怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

やな

やなの感想・評価

4.4
惰性の中で深夜に見たこの映画は
とっても丁度よかった。

日本の闇なのか
本当にこんな世界があるのか
こんな風に生きてる人たちが
いるのか…きっといるか〜。

宮崎あおいと松山ケンイチの
カップルが好きすぎて
たまらなかった。
空気感最高!!!!!
でも基本的にキャスト最高。
広瀬すずの、海で感情
ぶちまけるシーンも印象的。

「怒り」の意味とは。感情。
誰もが持つ感情。根元。うーん。
原作読みたいなぁ。

あとあれね、
疑ってんじゃなくて、信じてんだろ。
まい

まいの感想・評価

4.2
見終わったあと感情をどうしていいか分からなくなる。色々と突き刺さって色んな感情が交通渋滞をおこす作品ってあまりないから貴重。

各パートの「怒」が違う形で表現されてて上手いなって思いました。広瀬すずちゃんの演技が圧巻すぎて心打たれた(′;ω;`)
0221

0221の感想・評価

5.0
鑑賞記録
ちこ

ちこの感想・評価

3.9
よかった
よーやく見た。
すげーわ!
おみ

おみの感想・評価

3.5
信じたいことを信じて日々生きてるんだな、、と思ってしまった。誰かのことを信じるときって、言うて本人の言葉と周りの状況の数個の情報からしかリソースを得てない。誰かを理解した気になることしかできない現実を突きつけられた感😨

森山未來さんの演技すご。これが怒り、なのか。ここまでの激情を感じたことがない気がする。

タイトル的は怒り、だけど、総じて 他の人を理解できない/してもらえないことに怒りの原因があるのかな🙄
Saeka

Saekaの感想・評価

-
すごかった………
ただただすごかった
鳥肌
重い……強姦のシーンはもう見たくねえ
キャスト豪華過ぎ
妻夫木くんと綾野剛の絡みエロ🍑
森山未來の身体能力高過ぎ🐒
SkeeM

SkeeMの感想・評価

4.1
久しぶりの邦画。出演俳優全ての演技が圧倒的で、すぐに原作の完成度はさぞかし高いんだろうなという予想がつきました。3つの場所で過ごす人たちが同じ疑念に振り回されるという展開も良かった。
初めから一気に観ることをオススメします。特に最初の場面を覚えているかどうかが、ラストを紐解く鍵に…。私は小分けにして観てしまったので疑問が消化できず、結局ネタバレサイトを見て「あぁ〜!!」となりました。笑
そういう点では矛盾も少なく、複雑そうで伝えたいことはシンプルなのだと感じました。どんな怒りが交差するのか、俳優陣の圧巻の演技力で楽しんでください!
>|