怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.1
すごかった…。
観てからしばし放心状態。
信じたいけど信じきれなかったり、信じていたのに裏切られたり。
愛する人はいつも信じていたいのに、何か一つ不審な点が見つかると今までの全てが疑わしくなってしまう。
とても一言では表せない作品だった。
これはしばらくじっくりと考えたい作品だな。

俳優陣の演技も圧巻だった。
たくや

たくやの感想・評価

2.5
最後まで犯人は1人の人間だと思ってた。
Honoka

Honokaの感想・評価

3.6
後味の悪さ
もうちょっとそれぞれの生い立ちとかあってもよかったかな、、、
でもおもしろかった!
実力派俳優さんたちのお芝居と、映像のきれいさを楽しむ感じでした。
出演者豪華
三つの映画ぎゅっとして一つにしたみたいな感じ
ストーリー忘れたけど良かった記憶はあります。もう一回見よっと✨
観てて飽きることはなかったけどなんとも言えないかんじ。こんなシチュエーションはありえるのかって思った。人間の心理を描いた作品🎬
よかった。よかったって言っていい内容ではないけど、よかった。
犯人は中盤で予想がついたけど、それでも面白いと思う。
ただもう二度と見ない。
作品はすごくよかった。だからこそもう見れない。辛すぎる。
本当に大切なものは増えるのではなく減っていくもの

人を信じること、信じ抜く難しさを痛感させられる映画

信じるとは何か、疑うとは何か。
>|