怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

ShotaSuchi

ShotaSuchiの感想・評価

4.0
自分への怒りを描いた作品だと感じました。誰が犯人か、という点はストーリーを転がすための装置で、犯人が明らかになる過程は映画を映画たらしめるものですが、映画を観てから数ヶ月経ったあとに残っている感想は、冒頭申し上げた通りです。
keco

kecoの感想・評価

3.6
出ました吉田修一。
役者の皆様もさすがでした。
人は怖い。でも、救いも残してくれます。
chailatte

chailatteの感想・評価

4.0
みんな演技すごい迫力すごい
みゅ

みゅの感想・評価

4.5
最後まで夢中になって見てた
怒り、こわい
そしてキャストがあまりに豪華でびっくりした
taka

takaの感想・評価

3.8
ゴジラじゃないよ
怒りだよ💢(日本アカデミー賞の事)
怒りに震えながらゴジラに火を噴く!
今宵のお酒は
ウォッカでドーバースピリッツ88
アルコール度数88だから 火が出るよ🔥
映画と酒のマリアージュ
怖かった。とっても。
キャストも豪華だし面白くない訳が
なかった、、
終始ハラハラできて良かったし、
感動もあって見応えあった!
YN1021

YN1021の感想・評価

3.5
怒りという感情と葛藤するシーンが特徴的な映画。
それだけに演技含めて力みがすごい。
私自身と照らし合わせて観てしまったため、作品との距離を感じました。
ジョン

ジョンの感想・評価

3.9
愚行録と同じくらい、これも2017年見た邦画で、よかった
kyon

kyonの感想・評価

4.5
信じてた人に裏切られる怒りと信じるべきだったひとを疑ってしまった自分への怒りのふたつ。
>|