怒りの作品情報・感想・評価・動画配信

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価


伝えたいことは信じることなのかな。

もっともっと自分の人間性ができてから見直したい
「信じる」

信じてあげられなかったことに対する、怒り
信じたことに対する、怒り

ずしっとくる重みがある、考えさせられた。
最初から最後まで重厚な雰囲気が続く

もうね、最後あたりは圧巻
まめこ

まめこの感想・評価

4.0
確かにスッキリしない感はあるけどこういうシリアス邦画ってそう言うもんだなと思ってるんで許容範囲内。ちゃんと犯人が誰か後半まで分からなかったのでミステリを楽しめました。あとパンツ舞うシーン笑った。握力強すぎだろ。
あっこ

あっこの感想・評価

3.4
本当に大切なものは増えるんじゃなくて、減っていくんだ。

真理だなぁ。そのことに、誰かに出会って気づくって。涙が出ました。

テーマが重すぎたのと、描写が残酷やわ。米兵のシーンはマジでトラウマになる。

わたしは、この映画から、なにを受け止めればよいのか。

はぁ。
やま3号

やま3号の感想・評価

3.5
結論はセルフサービス、視聴者の頭の中で完成となる作品
主役級を配して三つのシナリオの独立性を高めた結果、犯人の目星がつかないメリットと、作品にまとまりを欠くデメリットがある
「怒り」という情動的なタイトルほど、感情を揺さぶられない
製作者側の意図と、視聴者側の期待が噛み合わない一方通行な作品に映る
よねこ

よねこの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

胸糞悪いし誰も救われない。広瀬すずがレイプされるシーンがトラウマになった。きつい。
めちゃよかったが胸くそ過ぎる
めちゃよかったけど2度と見ない
onptky

onptkyの感想・評価

2.6
うーん。イマイチすぎる。

俳優たちの演技はほんとうにすごい。
これだけでも見る価値はあるのかもしれない。

ただ、長い時間をかけてこれだけ?という感はある。シナリオや演出が平坦に感じてしまったからなのか。

邦画の良くない部分、テンポの悪さや、そこだけ切り取ったかのような演技、それらしい音楽とシーン、聞き取れないようなボソボソセリフのあとの爆音が詰め込まれていた。

シナリオにしても、ミステリーというには意外性はなく、ヒューマンドラマというには、登場人物の深掘りが薄く、結果何も残らない。
怒りってタイトルはなんだったんだろうか。
妻夫木のエピは怒り?ではないよな。
ダブルマツケンのとこも違う。
唯一感情揺さぶる出来事が起きた広瀬すずのところも、消化不良。


近年のエンタメ感のある映画に慣れすぎてしまったのかな。ひどく退屈に感じてしまった。

ただ俳優たちの演技は本気ですごい。
>|