永瀬さんの佇まい、可愛らしい徳江さんの姿がジンとくる映画。
「私たちは、この世を見るために、聞くために生まれてきた。だとすれば、何かになれなくても、私たちは、私たちには生きる意味があるのよ。」
無知で残酷な世間には対抗できない
怒りや悔しさはゆっくり飲み込んで、今できること、日々感じるものを全力で喜ぶ
豪太

豪太の感想・評価

3.8
辛いとき、何かに悩んでるときに見たい映画。

独りよがりにならず、色んなものを見て、聴いて、触れることがいい生き方に繋がるんじゃないかなと考えさせられた。
yuki

yukiの感想・評価

4.0
ほんわか映画と思いきや意外と重い。生きる意味とは。あんこ大好き、どら焼きたべたい。
sai

saiの感想・評価

3.9
どらやきってシンプルなのに優しい味で、季節関係なくふと食べたくなる。
季節の移り変わりや、千太郎、徳江さん達がそれぞれ抱える事も一緒にあんが包み込んでくれているような、そんなほんのり優しい甘さと香りを感じるかのような作品。うるっとします。

樹木希林さんは、本当に素のようにすっと徳江さんを演じていて、可愛らしいし時々さり気なく厳しいし、ふっと和ませる笑いを作れる方だなと思った。
きちんと樹木さんの出演されてる映画を観たことがなかったけど、この作品で初めて観れたのは良かった。

ハンセン病の事はこの映画を観るまで知らないことが多かった。隔離されていること、子供は産ませてもらえないこと、お墓も用意されないこと。世間の目は今だに厳しいこと。悲しい現実。
でも、季節や夜空の月、日々の流れを感じながら生きている姿はとても朗らかで、温かい気持ちにもなれた。
どらやき、というかあんこを食べたくなる。母に会いたくなる。
そんな作品でした。
Chiii

Chiiiの感想・評価

3.8
私たちはこの世を見るために、
聴くために生まれてきた
だとすれば、私たちは何かにならなくても
生きる意味がある

この世の全てに耳を傾ける
自然と一体化するあなたは美しかった
樹木希林、生きた芸術
ryo

ryoの感想・評価

3.0
原作をずいぶん前に読んでいて、映画化するんだなーと思いつつ何故か見る機会を逃していた作品。

何事も成さなくても気になさんな、という気持ちになれて桜の情景がずっと脳裏に残るお話だった。
sukiっぷ

sukiっぷの感想・評価

4.6
大切なことを教えてもらえた。
>|