怒り(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:142分
    監督
    李相日
    脚本
    李相日
    原作
    吉田修一
    キャスト
    渡辺謙
    森山未來
    松山ケンイチ
    綾野剛
    広瀬すず
    宮崎あおい
    妻夫木聡
    ピエール瀧
    三浦貴大
    高畑充希
    原日出子
    池脇千鶴
    佐久本宝
    あらすじ
    ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。 愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 東京――――――― 大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、 日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。 彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。 ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。 沖縄―――――― また男と問題を起こした母と、 夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。 ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

    「怒り」に投稿された感想・評価

    すごかった…。
    観てからしばし放心状態。
    信じたいけど信じきれなかったり、信じていたのに裏切られたり。
    愛する人はいつも信じていたいのに、何か一つ不審な点が見つかると今までの全てが疑わしくなってしまう。
    とても一言では表せない作品だった。
    これはしばらくじっくりと考えたい作品だな。

    俳優陣の演技も圧巻だった。
    最終的に
    3人が同一人物やった
    っいう 結末もありやないかなぁ
    私にはあまり心に響きませんでした。
    なんでかな。。

    悪人の方が好きです。
    見終わった後、何とも言えない感情が込み上げる映画でした。
    3つの視点から描かれるストーリー、どれも信じたいけど信じられないという感情が上手く表現されてて引き込まれました。
    妻夫木の号泣シーンはグッときました。
    信じるって大事
    誰にでもある怒り。特に疑心暗鬼になり、相手、もしくは自分を信じられなくなった時のものは相当。人それぞれ、その怒りの矛先や、大きさは違い、多様性のある数々の瞬間が存在していて、この映画は身近な日常で起こりそうな細やかなシチュエーションで構成していて、次どうなるんだろう?まさかあの人が…と怖いもの見たさのような感情が湧き上がってきました。

    怒りとは、信じられなくなった反動で、そのエネルギーをいろんな人の目線から訴えていて、スキがない映画でした。
    何より、キャストが豪華でした笑
    こういう作品を面白がってはいけない、とは、個人的にいつも思うこと、なのだけれど、面白かった。

    俳優、脚本、構成、全要素が信頼できる映画だなと思いました。
    信じてたのに裏切られることのつらさといったら
    やりきれない気持ちになった
    妻夫木と綾野剛の演技が最高
    分散して、まとまりつかない感。
    犯罪心理のもっと深い何かを期待していたが、…
    >|