怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

繋がる。広がる。怒り。
演技力は5.0。
重厚な人間ドラマ
人を信じるのって難しい
OGT

OGTの感想・評価

2.2
何に怒ってるのか。言いたいことはわかるけど人間って生き物の「怒り」を表現するには浅いかな。
mirock

mirockの感想・評価

3.8
豪華ですね!
キャストの魅力満載です!

実はこの3人同一人物で、整形繰り返しそれぞれのストーリー。なんて想像したりしました!

謙さんいいっすねー
GZ

GZの感想・評価

4.1
大切におもうからこそ不安で信じきれなくて、大切に思うから相手に強い「怒り」を覚えたりする
登場人物たちそれぞれが、自分の感情によって大切な存在を守りきれなくて苦しんでいた

人間って単純な感情だけでできてたらどれだけうまくいくのかなって思うこともあるけど、複雑だからこそかえられない存在がいるんだなって思った映画だった
おじ

おじの感想・評価

5.0
妻夫木聡と綾野剛のカップル、見てるだけで幸せになれる、つらい、、
1000C

1000Cの感想・評価

3.8
1つの殺人事件がきっかけで、人生を翻弄される人たち。
もし自分が登場人物の1人ならどういう行動をとるのか、深く考えさせられる映画でした。
sae

saeの感想・評価

4.2
信じるって難しいよな、近い人間ほどな。
nana

nanaの感想・評価

2.5
いろいろ話が散らばってなかったらもっとどよんとしてただろなぁ…
y

yの感想・評価

-
解説読んでいろいろ理解できた難しい映画だった

まず先入観からの勘違いが2つ。
並行して進められる3つのストーリーが、この映画のキーパーソンとなる人物と全部繋がっている感じやと思ってたこと。
八王子事件があまりにも残虐すぎたから犯人の動機はよっぽどの復讐心からやと思ってたこと。

だから、映画後は3つのストーリーである必要性と犯人の動機が謎すぎたけど、犯人とは関係ない残り2つのストーリーは"大切な人を信じることができなかったていう自分への怒り"て捉えるとすっきり。
動機に関しては、他人の何気ない行動や発言が簡単に人の怒りをかって人格を歪められるんやて感じ。
>|