怒り(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:142分
    監督
    李相日
    脚本
    李相日
    原作
    吉田修一
    キャスト
    渡辺謙
    森山未來
    松山ケンイチ
    綾野剛
    広瀬すず
    宮崎あおい
    妻夫木聡
    ピエール瀧
    三浦貴大
    高畑充希
    原日出子
    池脇千鶴
    佐久本宝
    あらすじ
    ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。 愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 東京――――――― 大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、 日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。 彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。 ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。 沖縄―――――― また男と問題を起こした母と、 夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。 ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

    「怒り」に投稿された感想・レビュー

    はるき
    はるきの感想・レビュー
    1時間
    3.9
    重い。
    広瀬すずって本当に天才なのかな、演技うまい。
    他の役者陣もさすがの演技で見応えがあった。
    なな
    ななの感想・レビュー
    2時間
    4.8
    好きだった
    ランスルー増田
    ランスルー増田の感想・レビュー
    3時間
    4.8

    このレビューはネタバレを含みます

    信じていた人に裏切られたら悲しい。
    また常に懐疑的で、愛する人ですら信じられなくなる自分を悟った瞬間、それ以上に名状し難い悲しさを覚える思う。

    人は誰しもミステリアスな部分を秘めているし、それら全てを知るなんて家族間でも不可能ですよね。

    洋平が姪に「おじさんはどこかで愛子なんかが幸せになれるはずがない、愛子を好きになるような男はろくでもないに違いないと思ってるんじゃないの?」と指摘されたシーンが凄く良かった。核心をついてる。
    自分自信に問う兼渡辺の顔、ケンワタナベの演技力。うむ。

    3つの群像劇の回収の仕方が上手すぎです。確かに長い映画だけど退屈さを全く感じなかった。最後まで犯人わからなかった。モンタージュ写真が絶妙。そして沖縄やっぱ海キレイだ。
    kickstand
    kickstandの感想・レビュー
    4時間
    3.8
    色々考えさせられるなぁ。好きな人だとフィルターかかっちゃって疑いも出来なくなるだろうし、もしやったとしてもこれはこれ、それはそれで勝手に良い方に考えそう。ちゃんと小説読んで見たいな。
    Miu
    Miuの感想・レビュー
    4時間
    3.6
    すずちゃんの迫真の演技が今でも忘れられないぐらい、すずちゃんがとても良かったです。 それぐらいかな..
    Yuzuko
    Yuzukoの感想・レビュー
    7時間
    4.5
    吉田修一の原作を映画化した「悪人」で国内外で高い評価を得た李相日監督。
    再び吉田の作品を原作に、李相日監督がメガホンを取った"群像ミステリードラマ"。

    日本映画界トップクラスの俳優達が勢揃いし、東京 千葉 沖縄を舞台に一年前に起きた八王子の凄惨な殺人事件を端緒とし、物語は進行していく。

    素性を知らずまま愛してしまった人への"信頼"と"疑心"に苦悩しながら揺れ動く人々の葛藤は、痛々しい。しかし、信じる気持ちを捨てずにただ、他人を信じようとする人間の姿が眩しく、切なく。
    愛する人との関係性を無難に保とうとするも、距離を縮め愛を深めたい情を、様々なカタチで描く。

    トップクラスの俳優陣の中でも、宮崎あおいの演技が一際光っていた。危うさと純粋さの中に、どこか絶望に満ちた感情を常に抱える愛子を見事に演じきる。
    ガタガタと歯と肩を震わせながら泣き叫ぶ壮絶なシーンは、観客の心を震わせ恐怖させる。

    美術セットに関して、
    逃走した殺人犯の部屋が見事だった。
    大量のコンビニ弁当や缶コーヒー、部屋全面に貼られたチラシと溢れる誹謗中傷の言葉。多くは語らずとも、異常な人物像を想像させるシーンとなっていた。
    ZACK
    ZACKの感想・レビュー
    16時間
    3.8
    恐ろしすぎる😢
    まさかの人が〜〜〜
    tomoyo
    tomoyoの感想・レビュー
    17時間
    4.1

    このレビューはネタバレを含みます

    すごく良かった。そしてしんどかった。疑うってのはとっても怖いこと。疑いの心を持ってしまった時点ですべてが変わる。

    宮崎あおいが犯人じゃないって分かったときに泣いた理由がわからない人も居るんだね〜。私は、自分が一番タシロ君を信じてあげなきゃいけないのに、少しでも疑ってしまった、タシロくんがやっと手に入れそうな平穏な生活を壊してしまったという罪悪感で潰れそうになって泣いたんだと思ったよ、疑ったりしてごめん、て。

    無条件に信じ続けるのも大変だよね。

    メインストーリー以外のサイドストーリーにも考えさせられる所がいっぱいあった。
    aki
    akiの感想・レビュー
    20時間
    4.1
    なんだか観てるうちにずんっ、と重くなっていく映画でした。
    でも好きです。登場人物一人一人の気持ちの揺らぎ。信じようとする心や疑う心、いろんな感情。役者さんみなさんの演技が素晴らしかったです。
    >|