怒りの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

レモン

レモンの感想・評価

3.5
犯人を考えながら見てると、
みんな怪しく思えて来ちゃう。

素性が分からない人のことを
私だったらどこまで信じられるかな。

その人との関係性が一体何だったら
信じられるのかな。

家族?恋人?友人?

難しいね〜
yukicopam

yukicopamの感想・評価

3.5
話題になったときに
気になってあらすじだけ調べて
映像で観るのは
こんなに遅くなってしまいました。

「怒り」という感情は
ときに人を狂わせてしまう
自分でも制御の効かない
怖いものである、ということを
一番に感じた作品。


大事な人を信じられなかった
自分に対する怒り

シンパシーを感じていた相手から
裏切られたときに感じる怒り

どこにもぶつけようのない
悲しみと共に湧き上がる怒り


それぞれの登場人物が抱える
怒りと悲しみを
役者が表情やしぐさで
丁寧に表現していて、
観ていて辛さもありつつ。

結末を知っていたので、
犯人と思しき3人の男の
描かれ方が上手だなと。

犯人を知らなかったら
散りばめられたミスリードに
翻弄されて、きっと
犯人が誰なのかばかり
気にして観たことでしょう。


八王子での惨殺事件も
残忍すぎる犯行の手口から
怨恨による殺人かと思いきや、
捻れた感情から生まれた
「怒り」よる突発的なもので
やり切れなさを感じた。


人の感情は本当に複雑で
人はいつでもその感情と向き合い
翻弄されながら生きていく
生き物なのだな、としみじみ。


結局泉ちゃんのそばには
誰もいなくなってしまって、
その原因になってしまったことを
彼女は一生悔やむだろうし
悲しむと思う。

連鎖した怒りや悲しみを背負って、
彼女がまだこの先も
生きなくてはならないのが
すごく悲しかった。
tina

tinaの感想・評価

4.2
久しぶりに、観れる邦画だった。
役者もいいし、カメラワークもいい、坂本龍一の音楽も最高。
特に広瀬すずは見直した

三つの物語が繋がらなくて残念とか言ってるやつはくだらないオムニバス映画の見過ぎ。三谷幸喜の映画でも観てこい。
顔を見て名前がわかったのは渡辺謙と松山ケンイチだけでした
きずな

きずなの感想・評価

4.0
怒りってゆうより悲しみのが強い感じがした
謎?が解けたときのみんなが泣く演技が凄すぎてすごく引き込まれた
3つのストーリーが進行しているなかで、八王子夫婦殺人事件の犯人がこの3人のなかにいると初期でとてもわかりやすくお膳立てしているが、どれもそれらしくもあり、そうでもなく見える絶妙なラインで最後までドキドキした。
PonPon

PonPonの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。
三人の素性のわからない男にそれぞれ関わり、殺人事件との関連に疑心暗鬼になる人間模様をうまく描写している。

信じきれない心、信じたのに裏切られてしまい込み上げる怒り。

犯人の「怒」の意味はわからなかった。。。

高畑充希はどこで見ても可愛いw

この考察がスマートだと思う。
素晴らしい。
https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E6%80%92%E3%82%8A/356389/review/%E7%8A%AF%E4%BA%BA%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E3%81%AB%E5%8F%B7%E6%B3%A3%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/1935/
人から人へ、そして自分へ
はたまた何に対してかわからない、あらゆるものに対して、の感情が錯綜していて、どこにぶつけたらいいのか、観ていて一緒に苦しくなった。

キャストも豪華で素晴らしいが
その中にこの作品でスクリーンデビューの佐久本宝が、違和感なく存在感を放っていてすごい。
重厚な人間ドラマ
人を信じるのって難しい
OGT

OGTの感想・評価

2.2
何に怒ってるのか。言いたいことはわかるけど人間って生き物の「怒り」を表現するには浅いかな。