怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。 愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 東京――――――― 大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、 日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。 彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。 ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。 沖縄―――――― また男と問題を起こした母と、 夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。 ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

rikako

rikakoの感想・評価

3.0
誰が犯人かわからずドキドキした
K10

K10の感想・評価

3.6
記録
caky

cakyの感想・評価

4.0
犯人探しのミステリアスな線より、やり場のない感情を爆発させていく様が何とも言えない。真偽というよりまさに信疑。人を人として保っているものはそこにあるのだと感じさせてくれる。個々のキャストがどれもキャラ立ってて、そういう意味でも忘れられない映画になるだろう。
原作既読。脚本は原作をほとんど忠実に表現してた。

ある殺人事件の犯人は誰なのかという視点で、同時進行的に3つのエピソードが描かれる。

最初の殺人にだけ注目してしまうと、3つの内2つはミスリードでもあるし、殺人の動機もいまいちはっきりしないし、犯人の行動にも一貫性がなく、最後の顛末も納得いかない印象が残った。
なので最初の殺人ではなくて、人を信じることの難しさを描いた各エピソードの人間模様にこそ本作の醍醐味があると思った。
それらを豪華俳優陣の演技力で表現しきった作品。3つのエピソードの場面の切り替えがいちいちうまかった。

最後あたり映像が間延びしててくどかったけど、全体的に重厚な感じが演出されててよかった。

誰かを素直に信用するってすごく簡単なようでものすごく難しいことなのかもしれないと思った。

犯人は一体何にそんなに怒ってたのか、全く共感できなかった。
過激な割には最後は呆気なく終わったかなって印象。
最初にある程度あらすじを見てからの方がもしかしたらもっと面白く観れたかもしれない
結局何が言いたかったんだろうって思いました
KABU

KABUの感想・評価

5.0
長い映画なのに飽きなかった。
心理描写が深いのに、散乱せずに回収できて、考えさせられるのに落としどころがあり、絶望的なのに救いの切り口もあって。
決してスッキリと爽快!というものではないのに、大切にしたいと思った映画でした。
maria

mariaの感想・評価

3.7
森山未來の演技、、すごかったぁ、、
みんな演技上手かった、、
胸糞悪い
>|