怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

xy

xyの感想・評価

4.0

残虐な夫婦殺害事件から1年。
殺害現場には血でかかれた『怒』の文字。
指名手配犯となったその男は顔をかえて日常に入り込んでいく。
そんな時、疑われていく3人の男たち。
東京で出会ったゲイの恋人。
沖縄で出会ったバックパッカー。
千葉で出会った父と同じ職場で働く恋人。
共通することはみんな、素性がしれない者たちであること。
自分の出会った人は殺人犯なのかもしれない。信じたくても疑いの目ばかりがかかっていくその時間がとても重苦しいです。
そんな3つの話が交互に展開されていきます。

タイトルにもある(怒り)
人を信じたことへの怒。
人に信じてもらえないことへの怒。
人を信じれなかった自分への怒。
人が分かってくれない怒。
快楽の怒。
たくさんの怒りを観ましたが、私は泉ちゃんの話がどれも苦しくて、一緒に泣きそうになるけど私はその涙を100共感してあげられないんだろう。
その怒りを100受け止めてはあげられないんだろう。
それは、情けだと思われるのかもしれない。
誰が彼女を救ってあげられるんだろう。
そんなことを思いながらただひたすら観ていました。

人を信じることが正義だとは思いません。
一度裏切られたらそこから知れるなんてことも思いません。
こればっかりは出会ったその人との間にあるなにかがそうさせるんだと思います。
だけど、信じれなかった人を責めることもきっとできません。
この映画に感情が入り込みすぎてしまいましたが、この中の頑張ってる人たちがどうか報われて欲しいと思いました。
久しぶりに物凄い映画を観た(満足)

というか今まで観てなかった自分を悔いている。。。

先日万引き家族を見たときに 日本映画は〜云々みたいなレビューをしたけど、おれが知らないだけで素晴らしい映画はあるんだと強く感じた。

ただのサスペンス映画だと思っていたけど、一貫した「怒り」というテーマから描かれる人間模様が登場人物を通して伝わってきた。

妻夫木聡は元々好きだったけど、この映画を観て更に好きになった!!
みっき

みっきの感想・評価

4.5
原作読んで見ました。

良く出来てると思いました。

愛する人を殺人犯ではと疑ってしまう3つの場所で起こるそれぞれの物語。
結末は知っていても最後まで気の抜けない展開運びで夢中になって見れました。

疑われる3人の男達にも釘付けになりました。
ryumaeda

ryumaedaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

群像劇。
かなり吉田修一だった。
顔の系統の似たキャスティングが良かった。
顔の系統の似た3人の中で誰が犯人かわからないで話が進んで行くけど原作はどういう物語の進め方をしていくのか気になった。
森山未來がああなった背景を原作でもっと描かれているなら知りたい。
ドラマのanone、万引き家族を最近観ていたから犯罪者とそうではない人の境界線について考えた。
づき

づきの感想・評価

4.0
ずっと緊張感がある感じがして、それぞれに物語があって、すごく引き込まれた
きのこ

きのこの感想・評価

3.5
苦しい……
観終わった明け方の空の美しさがまた苦しい…
haru

haruの感想・評価

4.5
日本はこういう映画が上手
RS

RSの感想・評価

3.4
記録用
iku

ikuの感想・評価

4.1
まず1番にキャストが良い。素晴らしい演技にすぐにひきこまれていきました。
3人の謎の男が登場していくのですが、疑ったり信じてしまったりと...、揺られながら観ていました。これが面白い!!
「怒り」この言葉には悔しさ、悲しさ、憤りとかたくさん込められているんだと感じました。ぴったりな題名ですね。
観て損はないと思います!
胡蝶

胡蝶の感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

妻夫木くんと綾野くんのカップルが、最高にキュンキュンきた。

森山くんのサイコパスな演技が怖かった。あの水槽とか破壊するところとか。最後の沖縄の男の子が、かわいそうだったなぁ。
>|