怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。 愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 東京――――――― 大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、 日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。 彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。 ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。 沖縄―――――― また男と問題を起こした母と、 夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。 ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.1
すごかった…。
観てからしばし放心状態。
信じたいけど信じきれなかったり、信じていたのに裏切られたり。
愛する人はいつも信じていたいのに、何か一つ不審な点が見つかると今までの全てが疑わしくなってしまう。
とても一言では表せない作品だった。
これはしばらくじっくりと考えたい作品だな。

俳優陣の演技も圧巻だった。

このレビューはネタバレを含みます

重いと思ってたけど、想像以上だったな。このような重い作品に高評価がついてるのも複雑。

この作品は、人との信頼について問いてる作品だと思う。あなたのそばにいる人はあなたを信頼してますか?あなたが困った時に助けてくれますか?一番信頼してる人が、実は影で悪口を言ってるかもしれません。
そんな事を考えさせられる作品でした。

中盤以降は、もう沖縄の事しか印象にない。那覇の公設市場付近の外れであんなおぞましい事はないと思うけど、実際米兵による事件は起きてるからね。

広瀬すずに対するイメージが結構変わった。やっぱ演者というのはすごいと思う。
全然まとまりのない文章だけど、とにかく演技は素晴らしかった。ただ、二度とみたくない作品。こんなに強烈に印象に残ってる時点がある意味でいい作品なのかもね!
YuuHiratsu

YuuHiratsuの感想・評価

4.4
なんとも言えないこの感情、、。見終わった時のこの感じを共有したい、、
ひー

ひーの感想・評価

3.5
序盤は、それぞれの人間関係描写
中盤から終盤にかけて、どうすれば良かったか、何が正しいのかとやり切れない気持ちの登場人物に共感できた
特に沖縄の男の子役が迫真
森山未來は通常営業
松山ケンイチと宮崎あおいは30代とは思えないほど若い
YUI

YUIの感想・評価

4.0
原作読んでます。
重い気分になったこと以外はあんまり内容覚えてなかった。
観ている内に、あ~そうだ。こんな気持ちになる映画だった‥って少しずつ思い出しました。

出演者の方々全員素晴らしいですね。
でも一番はすずちゃん。
これは本当に撮影大変だっただろうな。
すずちゃんこんな演技するんだってびっくりしました。

犯人の写真すごいですね。
こういうの観ると、映画化されるのもいいなって思います。

やっぱりこんな気分になるよね。
だから、映画館で観るのを躊躇って観に行かなかったんだった。
でも、観て良かった。
もう一度観たいとは思わないけど(笑)
まこ

まこの感想・評価

3.9
演技力
みょん

みょんの感想・評価

4.0
あまり邦画は好んでは観ないのですが、これにはやはり惹かれて鑑賞しました!


よくないとは思ってるのですが、基本的に海外映画の方が、監督も俳優陣も、撮影環境も魅力的に感じてしまうところがあります…
完全に偏見だけれど、捨てられない…
反省します…


でも、今作を観て、日本にもこんな素晴らしい俳優さんがいるんだと認識できてとても感動しました!


渡辺謙さん、森山未來さん、広瀬すずちゃん、綾野剛さん、松山ケンイチさん、皆さん迫真の演技でした!


でも、中でも光っていたのは、やはり宮崎あおいちゃんと妻夫木聡さんですね!


あおいちゃんは、ちょっと舌ったらずで、純粋そうな感じが自然にで、際立ってました!


妻夫木さんは難しい役どころだったと思いますが、孤独と、不器用さと、社会から隠れて生きてる感じがすごく切なくなりましたね…


3人とも犯人に思えるような、不自然な言動がたくさんあって、最後まで誰が犯人かわからず、ドキドキしながら観てました 笑


犯人のオマージュが3人の顔をミックスさせて描いたような感じで面白かったですw


全てがわかったとき、大元の事件より、残りの2人の周りで進行した出来事の方が胸打たれます!


これは観てよかったなと思いました!


4.0はストーリーではなく、俳優さんたちの演技に!
ずっしり重たい映画。
俳優陣の演技が素晴らしい。
終わり方もずっしりきて
しばらく引きずってしまう
>|