haru

怒りのharuのレビュー・感想・評価

怒り(2016年製作の映画)
4.6
ある日、八王子で発生した殺人事件を中心に、3つのストーリーが進行します。

沖縄に現れた身元不明の男。
千葉に現れた身元不明の男。
東京に現れた身元不明の男。

3か所に現れた身元不明の男と、その男達に関わる人たちの“怒り”“疑念”そして“愛”が各々の行く末を大きく変えていきます。

人を信じる力はすごいものがありますが、その感情が『私は信じなくてはいけない』という感情になったときにはもう、心の中に“疑念”というものが小さく産まれてしまっているのでしょう。

そうなると人は疑念を抑えること、打ち消すことに必死になり、それが限界を迎えたときに数倍に膨れ上がった“怒り”や“悲しみ”が一気に崩壊してしまうのでしょう。

そんな人間の感情を剥き出しにした姿は、何とも言えない迫力がありました。

自分の大切な人を疑うことになったら。
そしてもし自分が相手を信じる気持ちが、“疑念”に負けてしまったら...こんなにも辛いことはないのだろうと思ってしまいます。


そして妻夫木聡と綾野剛のゲイカップルのラブシーンは、男性から見ても謎の艶っぽさがありました。役者さんってすごいなぁと、改めて感じるシーンの1つです。