怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.1
すごかった…。
観てからしばし放心状態。
信じたいけど信じきれなかったり、信じていたのに裏切られたり。
愛する人はいつも信じていたいのに、何か一つ不審な点が見つかると今までの全てが疑わしくなってしまう。
とても一言では表せない作品だった。
これはしばらくじっくりと考えたい作品だな。

俳優陣の演技も圧巻だった。
Shin

Shinの感想・評価

4.6
豪華なキャスティングでこんなにも暗い映画を撮ったのはすごいな。
面白かった。
人を信じることというのが今作の重要なテーマとなっていると思うが結末はそう上手くいかない。この結果を受けて観た人間は信じるという行為をどのように捉えればいいのかがわからなかった。
サスペンスでもあり犯人は誰かということを劇中考えることが今作を面白く見せる重要な要素になるのでもう一度見るのはどうなのだろう。
音楽がこれまた豪華な坂本龍一。
後半のトラックが印象的で不思議な気持ちでエンディングを迎える。
それがとても印象的で後に残るものがあった。
一本の映画にできるようなドラマを、三本いっしょに展開するなんて!もうドラマが濃厚だよ。特に沖縄の話が、しばらくずしんと心に残るな。
三本の話が上手くまとめられた構成が絶妙で、物語に寄り添うように音楽は繊細で、映像は自然でありながら時に印象的で。映画の中に終始引き込まれた。
そして何より、俳優陣が素晴らしい!日本にはこんなに凄い俳優達がいるんだと、これでもかと見せつけられた。
トム

トムの感想・評価

4.6
久しぶりに映画に終始見入ってしまった。深い。キャストの演技力も素晴らしい。初めて見る沖縄の青年役の子がどこにでもいそうな青年でリアルさを増した。

この映画のタイトルである〝怒り〟それにはいろんな形があり、いろんな結末がある。
そして、人を〝信じる〟ということがこんなにも難しいことを改めて考えさせられる。

なんだろう、人って難しいよね
みみみ

みみみの感想・評価

4.0
疑えば救われず、信じれば裏切られ、、、まったく長尺感じさせず引き込まれたけど、取調室はギャグだと思うの。
Meg

Megの感想・評価

4.5
見終わった後、なんとも言えない虚無感と切なさに襲われる笑
ハッピーエンドじゃなかったけど、すごくいい映画だった。もう一度見たい
Mana

Manaの感想・評価

3.3
私には高度過ぎて理解できなかった。森山未來の演技、恐怖すら覚えた。
kazuhiro

kazuhiroの感想・評価

3.5
ニュースとか見てても、物事を善悪二元論で語ろうとするとすり抜けてしまうことって現実にもたくさんあると思いました。
kiee

kieeの感想・評価

4.1
吉田修一さんやっぱり好きだ。

重たい 映画。

妻夫木さんは どうもこうも凄すぎる。
>|