akikoHORINOUCHI

怒りのakikoHORINOUCHIのレビュー・感想・評価

怒り(2016年製作の映画)
4.2
胸が苦しい。
この気持ち久々。
時間が経っても余韻が胸に刺さる。

人間の狂気、脆さ、愚かさ。
全ては紙一重。
人間とはなんぞや。
人間とはなんぞや。

とてもとても豪華な俳優陣だけど、そんなことはどうでもいいと思えるくらい。
描かれてるのはただの人間。

シーンや表情の演出、カット、胸に重く刺さるこの感じ、素晴らしかった。

吉田修一は昔からとても好きな作家だから、彼の世界観がこんな風に描かれたことが嬉しい。
この監督の他の作品も是非観てみようと思う。