怒り(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:142分
    監督
    李相日
    脚本
    李相日
    原作
    吉田修一
    キャスト
    渡辺謙
    森山未來
    松山ケンイチ
    綾野剛
    広瀬すず
    宮崎あおい
    妻夫木聡
    ピエール瀧
    三浦貴大
    高畑充希
    原日出子
    池脇千鶴
    佐久本宝
    あらすじ
    ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。 愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 東京――――――― 大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、 日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。 彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。 ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。 沖縄―――――― また男と問題を起こした母と、 夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。 ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

    「怒り」に投稿された感想・評価

    夫婦殺害事件の犯人として共通点のある3人の謎の人物。衝撃のラスト。
    信じれなかったこと、信じてしまったことに対する自分や世間への言葉にできない怒り。

    今の日本社会の課題をぎゅぎゅっと詰め込んでて
    ただでさえ内容がシリアスなのに
    俳優陣の抜群の演技力と度肝抜かれる演出で
    観た後とってもずしーんとくる。

    このレビューはネタバレを含みます

    ある暑い夏の日、八王子で起こった残虐な殺人事件。犯人は整形し逃走。そして、1年がたった。そんな頃に千葉、東京、沖縄それぞれに素性の知れない男が現れる。逃亡犯を追うテレビ番組で公開された似顔絵。それにどこか似たところがある男たち。それぞれの男に関わる人間たちは疑心暗鬼に陥っていく。

    この映画は、犯人が誰か?という単なるサスペンスではない。1つの凶悪事件から連なる負の連鎖。全く関係のないところで、関係のない人間たちも、ときにその負の連鎖に巻き込まれていく。
    愛する人を盲目的に信じることはできるのか。もしそれができないとしたら、それは許されないことなのだろうか?
    犯人の自分勝手な怒り、沖縄の怒り、信じることができなかった自分への怒りなど、さまざまな怒りを考えさせられる。
    吉田修一さん原作の映画って好きだけれど、これも見ごたえのある1作だった。ただ・・・今作は好きな映画とは言えないかな。また観たいとは思えないかも。悲しい気持ちになる。
    キャストが超豪華なのには驚かされる。実力のある人たちばかりなのでその演技には魅せられます。
    一言『凄かった…』

    ストーリー、そしてなにより俳優人の演技が。
    とにかく凄かった。

    怪しい3人の男。
    モンタージュが3人ともに似てて、参った。
    3人が3人とも怪しい。
    素性が知れないとは不気味だ。
    その人がどんなに良い人でも。
    どんな理由であれ、隠さなければならない『訳』があるのだから。

    3組の各々が『信じたい』『怪しい』の狭間で揺れる。
    しかし、1度疑惑を持つと、人は信じたくないがそちらに心を持っていかれてしまうものなんだと改めて思う。


    犯人は一体誰なのか、ラストまで本当に分からなかった。

    一瞬でも疑ってごめんなさい。
    表現を一般的な感覚に寄せたり、人気役者を揃えたり、流行りの画を取り入れたり、丁度良く流行を踏襲した塩梅があまりよく思えなかった。予告も内容とかなり違ったようだし、このかまってちゃん感がたまにきず。
    この題材に対して、ポップな手法は無理があるのではと思った。人気役者が本気の演技をしているというだけで既に売れる要素はあった。海外も視野に入れるとこうなってきてしまうのだろうか。
    社会問題や社会的弱者を主要キャラクターにし、その理解や共感を自然にもたらしてくれる良さはあるが、逆をつけばそれもなんとなく浅はかに利用された感じがある。
    派手な事件現場を忠実に再現する俺、ゲイもナチュラルに許容しちゃう俺、ドローンを使った撮影や突然オシャレな画も挿せちゃう俺、といった、作品のメッセージに特に必要のない要素が先行してどうにも映画に集中できなかった。
    そんな俺も、人をすぐ疑ってしまうヘキに、すっかり困っているのであった!!!!(fin)
    起きる殺人事件、その容疑者に似た男がいた。
    それも3人、全く違う土地に暮らす3人である。その3人のそれぞれを起点に3つの物語が進行していく。
    そして周囲の人間はその男を信用できるのか、そんな話だ。
    他人の内面など、分からない。では、何をもって信頼するのか。
    なぜ「怒り」なのか。

    このレビューはネタバレを含みます

    犯人が誰かは全然重要じゃない。ミステリーじゃないところでのメッセージ性が強い作品だと思った。人を信じることの難しさ、疑いはじめたら壊れてしまうような人との関わりの難しさ。貧困、LGBT、沖縄の在日米兵の問題だったりも絡んでいて深い。キャストの豪華さも全然不自然じゃない。パラレルに結びつく3つの物語。
    >|