怒りの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

いい意味でも悪い意味でも、もう二度と観たくない作品
鑑賞後の疲労感が半端ない
みそり

みそりの感想・評価

4.0
某カップル目当てでなんとなく観たけど重い
m

mの感想・評価

4.1
心重くなる 最高っ
すてふ

すてふの感想・評価

3.9
豪華なだけじゃない。見事な配役と演技。八王子殺人事件から始まり、ミステリーを期待してしまったが、まったく別方向のヒューマンドラマだった。人間不信に刺さるお話。
蝉が鳴き声を聞いて夏らしくなってきた今日この頃。
ふとこの作品を思い出したので鑑賞しました。
何度観ても本当に胸くそ悪い作品。
一番苦手な映画は?と聞かれたら迷わず怒りだと答えるレベル。
私ったらなんでもう一回見たんでしょう…。

この映画ではハッテン場での生々しいゲイセックスや風俗勤務で心も体もボロボロになるシーンなど精神的にしんどいシーンが多くあります。

が、ダントツでしんどいのは広瀬すず演じる純朴な少女が米兵達にレイプされるシーン。
現場を茂みから目撃していながらも竦んで助けに入れない(彼女に恋している)男子高校生と興味本位で米兵にレイプを唆したとある知人の存在。
ひたすらしんどい。
なにがしんどいって広瀬すずの演技が上手すぎて犯罪現場を覗き見している気になってしまうんです。
レイプされる前は処女らしいというか…明るくて純粋な乙女なのですが、被害後が完全に女の顔になっているんです。
広瀬すずすごい。。
けどやっぱり苦手なシーンなので今回は早送りで飛ばしました。
エロやグロは全然平気なんだけどリアルな強姦シーンはどうも受けつけないなあ。
感受性豊かな方には注意が必要かも。

そして配役もすごい。
偽名を使っている松山ケンイチ、綾野剛、森山未來が周囲の人間から八王子夫婦殺人事件で指名手配になっている山神一也容疑者なのではと疑われるのですが、全員顔が似すぎてて誰が犯人なのか分からないし予想できない。
彼らを愛している人達の『音信不通になった彼を容疑者だと疑って自己嫌悪したり色々妄想して憔悴してしまうシーン』もきつい。救われない。

すごく嫌いな作品ですが完成度が高くてかなり評価してる邦画です。
そこそこ後味が悪いので地雷がない方や胸糞悪くなりたい方には鑑賞をおすすめします。
ここまでハードルあげたら大したことなかったと思われそうですが(笑)
茹だるような夏が終わる前にぜひ味わってください。
nozoko

nozokoの感想・評価

4.3
俳優陣の演技力が素晴らしくて引き込まれる。
信じたいのに疑ってしまう心の葛藤が見えました。
naabu

naabuの感想・評価

4.2
相手のことを犯人だと思ってしまう。
この感情がとても刺さりました。

陰と陽じゃないけど、
好きって感情が大きすぎるかこそ、疑いってのも大きくなってしまう。

相手が犯人ってことは日常生活ではまずありえないけど、
感情が大きすぎて、
負の感情にも大きく振れてしまうことが、人間の本質っぽくて刺さります。

これは、ぜひ一度見て頂きたい映画。
おすすめです。
これはすごい映画だ。
2つの面から、邦画じゃなければ、日本の映画じゃなければ作れないのではないか。
直接的な意味では、沖縄米軍の愚行問題や市橋達也の逃亡劇や同性愛者の現状を描いていること。
間接的な意味では、これ!という盛り上げがなくても全く退屈せず、観客に魅せることができる面だ。
実に重厚で、一冊の長編小説を読んだような。
そんな素晴らしい映画だった。
sachiyooon

sachiyooonの感想・評価

3.6
予想以上によかった。
人を信じる想いを考えさせられた。