怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

あおいちゃん…迫真。好き。
怒り、そして愛。
この映画のあとにヒメアノ〜ル見たんだけど、なんとなく見る順番を逆にすればよかったと思った。
演技力に脱帽
BioAoi

BioAoiの感想・評価

4.3
音楽素晴らしい
登場人物の演技がすごく良い。

特に、渡辺、宮崎、妻夫木。

あと、綾野とか池脇とかが名言ぽいことを言うてたのが印象的。
matsu

matsuの感想・評価

-
五分立てなくなった
ねじ

ねじの感想・評価

4.3
重い。見終わった後どっと疲れた。目を背けたくなる様な痛々しい場面もあった。様々な怒りの形が表現されている。信じること、疑うことの難しさを痛感した。俳優陣は正に体当たりの演技でどうやったらそんな表現できるのって思うくらい凄かった。沖縄の海は綺麗だった。
saku

sakuの感想・評価

4.0
なんか衝撃的
>|