Rylax

怒りのRylaxのレビュー・感想・評価

怒り(2016年製作の映画)
4.7
ネット上での評価が異常に高いことと森山未來くんが好きなことから鑑賞しました。
「絶対犯人当ててやろう!」と意気込んで観てましたが、案の定無理でした笑。それどころか、進んでいく展開ひとつひとつに翻弄され、あっという間のクライマックスでした。
(そして、犯人がだれかを当てるようなスタンスをとることはあんまりよくなかった、ナンセンスだったのかなぁと感じました。)
場面場面での音楽も素晴らしく、より作品の魅力をひきたてていました。
今まで自分が観てきたミステリー、サスペンスのようなジャンルの中でもストーリーがしっかりしていて、なおかつひとつの作品の中に、俳優女優さんたちの凄まじい演技力によって支えられて描かれる人間の心情、ドラマなど、数えきれない程の魅力のある作品でした。また、このようなトーンの作品にはよくある、個人的に苦手なグロテスクな表現も少なく、ホットしました笑。

心残りな点。
タイトルの「怒り」という言葉を作品の中で思うように読み取ることができなかったのが、自分の力不足なのかなと感じました。。またいつか観たときに、読み取れたらいなあと思います。