バケモノの子の作品情報・感想・評価

バケモノの子2015年製作の映画)

上映日:2015年07月11日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

この世界には、人間の世界とは別に、もう1つの世界がある。バケモノの世界だ。 人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街(じゅうてんがい)】。 交わるはずのない2つの世界に生きる、ひとりぼっちの少年とひとりぼっちのバケモノ。 ある日、少年はバケモノの世界に迷い込み、バケモノ・熊徹(くまてつ)の弟子となり、九太(きゅうた)という名前を授けられる。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まり…

この世界には、人間の世界とは別に、もう1つの世界がある。バケモノの世界だ。 人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街(じゅうてんがい)】。 交わるはずのない2つの世界に生きる、ひとりぼっちの少年とひとりぼっちのバケモノ。 ある日、少年はバケモノの世界に迷い込み、バケモノ・熊徹(くまてつ)の弟子となり、九太(きゅうた)という名前を授けられる。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだった――

「バケモノの子」に投稿された感想・評価

一郎彦がひたすらかわいそうでした。
Marin

Marinの感想・評価

3.8
バケモノの親分に育てられていく過程があっての、最後の場面で泣けた。とても絆を感じられる。
morison

morisonの感想・評価

3.8
八割の完成
ミオ

ミオの感想・評価

3.8
アニメと思ってナメてたけど、面白かった!
リリーフランキーと大泉洋はほんとに声がいい、聞き取りやすい。
ZOLA

ZOLAの感想・評価

3.8
面白かった
ゆき

ゆきの感想・評価

3.8
終わり方が好き
高田

高田の感想・評価

3.5
最後のクジラが全てでしょ。
まず、ヒロインが物語の中で機能してない。

それはいいとして、ひどかったのは、主人公と対になるべきキャラの描写があまりにも足りなさすぎること。
親子の関係にフォーカスを当てたくて、対称的な人物にまで手が回らないなら、はなっから出すべきじゃないです。

ストーリーのバランスが悪くて、すごーーくチープな話になっちゃった。
やっぱ脚本はちゃんとした人に任せた方がいいですよ、監督。
>|