怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。 愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 東京――――――― 大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、 日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。 彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。 ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。 沖縄―――――― また男と問題を起こした母と、 夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。 ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.1
すごかった…。
観てからしばし放心状態。
信じたいけど信じきれなかったり、信じていたのに裏切られたり。
愛する人はいつも信じていたいのに、何か一つ不審な点が見つかると今までの全てが疑わしくなってしまう。
とても一言では表せない作品だった。
これはしばらくじっくりと考えたい作品だな。

俳優陣の演技も圧巻だった。
pitasii108

pitasii108の感想・評価

4.5
2016年の良かった映画挙げるとしたらこれは絶対入るくらい見応えあったし好き。
それぞれの人物描写が丁寧だし、俳優全員がムラなく上手く演じていて引き込まれたし涙が出た。
comq

comqの感想・評価

3.7
大袈裟な部分はあるけど、ちゃんと葛藤は撮れてる。
EnzoUkai

EnzoUkaiの感想・評価

3.9
さすが李相日、全く期待を裏切らない。多分現在日本映画界では予算かけて一番まともに撮れる監督じゃないだろうか?彼にお金を預けて撮らせれば間違いない。

話が展開するまで1時間超かかり、その上収束にかけて結局何を訴えたいんだろうか?とあまり予測がつかず、このままサイコパスの殺人もので終わったらどうしようかと不安に思いつつ見てたけど、タイトルが出てくる時には身体が熱くなってしまいました。
人と人に間に信用を築くことが如何に難しいかを思い知らされる。何故、難しいのか?それは突然ジョーカーが回ってくることを経験上常に疑心暗鬼になっていなければならないからなのだ。(まぁ、この映画は見てる者にとってはジョーカーが見えないババ抜きならぬジジ抜きだけど)
こうした構成を吉田修一は目論んでることだと思う。人間の持つ、特に無宗教的な現代日本人の、それこそ救いの無さを突きつけてきてるんだろう。
人と人との温もりなんて言うが人肌の温もりなんて一過性に過ぎず、深く相手の懐に入り込んで互いに傷つけあい慰めあいながら温めるしかない。まやかしに縋っても自分を誤魔化すだけ。信用は時間を掛けて築くものだと改めて考えさせられた。

坂本龍一の音楽も良かったねぇ。まさか2CELLOSにリード取らせるなんて、金が掛かってます。
TAKEZOH

TAKEZOHの感想・評価

3.0
自分のおかれた状況、苦難よりも(親しい)他人から向けられる感情のほうが心が揺さぶられる……
冒頭の父親に助けられ電車で故郷に帰る女の子が、自分が好きなった男を連れ戻し電車に乗るシーンは印象的だった。
kumaosita

kumaositaの感想・評価

3.0
重い。深い。途中と最後が胸糞悪い。
妻夫木聡がひたすら男前。
話の展開とキャストの演技に引き込まれる映画。
>|