あんの作品情報・感想・評価・動画配信

あん2015年製作の映画)

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

「あん」に投稿された感想・評価

うらん

うらんの感想・評価

3.6
切ない〜
時々NHKぽくなる
おもしろかったぞ!
きりんちゃんはやっぱいいぞ!
Scorpio

Scorpioの感想・評価

-
モノの背景とか、ひとりの人の隠した苦しみとか、そんな細やかなところをフォーカスしてくれている。生きててもっと感じられることっていっぱいあるんだろうなと思わせてくれる。樹木希林さんは、そこに居るだけで優しいなあ。
やさしさがにじみ出るような希林さんの笑顔につられてつい何度も頬が緩んでしまった。これが他の人なら若干イラッとさせられるばあさんにもなりそうなキャラが、彼女だと何故か許せてしまう。キャスティング大正解。

重いテーマながら、物語は淡々と静かに進む。
じっくり鑑賞できる良作だと思うが、映画館の暗く温かい席では心地よい音や色彩にうっとり寝てしまいそうになるかも。個人的には映画館よりも自宅で美味しいお茶でも飲みながらのんびり鑑賞する方が向いている作品のように思う。

粒あん大好きな私は自分でもよく小豆を炊くが、次からはもっと愛情込めて炊いてあげようと思った。
そして千太郎の作るちょっと小ぶりで皮がふっくら柔らかそうなこのどら焼き、これはもしや・・と思ったら、やっぱりエンドロールにうさぎやのクレジットが。久々に食べたくなった。
どら焼き食べたくなった
SEKAI

SEKAIの感想・評価

3.9
樹木希林さんが流石…しか言えない。
ハンセン病に対する差別が今も尚消えないことを象徴した映画。
ハンセン病という問題に対して どら焼きのあん を媒介としている所がかなり斬新なアイディア!!!!だけど、物語全体が上手くまとまっていて…。
まー

まーの感想・評価

5.0
「この世を見るために、聴くために生まれてきた。この世は、ただそれだけを望んでいた。…だとすれば、何かになれなくても、私たちには生きる意味がある。」


自分は何がしたいんだろう、何か大きなことがしたい、何かやらないと、と漠然としたなにかに潰されそうに感じることがあるけど、
ゆっくり、静かに、世の中の音を感じればいいんだと、すごく気持ちが楽になった。
また、自由にいろんなことができる今に感謝の気持ちを忘れないでいたいです。

樹木希林さんの演技はやっぱりすごいの一言です。
tsubame737

tsubame737の感想・評価

4.0
一芸に秀でた助っ人には、ある秘密があり、その秘密によって脚本が進むという、よくある構成。

樹木希林や市原悦子の演技も凄いが、永瀬正敏の演技が良かった。

彼は、元ハンセン病患者である樹木希林と冷たい世間の象徴である浅田美代子の間で悩む。彼は観客にとってのガイド役であり、彼の演技が本作の構成上一番大切。

樹木希林の役柄のバックボーンを知っているからこそ、中学生たちとの会話に込められた真意にジーンとくる。

篭のカナリアは、療養所の樹木希林であり、雇われ店長の永瀬正敏の暗喩。
基本真摯な映画だけど、浅田美代子が大量の犬を連れているショットをさらっと見せていたりして良い。この人、少なくとも厄介だな、というのをおもしろおかしくかつ的確に提示する。永瀬正敏が水飴か何かを掬うショットとかもそうで、こういう素晴らしい隙みたいなものが映画をいっそう豊かなものにしている。
nem

nemの感想・評価

4.0
差別はいつも人の心の中に潜む。
>|