tetsu

怒りのtetsuのレビュー・感想・評価

怒り(2016年製作の映画)
4.2
「三度目の殺人」で、
広瀬すずさんのシリアスな演技に圧倒され、その原点を確認するため、鑑賞!

ある住宅街で起きた凄惨な殺人事件。
若い夫婦を殺した殺人犯は、1年経った今でも、逃走を続けていた...。
そんな中、各地に現れた身元不明の三人の男たち。
彼らの出現に翻弄される人々
(同姓愛者の男性、上京に挫折した女性とその父親、高校生のカップル)
は、彼らを"信じる"ことができるのだろうか?

これは、名作でしたね。
予告編から、残酷で過激なだけの作品だと思っていたのですが、最終的には全く違うところに帰着するので、そこが良かったです。

また、これまでの一般向けの邦画ならタブーとされていたかもしれないテーマに深く切り込んでいるのも良かった。
沖縄の米軍基地問題は言うまでもなく、
女性、ゲイ、元風俗嬢、
と社会的マイノリティとも言えるキャラクターをメインに据え、厳しい現実を描いたこの作品からは、
ゆとり世代のぬるま湯社会を生きてきた自分が言うのも畏れ多いですが、身につまされる思いを感じました。
(大学の社会学部で差別や人権について学んでいるということもあり、彼らの立場に立って考えるにあたって、新たな材料になる作品でもありましたし...。)

また、そんな作品を演出する様々な工夫も見事で、坂本龍一さんが手掛ける音楽や、厳しい描写に対比するように映される美しい風景が印象的でした。

音楽は、
作品を見つめるような旋律が見事で、特に終盤、嵐が過ぎ去ったかのように静かで落ち着いた雰囲気になるのが素晴らしかったです。
映像に関しては、
字幕版を観て、気づいたのですが、序盤、飛行する二機の戦闘機にわざわざ字幕がかかるんですね、
("空を飛ぶ二機の戦闘機"の様な感じで、)
本来ならば、普通に見過ごしていたシーンだったと思うのですが、この字幕からは、それらの戦闘機が後に登場する二人の軍人を暗示していたのでは、と思いました。

そして、やはり役者がすごい。
今回の目当てであった広瀬すずさんは、天真爛漫な演技と陰のある演技を上手く使い分けており、そのギャップで彼女の置かれる絶望的な状況を体現していましたし、宮崎あおいさん演じる娘を気にかける硬派な渡辺謙さんは もちろん、同性愛者を自然な演技で見せた妻夫木さんと綾野さんの演技、
個人的には、終盤で僕の推しているある元朝ドラ女優が登場するのですが、彼女の演技から伝わってくるやるせなさが良かったです。
独断と偏見ではありますが、彼女が本作の私的MVPでした。

ところで、近年、公開されたピクサー映画「インサイド・ヘッド」で、負の感情が必ずしも悪いわけではないというメッセージがありましたが、今作にもそれは通ずると思います。
"怒り"という感情は、一見、ネガティブなものに思えますが、その多くは、人を信じているからであったり、その愛ゆえに生まれる場合もあるので、"怒り"の嵐が去った後、最後に残るのは悲しさだけでなく、前に進む力なのかもしれませんね...。

というわけで、作品の内容は重く、ショッキングな演出もありますが、見終わった後は、不思議と穏やかな気持ちも残る作品なので、是非、若い人達に観ていただきたい問題作でした!

p.s
あ、最後に、
僕の最近の"怒り"を挙げますとですね。
本作をTSUTAYAの準新作100円クーポンで借りたんですが、
その翌日、家族でとってるNETFLIXで追加されたことです。笑
(↑最後の最後で真面目なレビューを台無しにするやつwww)

2019/6/18 追記
#映画の中の沖縄 を追加しました。