あんの作品情報・感想・評価・動画配信

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

「あん」に投稿された感想・評価

海

海の感想・評価

4.2
わたしも自然に耳を傾けて行きていこう。

徳江さんが作る、あん。
あずきがどんな旅路を通ってきたのか、あずきの声を聞く。

生きる。
自分で生きることを選択したわけでもないのに、生かされている人生だと思っていた。
何もしていないのに、虐げられながら生きている人たちが、同じ世界にいるということを念頭に置きながら、生きていかなければならないと、思った。強く、必死に、生きる。
emishi

emishiの感想・評価

4.6
樹木希林の声が味わい深くてじわじわ染み込んでくる感じ
沢山語らずとも空気感と音で色々伝わる
「私は大丈夫よ」という樹木希林さんのこの一言で自分でもびっくりするくらい自然に涙が溢れました。涙を誘うような演出は一切ないのですが、一言で感情を揺さぶられました。
ハンセン病により差別され、今もなお生きづらい環境にいる人や別の理由で苦しんでいる人もいる。けれど、耳すませば生き物たちの声が聴こえる。美しい風景が目の間に広がっている。それを感じられるだけで、生きている意味はきっとある。
そんなメッセージを受け取りました。
SBN

SBNの感想・評価

3.6
日本の映画のあるべき姿。ただ後半がなー。
nao

naoの感想・評価

3.8
自由に暮らせること、働けることを感謝したい、と思わせてくれる映画でした。
おはな

おはなの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

胸が苦しくなる映画だった。

友人の勧めで予備知識無く鑑賞。

小学校の時学級文庫にハンセン病の本があって当時子どもながらに衝撃を受けたけど、おかげでこの病気の人のことを少しでも知ってて良かったと思った。

ドキュメンタリーみたいな映画。

罹患してる方が出演されていたのは驚いた。

学生役の女優さんの声が良かった。
もちろん役も。
でも中学生には見えなかったけど。

樹木希林さんのお手紙のくだり
『小豆の言葉に耳を傾ける〜旅の話を聞いてあげる』のところの
『柊の垣根を越えて来た風が店長さんに声かけた方が良いと言っているように感じて』ってところが好き。

そんな風に感じられる人になりたい。
まき

まきの感想・評価

3.8
社会からの隔離、差別をうけて生きてきた徳江さん。
店長と出会い、働き、幸せだったと言える時を過ごすことができた。
店長も徳江さんのおかげでたくさん救われたんだろう。
Shibamoto

Shibamotoの感想・評価

3.1
前半はとても好きだったけど後半の展開が弱かった。

テレビの人気者ではなく本物の俳優陣でした。
皆さま上手すぎてリアリティすごい。
たぶん台詞をガチガチに決めてないのが良いのかなと思う。
たぶん監督さんが優秀なのかなと思う。
主役2人の会話が自然で凄い。
女子高生役の女優さん達の会話も自然で凄い。
話し言葉が全て自然。
俳優も作品も、実力と知名度は必ずしも比例しませんね!
これはどの世界でもあるある?
aya1101

aya1101の感想・評価

3.6
主な登場人物が、「それぞれこの世界でやり場のない閉塞感を感じながらなんとか生きている」という状況は分かったが、描き方が中途半端な感じがした。
 しばらく余韻から抜け出せなかった。凄いものを見てしまった、という言葉が思い浮かんだ。これは監督の才覚なのか? それともカメラマンの腕なのか? 知識がなくてちょっとアレだけど、とにかく映像美がヤバイ。
 陽光の柔らかな日差し、木々の葉が擦れる音、桜や銀杏の淡い色彩、大鍋から立ち上がる湯気の温かみ……全てがリアルで繊細で丁寧だ。後に、その美しい世界は、吉井さんの眼が映したものなんだろうと想像できるが、そんな風に何ものにも慈しみを持つことの大切さを学べた気がする。
 樹木希林さん、最後の主演映画ということで、その演技力はさることながら、往年の大女優らしからぬ風貌に、不覚にも身近な親近感を抱いてしまった。なんかウチの婆ちゃんみたい。婆ちゃんに会いたくなってきた。
 この撮影の時には、既に病と闘っていたんだよね。もしかしたら死期も悟っていたのかもしれない。何を考え、何を想い、この撮影に臨んだのだろう。まったく身勝手はなはだしい希望的観測ではあるが、この作品のテーマというか、生きる意味というものについて、希林さんにとって救いになっていれば良いな。いや、大勢の人に感動を与えてきた人なのだから、救いになっていて欲しいと願う。
>|