怒りの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

長いくどい。
演技は良いがセリフが良くない。
あと唐突なカメラ目線やめて、怖いから。
妻夫木がいいのか、監督がいいのか、脚本家がいいのか分からないけど、ゲイカップルの描き方がすごく良かった。
渡辺謙と宮崎あおい親子のストーリーは秀逸だった。池脇千鶴が渡辺謙に車中で言い放つセリフが真意を突いててインパクトあったな。

つか、出演者みんな演技が良かった。一歩間違えると、暗くて後味悪いだけの映画。それが、むしろ泣ける映画に仕上がってる。みんな演技が上手いから、細かい感情の起伏や葛藤がこちらに伝わってくる。だから自然に感情移入できる。

この監督の作品いいね。
フラガールや悪人また観たくなった。
ぽん

ぽんの感想・評価

3.3
記録用。
ずっと気になっていた作品。観るのに相当体力を使いそうだったのでずっとマイリス止まりだったけど、やっと観る覚悟が出来たので鑑賞。


とにかく、答えの出しにくいテーマが盛りだくさんで観終わった後しばらく言葉が出てこなかった。というか簡単に感想を述べてはいけない気になった。


真の意味で誰かを信じるということは裏切られても良い覚悟を持った人しか出来ないのかもしれない。

作中では信じた末裏切られてしまった悲しみと、信じ切れなかった後悔による悲しみの両方が描かれていて心が痛んだ。


『本当に大切な物は増えていくのではなく減っていく』というセリフがあったが、ああなるほどなと思わせてくれる言葉だった。大切なものを全て無くした時、人は「怒り」を抑え切れなくなるのかなあ。

とりあえず役者陣全員素晴らしすぎる映画。素晴らしすぎるがゆえに何度もは観ないし軽々しくおススメは出来ないけど観る価値はあるので自分の中では高評価です。
誰が犯人が分からなくてドキドキした。宮崎あおいちゃんめっちゃ泣いてて感動した。すずちゃん可哀想だった。
ask

askの感想・評価

3.0
何故タイトルが『怒り』なのか
観終わった後考えたがわからなかった

大切な人を信じるか、否か
どちらを選んでも約束された幸せなど有り得ない

信じ、疑い、自分が選んだ選択肢が正しいかすらわからない...
このやるせなさを怒りというのだろうか

信頼のおけるキャスト陣だが、広瀬すずの悲痛な囁きが一番印象に残った
eri

eriの感想・評価

3.7
重いと分かっていたけど、重い…観終わった後心がずーんとしてしばらく寝付けなかった。
出演者みんな凄かった!妻夫木くんと綾野剛の絡みとすずちゃんのシーンが結構衝撃でした。
かもこ

かもこの感想・評価

4.0
見終わって、とにかく悲しかった
残酷なほど叩き付けられる人間の猜疑心の愚かさ

結局のところ犯人にとっての「怒り」とはなんなのかは不明瞭だった、本来伝えたいことはきっと 信じる、の方だし、あえてのコレなのかな
タイトルについてよく分からないところがあるので小説を読もうと思う

日本映画の湿気も美しさも味わえる作品、
あととにかく全員主役級の名優で素人目に見ても演技が素晴らしい
小説の風景描写を実写で観てるようなカメラワークや色彩感にも脱帽
kosyo

kosyoの感想・評価

4.3
犯人を捕まえるための指名手配からいくつもの事件が生まれる
全員が主役級の映画で、全員の演技に心が震えた。悲しみも怒りだし、鬱屈とした気持ちの表し方がすごく上手い。