ゆっけ

怒りのゆっけのレビュー・感想・評価

怒り(2016年製作の映画)
4.5
昨年劇場で見逃してしまったのでレンタルにて。

「信頼」がテーマの話だと思いました。

東京・八王子で起きた殺人事件。指名手配中の殺人者が一体誰なのか?
ミステリー要素もあって、見事に自分はミスリードしてしまった(3つの物語が進みますが、その移り変わりの演出がさすがです)のですが、それ以上にドラマ部分が深く考えさせられました。

人を信頼すること。信頼できなくなること。
どういった基準で、人を信じるかは人によって変わってくるかと思いますが、「本気で何かを伝えようとしている」ことを受け止めることができたら信頼が深まっていく(少しずつですが)と思います。

「分かろうとしない人にはいくら説明しても分かってくれない」と沖縄のデモに嘆いた辰哉(佐久本宝)も、きっと何かしらの”本気さ”を受け取ったから信頼できたのではないかと。

人を信頼するには、「本気」の他に「時間」も必要かと思います。

誰のための誰に対しての「怒り」なのか?

結局自分のための「怒り」は弱いもので、
自分への行き場のない「怒り」の話なんだなぁと思いました。

妻夫木聡や綾野剛、広瀬すずも素晴らしいのですが、宣伝では注目されていなかった辰哉を演じた佐久本宝も素晴らしかったです。