Mr.Children REFLECTION(2015年製作の映画)

上映日:2015年02月07日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    稲垣哲郎
    キャスト
    Mr.Children

    「Mr.Children REFLECTION」に投稿された感想・評価

    記録。彼と一緒に観に行きました。まさか取れるとは思わなかったし彼はビックリしてました。本当にただただ感動しました。
    言葉にならない。
    おかべ
    4.4
    桜井さんの声とピアノが染みる
    このライブおよび映画上映時点で「REFLECTION」というアルバムはまだ発売されていませんでした。
    なのでファンはステージやスクリーンでそのアルバムに収録される新曲群を初めて聴いたわけです。

    このアルバムはそれまで一緒に音楽を作り上げてきた、小林武史から離れて作成されたMr.Childrenの意欲作。アレンジで関わってる曲はあるので完全決別ではないのだけれど。

    とにかくこのアルバムが素晴らしい。
    個人的にはミスチルのアルバム最高傑作だと思います。それもぶっちぎりの。
    スクリーンで僕も初めて新曲群を聴いたのですが、次の曲が始まる前のワクワクと緊張感がたまらなかったです。
    特に好きな曲は「未完」「蜘蛛の糸」「幻聴」あたりですかね。
    でもこのアルバム、ベストアルバムと言っても騙せるくらいシングルカット級の曲しかないので全曲好きなんですけどね。

    この映画館体験はなかなか味わえないものでした。
    かなり良かった✨
    花、放たれる、足音がすごく染みた。
    やっぱり、旅人も独り言もとてもいい。
    桜井さんは一曲目からやっぱり飛ばしてて、笑ってしまったけど。
    ライブ行きたかったなぁ〜
    Zepp札幌で行われた
    ファンクラブツアー最終公演
    オクに出たチケットは100万を超えたという…笑
    滅多に見られないライブハウスでの
    まだ未発表の、まだ未完成の
    新しいMr.Children
    距離感も近くメンバーもリラックスして楽しい雰囲気が伝わる!
    最後の「未完」は最強にロック
    Tomokiii
    4.5
    CDよりも断然DVD
    好きな曲多めのライブだった
    Roco
    3.3
    ものすごく久々に、ミスチルに触れる。
    ライブに行くまでのファンではないけど
    ちょっとだけ行った気になれた、ライブドキュメンタリー。

    Everything It's you

    は、いちばん好きな曲だなぁ。
    昔の曲も聴けて、うれしかった。
    映画というか、ライブとして満点。
    未発表曲中心のツアーでもこんなに人集められるって、なかなかいないよな。まず1曲目がロックバラードの「Everything(it's you)」で会場にいたほとんどの人が意表突かれたはず。こんなにしっとりとしてる名曲でライブが始まるなんて誰も想像できなない。イントロのドラムがなった瞬間、みんな声出して驚いてた。で、2曲目は良曲なのになかなか演奏されないレア曲、「旅人」。俺含めてファンでこの曲をライブで聴きたかった人はめちゃくちゃ多かったはず。3曲目は定番の「名もなき詩」で一気に会場との距離を縮めた。「名もなき詩」をやる前に「今までのMr.Childrenの最後の曲です!」って言ったのがすごく印象的だった。プロデューサーの小林武史から自立したい、自分の音楽をやりたいという強い思いからreflectionを完成させたからだ。要は彼らにとって生まれ変わりの作品である。ここから未発表曲が始まる。確かに、小林武史がいない分、良くも悪くもロック調の曲が増えた。でもほとんどの曲が初めて聴くのに耳にスッと入ってきたのは、桜井さんさすがだなーとしか言えない笑特に「未完」は、まだ俺たちは終わってないぜ!こっから生まれ変わってまだやれるんだぜ!っていう強いメッセージを感じた。途中でファンクラブ投票の結果発表1位の「口笛」を披露。大好き。ラストは99年に出された「光の射す方へ」のカップリングである「独り言」。こんなのよっぽどコアなファンじゃない限り絶対知らないと思うけど、ちょっとダラけてて、さびれた感じがたまらなかった。今年で25周年を迎えるけど、一向に止まる気配がない、どこまで行くんだろうか。
    >|