あんの作品情報・感想・評価

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

「あん」に投稿された感想・評価

べりす

べりすの感想・評価

3.3
内容結構重かったかな…。
あんこ作るバイトに普通なら断るような年齢のおばあちゃんを雇ったら、そのあんがとても人気で並ぶようになるまでに!
けど、そのおばあちゃんが戦争の後隔離されたり差別されたりするような病気で、指が折れ曲がってたりするからそれに気付いた周りの人たちがね…
無理もないのか、隔離が廃止されたのは平成8年らしいですね。(らい病でggれます)
光を浴びて生きていきたい…!
なんかずっしりとした資料がたくさんあるんだね。
店長さんの過去もさらっとラストスパートかのように暴露してたけどw
なんやかんや、重い話でした。
ちなみに私の嫌いな食べ物はあんこです。でも見れましたw
izumi

izumiの感想・評価

4.2
なんて心温まる作品なんだろう。
樹木希林さんと永瀬正敏さんが、泣けるほど良い。
日本の四季の美しさ、言葉の美しさ、そして言葉のない美しさ。

--
私たちは
この世を見るために 聞くために
生まれてきた

だとすれば
何かになれなくても
私たちは 私たちには 生きる意味があるのよ
--
デデ

デデの感想・評価

4.0
店長さん、美味しい時は笑うのよ

おもてなしだからね
客をですか?
あん、をよ

希林さんあて書きの役なんだろうなぁ
セリフ一つ一つにうなるし、脚本の完成度がとても高い。
だも

だもの感想・評価

4.3
「私たちは、何かになれなくても 生きる意味があるのよ。」



突然どら焼き屋にアルバイトをしたいとやって来たおばあちゃん。そのおばあちゃんとの出会いが色々な事を変えていく。

一つ前にレビューした「しゃぼん玉」と雰囲気が似ている作品。市原悦子さんも出演している。それもこれも、非常に邦画らしい。最近この邦画らしさが好きで、密かにブームが来ています。

舞台は山村ではなく、そこら辺の少し落ち着いた街。調べたところ、東京の東村山市。
近い、行ってみたい。
都会過ぎず、田舎過ぎず。誰もが身近に感じるような風景を切り取っている。
しゃぼん玉と同じく。音楽もほとんどない。
そしていつものように画面が若干グレー。

私が大好きなのは、まさにこういうのです。
他にもあったら教えてください…。

この作品で一番大事なテーマはハンセン病(らい病)と「自由」だと思った。
聞く機会の減った病気だが、偏見は未だに根強い。感染力が非常に低い病である事を知らない人も多いだろう。
ハンセン病が原因で自由をなくし、それから何十年も偏見に苦しめられているのには心が痛んだ。でもこれが現状。こうした現状を映画で描くのはとても意義がありますね。

おじちゃんとか、鳥とか、様々なところに自由の描写がある。
こうして自分が自由を享受していられるのが有難いなあと思う。

樹木希林さん、本当に素敵な女優さんでした。もう新しい作品が見られないのが悲しくてたまらなけれど、いつでも映画で会えると思うと嬉しくもあります。

ハンセン病を患う方々への偏見が少しでもなくなり、自由に生きられる社会になりますように。私もその社会の一員になります。
「美味しい時は笑いなさい」

生きることの尊さ、難しさを教えてくれる最高のドラマ。どら焼きという日本的題材から始まり、雰囲気、音楽、演技、それら全てに邦画の良さを感じました。

樹木希林ってなんでこんなに落ち着くんでしょうね…溢れ出るノンフィクション感。語られてる言葉が台詞ではなく彼女自身から出てる気がする。良い意味でね。生きてきた長さがそれだけ重みのある言葉を生んでるのでしょう。素晴らしいです👏

2015年日本,フランス,ドイツ映画。

差別や偏見の目にさらされながらも、自分の信念を失うことなく、しなやかに生きる元ハンセン病患者の老女と、彼女に感化される周囲の人々の心の変化を丁寧に描いた心揺さぶられるヒューマン・ドラマです。

ぜひぜひ
AyanoSakai

AyanoSakaiの感想・評価

3.8
樹木希林さんの書籍「一切なりゆき」を読んだことがきっかけで。樹木希林さんの生き様も素晴らしいし、作品自体もとても素晴らしかった…
Sari

Sariの感想・評価

-
2019/04/22 BS朝日(録画)
花や風、月や草、すべてが愛おしいくなる樹木希林さんの優しさ。本人像と重なります。どら焼き食べたい…
あんこのお話からハンセン病について考えさせられる映画。
キャストが素晴らしい。
きりんさんの演技って自然だなぁ。
音がいい。
桜の季節に見たくなる。
kanko

kankoの感想・評価

4.0
樹木希林さんありき。
無知は人を傷つける。
>|