怒りのネタバレレビュー・内容・結末 - 3ページ目

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最後まで犯人を確信できなかった🤔当たってたけど
沖縄の男の子の演技がとても良かったと思う!
綾野剛たちの話がなんかもやっとしてたなぁ
宮崎あおいの役というか、演技が苦手だった

森山未來が暴れるシーンはまじで狂気の沙汰だった
たしろくんの最後のシーン号泣だった
かなり面白い映画だった
2回映画館で見てしまった作品の1つ
役者全員凄すぎる
サントラ坂本龍一なのもサイコーすぎる
エンディングの曲名知らなくて
エンドロールで「許し」って
知ったとき鳥肌立った
演技、演出、構成すべてにおいてクオリティの高い作品だった。
やや重めの内容があるので、良いものを見たっていう感情とともに悲しくなってしまった。

逆立ちしてる描写が伏線になっていて最後に生きてくるところが個人的には好きだった。
一つの事件をきっかけに、色んな人達のストーリーが複雑に絡み合って展開していくの、ショートフィルムを何本も観た満足感。というかボリューミーすぎて食傷気味。
ほんの小さな疑念は、ジワジワと広がって、いつしかその人を蝕んでいくわけで。その疑念が広がる様が巧妙に描かれていた。

怒りって昇華させるの難しいし、最終的に行き着くのは殺意なのかな。でもネガティブな感情って最終的にそこに行っちゃうかも。その感情を向ける対象が自分か他人か。むむむ。

妻夫木さんと綾野さんが紡ぐストーリーはラストで頭痛くなるくらい泣いた。涙と鼻水で溺れるかと思った。周囲からも啜り泣きの声…っていうか嗚咽漏れてたよ。

渡辺謙さんのあの田舎の漁協とか農協にいるオッサン感。自分の父親と同じ匂いがした。ああいう人いるもん。知ってるもん。大物俳優って何にでもなり切れるんだな。尊敬。

広瀬すずちゃんの女優魂を見た気がした。あのシーンすっごい胸糞悪くなったもん。あの演技できるの凄いよ。

また観るには体力と精神力が要る。
公開当初から話題になってた広瀬すずのレイプシーン、たまらんかった。なんかもう吐き気がして、一旦停止して、落ち着かせないと観れなかった、それくらいリアル。
ただ作品通してそこだけが浮き彫りに印象的かと聞かれたら全然そうじゃなくて、2時間ずっと胸がざわざわしながら、誰がどうなの?真実はどこ?って具合に見入っちゃう映画やった。
邦画の面白さってこういう作品に出るなあ。好き。
最後に殺人した少年すごい被害者感出てるけど、彼が酔って走りださなかったらレイプもなかったわけでいろいろ引っかかる
キャスティング良すぎ。
名前忘れたけど、広瀬すずのこと好きな男の子が
むちゃくちゃになったとこ気持ちよかった。
人間味あるわ、良き!となった。
韓国人のこの監督は
殺人、暴力、セクマイ、風俗、米軍レイプをこんな感じで描くんだね。
プロパガンダやん〜って思った。
奇跡的に犯人に顔が似てたから疑われた、信じてもらえなかったわけじゃない
心のどこかで疑う気持ちがあったから似てるように見えてしまったんだと思う

信じるってすごく難しくて、結局それができたのは男の子一人だけ
すずちゃんも信じた側と言えるかもだけど

それ以外は疑われる側も疑う側もどっちもお互いを信じられなかった、そしてすれ違った

信じられなかったことを悔やむ人
そして信じたことを悔やむ人
ていう対比が面白かった

犯人もしたことは絶対許されないけど、異端な自分の心を上手くコントロールできない悲しさがあって
それをまた本人が最後まで無自覚ていうのも考えさせられた

森山未來はなんで男の子の味方になったんだろう、なんで殺さなかったんだろう?

思ったより救いのある映画で良かった!
私は好きなんだけどなあ
後味悪すぎ。原作読もう。