怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

ShotaSuchi

ShotaSuchiの感想・評価

4.0
自分への怒りを描いた作品だと感じました。誰が犯人か、という点はストーリーを転がすための装置で、犯人が明らかになる過程は映画を映画たらしめるものですが、映画を観てから数ヶ月経ったあとに残っている感想は、冒頭申し上げた通りです。
糸旬子

糸旬子の感想・評価

3.8
沢山の物語で構成されていたが、どれもしっかりとした内容で見応えがあった。
俳優さん達も演技がうまいし、それぞれ全く違った環境で展開されていくところが面白いと思った。
それぞれの相手を想う気持ちが伝わってきた。
ユッカ

ユッカの感想・評価

4.5
すごい見応えがあって面白い映画だったと感じた。全然長く感じなかった。
役者さんの演技がみな素晴らしかった。引き込まれた。
でなし

でなしの感想・評価

5.0
前半で募る不安、心配、疑念が終盤にさしかかるにつれて全方位的に爆発する様が見事。人間ってガタガタの天秤で信頼するか否かを決めているんだなぁと。

大好物作品でした。坂本龍一の劇中歌もたまらん。

ただあまりにもずっしりどっしりくる映画なので日曜の夜には観ない方がいい。マジで。
火星人

火星人の感想・評価

5.0
だいすき
素晴らしい映画でした。初デートで行ったのは失敗だったかもしれないけど😅
研修生

研修生の感想・評価

4.2
何気なく借りたけど、かなりいい作品。並行して3つのストーリーが続き、その3人誰もが犯人にそっくり。どうやって終息するのかハラハラでしたが、見終わって感じたのは、3人とそれらを取り巻く友人たちが、裏切られ、悲しみ、怒り。それでも、めげずに生き抜く姿がとても力強く素晴らしかった。犯人が誰。とか、もはやどうでも良かったのかもしれない。33/100
ち

ちの感想・評価

5.0
レベル高え〜〜!!!!これはハリウッドリメイクも有り得るだろ!!!愛子とお父ちゃん😭😭😭田代😭😭😭
ゆき

ゆきの感想・評価

4.0
怒り というタイトルが大きくて合っててぴったりだ
>|