バケモノの子の作品情報・感想・評価

バケモノの子2015年製作の映画)

上映日:2015年07月11日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

この世界には、人間の世界とは別に、もう1つの世界がある。バケモノの世界だ。 人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街(じゅうてんがい)】。 交わるはずのない2つの世界に生きる、ひとりぼっちの少年とひとりぼっちのバケモノ。 ある日、少年はバケモノの世界に迷い込み、バケモノ・熊徹(くまてつ)の弟子となり、九太(きゅうた)という名前を授けられる。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まり…

この世界には、人間の世界とは別に、もう1つの世界がある。バケモノの世界だ。 人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街(じゅうてんがい)】。 交わるはずのない2つの世界に生きる、ひとりぼっちの少年とひとりぼっちのバケモノ。 ある日、少年はバケモノの世界に迷い込み、バケモノ・熊徹(くまてつ)の弟子となり、九太(きゅうた)という名前を授けられる。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだった――

「バケモノの子」に投稿された感想・評価

細田守監督のはやっぱりぜんぶすき。DVD借りなくても確実にテレビで放送されるところもすき
tofuya

tofuyaの感想・評価

3.0
なんも印象にない。
Yurio

Yurioの感想・評価

-
言葉遣いが汚くて荒々しくて、なんか面白かった。素朴で直截でいい味の映画。
えは

えはの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

大好きなんですけど、まわりの人に感想言ったらあまりわかってもらえなかった……なんで〜!笑

擬似親子的な関係性、ツボです。
最後の展開も王道で胸アツ!
熊鉄〜〜!!!

ヒロインは九太に新しい世界を見せてくれた、重要な人物だと私は思います。

未来のミライ、とっても楽しみです。
普通に泣けるし、飽きずに見れる。親子の形についてすごい考えさせられる作品。
わたる

わたるの感想・評価

3.9
細田作品の最高峰では?と思うくらい。結構長いけと飽きることなく主人公の成長も見てて楽しい。思春期の少年のちょっと違った物語
>|