怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

りこ

りこの感想・評価

3.5
それぞれのお話がある
重!!
って感じ。
キャラクターメインで進む構成。
個人的には旅館の息子の演技が光ってた。あんなけ有名俳優・女優の中にいても劣らない存在感と演技力。
それにしても、どう言う流れでこれを映画化しようと思ったんだか、、
理屈では説明できない人間の内面を剥き出しにした映画がとりたかったんだろうか
それで言うとリアルな心の揺れ動きなんだけど、普段それは内側に秘めてるものだから、リアルではない感じもするし、過剰?な感じもするよね。
いい映画だったけど、一回でいいかな。
ママ

ママの感想・評価

4.1
人を信じるとは何か、3組に視点を当てて考える事が出来ると思う
LUKEN

LUKENの感想・評価

4.0
一つの殺人事件をベースに展開される、各地の犯人っぽーい身元不明男3人とその周囲の人間ドラマを描いた作品。

信じてあげられなかった怒り。
信じてしまった怒り。
つまり碇シンジ。


冗談はさておき、まぁ役者陣の素晴らしいこと!
それに加え坂本龍一の重厚な音楽で作品の本気度が伝わってきます!

3パートそれぞれ複雑な心理描写があり心が苦しくなりました。

どちらかというと事件真相ミステリーより人間ドラマに重きを置いた素晴らしい映画でした。


一つだけ残念な点を挙げるとしたら、誰が犯人か分からなくする為に無理矢理が過ぎてるとこがちょっと..
genhosoya

genhosoyaの感想・評価

2.8
様々な「怒り」という感情を題材とした映画作品。その感情に共感できる場面を、見ている側の基準にして、更に強い怒りを体験した物語の中の人物を通じて、その怒りの感情を伝えようとした実験的映画なのかな。
もえち

もえちの感想・評価

3.5
すごーく重くて観たあと疲れた。
最後もっと後味悪い感じなのかと思ったら意外とすっきりしててよかった!

みんな背格好とか動きが犯人に見えてきて怖くなったり信じたくなったり。
yohey

yoheyの感想・評価

3.7
キャストの方々の演技力がすごい。
ラストのオチも衝撃だった。
shintarock

shintarockの感想・評価

3.9
いい映画でした。
間の取り方と演技がどの役者も本当に上手くて、ぬるま湯に浸かって生きている自分には理解しがたい複雑な感情も痛いくらい伝わってくる。
犯人は誰なのか、どうしてあんな事件を起こしたのか、この人たちの結末はどうなるのかと、先の気になる展開で長さを感じさせない。
ただ観ていて本当に辛くなる。
観終わったあともなんとも言えない複雑な感情になる。
いい映画だったけどもう観たくない映画リストに入る映画でした。
>|