怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

南国

南国の感想・評価

3.9
自分の信じる人は殺人犯なのか…?みんな人それぞれに怒りを感じて、でもどうしようもないことに葛藤を感じている感じが伝わって来た。
大切なものは増えていくのではなく減っていくものだってところがとても良かったが、確かに後味の良い映画ではないため万人ウケのするような映画ではなかった。

ただ、ストーリーや役者の気迫ある演技、カメラワークなどはとても完成度の高いものだと思った。
Mina

Minaの感想・評価

3.7
全員が気味悪い。
じりじり迫り来る怖さとひとりの人間が持つ感情の複雑さにひたすら恐れながら観た。
私的、佐久本宝くんの演技力にびっくり。
mizuki

mizukiの感想・評価

4.7
" 信じる "

映画館で見終えた瞬間、
何といえばいいのか分からないですが、
初めて席を立たずに考えさせられました。
初めての感覚でした。

何よりキャストの演技が良すぎます。
物語も " 信じる "という重たいテーマなのに、
まだ20代前半の私でさえ理解できました。

" 愛した人は殺人犯だったのか? "
素晴らしすぎます。絶賛します。
namimaro

namimaroの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ゲイの妻夫木、擦れた宮崎あおい、島のカップル…と、どう複雑に絡み合うんだろう!と初めドキドキワクワクして観たけど、意外と濃くなかったかも?(^_^;)でも、面白かった。
それぞれの愛する人が殺人犯ではと疑われ、信じきることが出来ずに、取り返しのつかないことになったり(ならなかったり)する話。
キャストがすごい豪華。
俳優としての渡辺謙はやはりいいと思った。
shuntakato

shuntakatoの感想・評価

4.7
ここまで感情揺さぶられる映画はなかなかない。
とにかく役者の演技がすごい。
ギリギリまで確信を持てないところも良かった。
mk

mkの感想・評価

3.6
キャスト、ストーリー共に素晴らしい
ksmy

ksmyの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

後半にかけて、「果たして誰が犯人なのか」という疑問を極限まで掻き立てられる目の離せない映画だった。こうして聞くと事件を解決していく映画なのかと思うが、そうではなくて、全く違う3つの空間軸で、もしかしたら犯人かもしれない3人の男達のバックグラウンドや素性が明らかになっていき、それを視聴者が追うという形がとても斬新で面白かった。

途中まで、整形していく同一人物の時間軸が違う物語かと思ってた。

とても印象的だったのは、実際に犯人だった沖縄の田中が、3人の中で唯一周りから指名手配犯なのではないかという疑いをかけられていなかった点。他の2人は犯人では無かったものの、周りから疑いを持たれていたのが対照的だと感じた。面白い。

大きなメッセージが内包されているというよりは視聴者に先の展開を知りたいという欲を駆り立てさせる映画だなと。好き
えむ

えむの感想・評価

4.0
もう全部全部、苦しい…
>|