南国

怒りの南国のレビュー・感想・評価

怒り(2016年製作の映画)
3.9
自分の信じる人は殺人犯なのか…?みんな人それぞれに怒りを感じて、でもどうしようもないことに葛藤を感じている感じが伝わって来た。
大切なものは増えていくのではなく減っていくものだってところがとても良かったが、確かに後味の良い映画ではないため万人ウケのするような映画ではなかった。

ただ、ストーリーや役者の気迫ある演技、カメラワークなどはとても完成度の高いものだと思った。