バケモノの子の作品情報・感想・評価

バケモノの子2015年製作の映画)

上映日:2015年07月11日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「バケモノの子」に投稿された感想・評価

namiko

namikoの感想・評価

1.0
驚く程ありきたりなストーリーで途中何度もその場から離れたくなった。
特に闇の表現が苦手で、「鉄コン筋クリート」でも感じたが、人間の闇は誰も語ることはできないと思ってからもうこの手のことは脳が受け付けない。

アクションや青年期の葛藤や友情。色んなテーマが盛り込まれているけど、どれもイマイチまとめられなくてピンとこない。
アニメなのにキャラクター性もまあ、いるよね。って。

細田守監督の作品好きなのもあるけど、アニメだからこそできる表現が欲しかった。と欲深くなってしまう。

TSUTAYAレンタル
meiji

meijiの感想・評価

3.5
なにより豪華声優陣はさすがのナレーション力。

互いに一匹狼である「熊鉄」と「九太」に、師弟関係を超えた大人と子供の“親子愛”を垣間見た。

大人の子供へ対する不器用さや、子供が大人に想う感情などを描写していて、頷いたり、グッとくる場面も。

個人的にファンタジーはあまり好きではないので、スコアはこれで。
ys

ysの感想・評価

4.6
メモ
バケモノの子ってタイトルが好きじゃないンゴ
ミスチルと別所さんの映画
広瀬すずのかわいい所は声なのかも知れない!
mako

makoの感想・評価

4.0
《2018#214》
金曜ロードSHOWで放送されていたのを録画。
テレビで何度も放送されてて大体その度に観てたと思うけどこの機に改めてちゃんと再視聴しました。

母親を亡くし母方の親戚に引き取られようとしたが逃げ出し、街を彷徨っていた蓮。そんな時にバケモノの世界に住む熊徹と出会う。

居場所がない蓮と力は強いが性格があだとなり弟子が居着かない熊徹。当初は反発し、寄り添うことができない二人だったが共同生活をしていく中でお互い大事な関係になっていく。
二人を見守る百秋坊と多々良との関係も良かった。

人間には心に闇が宿っている。
弱さゆえに飲み込まれ我を忘れてしまうことがある。
闇を抱えていても飲み込まれずその闇に打ち勝とうとすることもできる。
自分を大事に想ってくれる人達を感じることができたなら闇に飲み込まれずにすむのかもしれない。

九太(蓮)のそのままを受け入れ共に成長してきた熊徹。一郎彦を想うあまり本当のことが言えずにいた猪王全。
それぞれの養父がいて、一人は弱さも強さも併せ持ち自覚している九太。偉大な父を持ち父を尊敬しているが父の小さな嘘の為に不信感を募らせ、自分の弱さを認めようとしない一郎彦。
この二人の闘い。

それぞれ偽家族だが、受け入れ方によっては真逆になっていく。これは普通の家族にも当てはまることだなと思いながら観てました。
子供のそのままを私も受け入れていかなければなからないと思いました。

終盤、熊徹の九太への想いに涙が出てしまいました。
今作も家族の愛の物語でした。
家族ではないけど百秋坊と多々良も知らず知らずのうちに九太を気にかけ家族同然の想いがあることが分かりまた泣けました。
良い映画でした。

声は俳優さんがやってましたが特に違和感なく楽しめました♪
本職の声優さんも豪華でした♪
🚧👷🏻‍♀️ただいま工事ちう👷🏻‍♂️🚧
きゃん

きゃんの感想・評価

4.0
クマテツの笑顔と口悪いのを見ただけで涙が止まらなかった!!良かった〜〜
迫力もあり、面白かった
>|