michiko

バケモノの子のmichikoのレビュー・感想・評価

バケモノの子(2015年製作の映画)
2.5
2015年公開当時に映画館で視聴し、再度視聴。
当時とは自分自身の家族構成、環境も変わっており新しい気持ちで楽しめた。

当時感じたシナリオの意味不明さは、やはり後半の展開に要因があると思われる。九太、熊鉄がお互いに信頼し合い出し、お互い強くなるという目標に向かって協力し、視聴者側も気持ちよくなっているところで、前触れも無く始まる急展開。主人公と視聴者の気持ちの乖離が続く中で、ヒロインの登場、父親の登場、闇の侵食、神化、白鯨の登場といった現実とファンタジーが入り乱れ、各キャラの心情や意図がわからないまま進行し、理解が追いつかない。

『白鯨』や『悟浄出世』でモチーフや表現したい事は分かるが、それに添いすぎていないか。白鯨という表現方法だからこそ、展開に追いつけない。あなただったら猪じゃないのかと。それを心を映すモノだからと白鯨である必要性はあったのか。

ただ熊鉄に以前より感情移入出来る様になり、子を守っていく親の気持ちは、人間もバケモノも熱く感じた。