怒りの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

まめ

まめの感想・評価

3.7
狂気の演技が圧倒、、!
救いようのない辛さ
ひよ

ひよの感想・評価

4.1
本当に最後の最後まで犯人が読めないので、自分で色々と考えながら観るほど面白い。
「そっち?あ、こっちか。え?違うの?違うんか〜い!お前か〜い!!」と何度も思考回路を振り回された。
そして人間は深くて恐いと思った。
実力派が揃っていて見応えがあります。
後半はストーリーも相まって非常に引き込まれました。
kfilms

kfilmsの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

"悪人"と同じ原作者×監督脚本のタッグだと、観終わって特典映像を観て知った。

"悪人"も滅茶苦茶に揺すぶられて号泣して観て、映画の《強さ》で言ったら筆頭に上がる作品だったけど、
確かに同じ種類の揺さぶられ方をした。
陳腐な書き方だけど号泣した。
映画を観て泣ける時、自分が何で泣いてるのか、どうして涙が出るのか、どういう感情なのかはっきりは分からない。
いろんな感情が綯い交ぜになって、
というのが正しいんだろうと思う。

タイトルは"怒り"だけど、
全編通して、人の弱さが描かれてると思った。
苛立ち、責任転嫁、無力感、嘘、裏切り、信頼と不安、弱い、誰も彼も弱い。

役者は皆素晴らしかった。
綾野剛・妻夫木聡のふたりが特に。
ごく自然に見えて、同性愛設定だからどう、という事を感じさせなかった。
宮崎あおいさんも、本当は完璧な人(世間的に)なのに、どこか足りない人間(世間的に)の空気を完全に纏っていて、凄かった。
松山ケンイチさんは言わずもがな、奥底が優しい人間を演じさせたら完璧。

人が死ぬのは何故悲しいんだろう。
映画の中なのに。
死ぬと泣くのはどうしてなんだろう。

東京駅にいる、で号泣。
連絡をくれてよかった。
切ってしまったと思った糸が
繋がっていてよかった。

広瀬すずさんの最後のシーン。
強くなって、強くなって。
それが正しい祈りだとは思えないけど
祈りを込めずにいられない。

人は皆正しくないけれど
許せないのが辰哉だった。
あいつが一番弱い。犯人と変わらない。
事件の後の日常でヘラヘラして
他人事に置き換えて白状したのが許せない。
一生笑うんじゃねぇと思った。
弱いのは仕方ないけど。
挙句の果てに自分が裏切られた怒りに任せて人を刺す。
何も出来なかった自分自身の無力さへのやり場のなかった苛立ちも綯い交ぜになって人を刺す。
彼女の石文も読めない状態まで消せてない。
犯人を除けばあいつが一番弱くて中途半端で自分勝手で最低だった。
ああいう弱さと自分勝手さが人を殺すんだ、という意味ではめっちゃ説得力のある役どころだったと思う。

最初の事件の動機の描かれ方より
辰哉の殺人の方が綿密に描かれてた。
タイトルの"怒り"はこっちの殺人の事だったのかな。そうかもしれない。
amiroquai

amiroquaiの感想・評価

4.7
公開当初に見た。余りの驚きに友達と余韻に浸りまくっていた記憶があります。広瀬すずの演技も圧巻。
aJi

aJiの感想・評価

4.2
誰が犯人でもおかしくないので最後まで気になった。左っぽい気や動機が少しわかりにくいけど、染み込むところはとても入ってきて面白い。人間のエネルギーの根元は怒りに思えた。
小説の方が面白い、登場人物が多くて小説だと誰が誰かわからなくなってくるので映画見てから小説読むのがおすすめ。
aaa

aaaの感想・評価

3.9
記録
Mii

Miiの感想・評価

3.0
映画より本