怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 千葉――――――― 3か月前に突然家出をした愛子(宮崎あおい)が東京で見つかった。 彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。 愛子を連れて帰った父・洋平(渡辺謙)は、千葉の漁港で働く。 8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。 愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代(松山ケンイチ)に出会った。 東京――――――― 大手通信会社に勤める優馬(妻夫木聡)は、 日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。 彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。 ある日、優馬は新宿で直人(綾野剛)に出会った。 沖縄―――――― また男と問題を起こした母と、 夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)。 ある日、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)に遭遇した。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

何のつながりもない千葉、東京、沖縄の3つの人たちの生活にそれぞれ入り込んできた、身元を隠そうとする不審な感じの青年。まわりの人たちと不器用ながらも繋がりが深まってきた頃、殺人事件の犯人捜索のニュース。逃亡中の犯人のモンタージュ写真が、3人の青年の誰ともよく似ている。まわりの人のこころに生じる疑いの念…
          *
犯人推理のようにも思えるが、これは人を信じるということを描いた物語です。最後まで信じてやれなかった人、信じていたのに裏切られた人…。言ってしまえばそれだけなのですが、演じる役者がみんな素晴らしいので、引き込まれてしまいます。
          *
だけど、わたし的には、犯人の犯行の動機を話す男の内容にポカンとしてしまいました。そんなつまらない理由で人殺しができるものなのか? それに、お前は何でそれをさもわかったように断定できるのか? その場にいたのか? おかしいだろ?
          *
あとは、沖縄米兵のレイプ問題、これは酷い。少女は人には絶対に知られたくないと言い、泣き寝入りに終わってしまいそう。レイプ繋がりで思い出すのは、先日記者会見して元TBSの有名記者を訴えた詩織さんは、とても勇気ある人だったということ。それにひきかえ、何を忖度したか土壇場で容疑者に逮捕状を出さなかった警視庁、こっちも相当ひどい。教育の場でこうことをしてはいけないと、青少年の頭に叩き込んでおかないと。子供が変われば、親も大人も変わらざるを得なくなる。ろくでもないことをする大人や政治家には、子供から蔑まれて、社会の表舞台から退場してもらいたい。社会を根本から変えるには、まずは教育からです。
          *
脱線しても~た。
Chihiro

Chihiroの感想・評価

4.3
長めの映画やのにあっというまに過ぎていった
自分に対する怒りとか、他人への怒り、ぶつけようのない怒りがいっぱいで、見終わったあとの余韻と感情のもっていきばに困ったけど、見てよかった、、
キャスト全員さいこう
Naoki

Naokiの感想・評価

4.7
宮崎あおいのメンヘラっぽい演技がすごいリアルで良い。ピンクの服とかノーメイクっぽさがリアルもリアル。肝心の犯人のことがあんまり描かれてないけど、その他の部分は極上。映像はいくらなんでもハレーション&レンズフレア演出多用し過ぎかなっと。いい役者ばっかり。
ヒョー

ヒョーの感想・評価

2.9
怒 し 一 そ 特 そ 描 全 た 役 一 三
怒 か 番 の に の き て だ 者 本 つ
怒 し 怒 モ 犯 為 込 の 怒 の の の
怒 何 り ヤ 人 に み エ り 演 映 異
怒 故 を モ の 怒 不 ピ と 技 画 な
怒 に 感 ヤ 怒 り 足 ソ い は と る
怒 縦 じ を り と な | う 文 し ス
・ 書 る 上 の い 気 ド タ 句 て ト
・ き の 手 本 う が が イ な ま |
・ ? だ く 質 テ す 少 ト し と リ
・ 説 が | る し ル に め |
明 最 マ づ に 良 あ を
で 後 が つ 違 い げ
き ま 見 だ 和 た
な で え が 感 手
い 分 て が 腕
自 ら こ あ は
分 な な る 見
自 か い 事
身 っ
に た

aaatan221

aaatan221の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

信じるってなんだろ。
なにをもって人は人を信じるなんてできるんだろ。

夫とすれ違っている。
思いやりや優しさや見栄から生じた小さい嘘が重なって、これまで積み重ねてきたものが、ジェンガで真ん中の不安定な一本を抜いてしまった時みたいにがらがらと崩れた。
いま、ひとつずつまたパーツを積み重ねている途中で、だけど、その積み重ね作業にも私はもう臆病で、本当にここで大丈夫?もう倒れない?と何度も確認し、これで大丈夫だって証拠を夫に求める。

「信じるに値する」ものを他人に求められるほど私は偉い人間じゃないけど、
「信じる理由」はあってしかるべきなんだと最近思い込んでいた。
臆病になりすぎた私は、何かを 信じるには「理由」が必要になっていて、確固たる関係を築くために、それを証明できる「何か」を必要としていた。
でも、目に見えないものを作るために目に見えるものを求めるという矛盾したばかばかしさに、私は本当は気づいている。

愛してる人を信じたい。
愛してるから信じられる。
信じられるから愛していられる。
でも信じられないからって愛がないのかと言われると、そうじゃない。
じゃあ何をもって人は人を愛するんだろう。信じるんだろう。
「怒り」を見ながら、そんなことを思った。

愛子は田代を愛してたから信じた。
藤田は直人を疑ってはいたけどそこに愛はあった。
信じ切れず離れたけど、結局愛してしまったから探し続けた。
辰也は誰にも 言えない秘密を唯一共有した田中に
裏切られるなんて、微塵も思っていなかった。
ただ、純粋だった。
過去も素性もわからない、男。

それでも、どんな関係であれ
信じた人を、一度信じると決めた人を信じられなくなるとき、社会通念や倫理観に基づいて相手を疑わなくちゃいけなくなるときが来ることもある。
これまで見ていたものががあっさりと色を変える絶望や、確固たるものがなくなった不安にぶち当たって、心も気持ちもどんどん弱ってく。
疑ってしまった自分を責めて、疑わせた相手を責めて、やり場のないエネルギーは転がり続けて怒りや悲しみ、憎しみに溶けてゆく。

田代を疑ったアイコはその後彼を迎えに行ったけど、疑っちゃったよ、でも違っ たね、ごめんごめん、はい元通り、なんて都合良くいくんだろうか。
私だったら、信じ切れなかった自分を責めて責めて、もう元になんて戻れないと嘆くと思う。
でも、それでもなお、その自分すら受け入れて諦めずに共に生きようと努めることが、それまでの自分たちに報いるための唯一の救いに繋がるのかもしれない。
そんな愛の形も、あるのかもしれない。
そんなことを思った。

仕方ないよ、弱いのは悪いことじゃない。
悲しいけど、みんなそんなに強くない。

「本気を伝えるのが一番難しい」という言葉が、ずんと心に残る。
「本気」をきちんと伝えられたら、
藤田は直人を失わずに済んだのかもしれない。
私たちもすれ違わずに済んだのかもしれない。

私も強くなれるだろうか。
再び誰かを信じるということに、立ち向かえるだろうか。

「世の中には、信じてはいけない人もいる」という身も蓋もないことも言えてしまう映画だけど笑、
私は信じる方を選びたいと思った。
自分の大切な人であるなら、なおさら、強く。


********************************
超絶個人的な感想を長々と書きましたが、
とても良い映画でした。
キャストの熱量、バランス、音楽、すばらしかった。
犯人は誰だ!という映画だと思って見たら「なーんだ」になるかもしれませんが、先日観た「三度目の殺人」然り、そこを主軸とした映画なわけではないです。
とても好みな映画でした。
モヤモヤもヤっと。でも観てよかった。
信じる事は難しい…でも信じてたい。
>|