怒りの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

ひとつの殺人事件を軸に
それぞれには相関関係のない三者三様の物語が
一本の映画として上手くミックスされてるなと思った。
オムニバスのようでそうではない。
喩えるならD・W・グリフィスの『イントレランス』のような映画。

外見からは決して図ることのできない人間の心の奥底。
信じたことで傷つき、信じられなかったことで後悔し
永遠に答えの出ない葛藤に観てるこっちもうなだれた。
誰と出会うのか、誰と結びつくのか
それは普段我々が思っている以上に生きるか死ぬかの重大事なんだ。
正直そこいらのホラー映画よりよっぽど怖い。
jump

jumpの感想・評価

3.9
辛い。。

自分と人との違いに苦しんで、理不尽な暴力に傷付けられて、喪失の哀しみに打ちひしがれている全ての人の、辛い共感を呼び起こすような作品。

道を踏み外すこともあれば、失いかけたものを紙一重で繋ぎ止められることもある。

それはきっと運次第で、チャンスも地獄も平等に訪れるわけじゃない。

それでも、なんとか前を向いて、必死に生きていこう。生きていくしかない。
そんなことを、ふっと語り掛けるような映画。
見応えある過激さだと思ったら、やっぱり監督は韓国人だった。
私、森山未来好きです。
ゆうまの一見充実しているが、心からは満たされない生活に共感を覚えた。
自然に愛を深めていく二人の関係性が素敵だった。
も

もの感想・評価

3.5
見てから結構気持ちがしばらく重かったけどすごく良かった
yum

yumの感想・評価

3.4
オールキャストによる、邦画では久々のグランドホテルムービー。最後まで分からない犯人の謎解きもあり、話に引き込まれていく。最後はバベルを思わせる、幾重にもなる負の重厚さ。起きた事件は元に戻らず、あまり救いはなく、人生はこれからも続いていくことへのもどかしい怒りとでもいうのか。各キャストがそれぞれのキャラクターを繊細に演じていて、見応えがあった。
NATSUKI

NATSUKIの感想・評価

-
一記録(仕事の一環)