怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

南国

南国の感想・評価

3.9
自分の信じる人は殺人犯なのか…?みんな人それぞれに怒りを感じて、でもどうしようもないことに葛藤を感じている感じが伝わって来た。
大切なものは増えていくのではなく減っていくものだってところがとても良かったが、確かに後味の良い映画ではないため万人ウケのするような映画ではなかった。

ただ、ストーリーや役者の気迫ある演技、カメラワークなどはとても完成度の高いものだと思った。
ちょっと難しかったけど、凄い面白かった
朝見る映画じゃなかった笑
邦画やっぱり苦手だな〜、、
mochan

mochanの感想・評価

4.6
本当に怒りでしかない、イラついたどうしようもなくムカついた
けど不思議と良い映画と思った
さ

さの感想・評価

2.5
面白かった
こまち

こまちの感想・評価

4.2
本気の怒りを伝えることは難しい。
本気って、目に見えないからさ……

信じられなかった人と、信じて裏切られた人。
猜疑心、自己嫌悪、不信感、哀しみ、そして怒り。
生活の中では押し隠されていても、消えたわけではない。消せるわけでもない。
そういう隠された感情の気配がふっと現れ、何度もはっとさせられた。
演者の力量をすごく感じた。さすがの俳優陣だ。
名だたる有名俳優陣の中で、達也役の男の子もすごく良かった。佐久本宝さん。

綾野剛にも松山ケンイチにも森山未來にも見える顔写真すごい。
うめ

うめの感想・評価

4.7
人に裏切られるのが怖いから、人を信じることは難しいけど、まず人を信じないことには、何も始まらないのでは?特に愛なんかはね。
いい意味でも悪い意味でも、もう二度と観たくない作品
感情移入し過ぎて鑑賞後の疲労感が半端ない
みそり

みそりの感想・評価

4.0
某カップル目当てでなんとなく観たけど重い
m

mの感想・評価

4.1
心重くなる 最高っ
>|