怒りの作品情報・感想・評価・動画配信

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

『情熱大陸』で広瀬すずを見て(李相日監督も出てた)、見逃していた本作を鑑賞。
3つの話が同時進行していくが、そのどれもが単独で成立するキャストとストーリー密度であり、それに加えて殺人犯は誰なのかというサスペンス要素もあってもう満腹感がすごい。
それにしてもこのキャスト陣の豪華さは何なの?『キング・オブ・ファイターズ』なの?
タイトルどおり内に外に向けられた様々な「怒り」が描かれるが、どちらかといえばテーマは「人を信じること(の難しさ)」。
体操の鉄棒でいうと、ちょっと着地でグラッとしちゃったかな感あり。
妙な不気味感がずっとある
重い、結構重量感ありますねぇ💦
殺人事件があって、そして素性のしれない男性が複数出てきて、さて展開的にはパラレルで行くのか集約されるのか
疲れが…笑
moepi

moepiの感想・評価

4.3
これは結末知っていても何度も見たいと思った作品。長いけど全然飽きない。ずっと釘付けでした。
羽川

羽川の感想・評価

4.5
おもしろかったので2回観た。
森山さん光ってた。
私が見る映画には、いつもブッキーが出ている件。
茜

茜の感想・評価

3.8
犯人探しに集中してしまったから犯人を知った今、もう一回見返したい。
犯人が分かりそうな時の、伏線だけが流れて、音はBGMだけのところがすごい印象的

このレビューはネタバレを含みます

どうせ見るのに体力いるんでしょう?と思い避けてた映画
各ストーリー毎に違う「怒り」の感情を表しつつ、「信頼・信用とは?」も各ストーリー毎に表現している点がよい点だと思った
各編展開が読めず、ハラハラして見ることができた(綾野剛がどうしてああいう風に描かれたのか納得できた)
犯人の写真はまだしも映像が松山ケンイチに寄せすぎのように感じ、「犯人あいつか〜?」と思ってしまいストーリーが徐々に面白くなくなっていった(というより犯人探しが本来の目的として表現されていないのでそれはそうかと納得)
沖縄編以外の印象が強く沖縄編が少し弱く感じた(演技力?森山未來の印象が強すぎたから?)
吉田修一原作ということで本の方も読んでみようと思った
大切なものは減っていくんだ
>|

あなたにおすすめの記事