怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

xi

xiの感想・評価

4.0

残虐な夫婦殺害事件から1年。
殺害現場には血でかかれた『怒』の文字。
指名手配犯となったその男は顔をかえて日常に入り込んでいく。
そんな時、疑われていく3人の男たち。
東京で出会ったゲイの恋人。
沖縄で出会ったバックパッカー。
千葉で出会った父と同じ職場で働く恋人。
共通することはみんな、素性がしれない者たちであること。
自分の出会った人は殺人犯なのかもしれない。信じたくても疑いの目ばかりがかかっていくその時間がとても重苦しいです。
そんな3つの話が交互に展開されていきます。

タイトルにもある(怒り)
人を信じたことへの怒。
人に信じてもらえないことへの怒。
人を信じれなかった自分への怒。
人が分かってくれない怒。
快楽の怒。
たくさんの怒りを観ましたが、私は泉ちゃんの話がどれも苦しくて、一緒に泣きそうになるけど私はその涙を100共感してあげられないんだろう。
その怒りを100受け止めてはあげられないんだろう。
誰が彼女を救ってあげられるんだろう。
そんなことを思いながらただひたすら観ていました。

人を信じることが正義だとは思いません。
一度裏切られたらそこから知れるなんてことも思いません。
こればっかりは出会ったその人との間にあるなにかがそうさせるんだと思います。
だけど、この映画の中じゃ信じれなかった人を責めることもきっとできない。
この映画に感情が入り込みすぎてしまいましたが、この中の頑張ってる人たちがどうか報われて欲しいと思いました。
Yuno

Yunoの感想・評価

-
疲れた
観たことある感じだなぁ、悪人っぽいなぁ、なんだろうなぁ…怖いなぁ怖いなぁって思ってみてたらドーン。「李相日」やっぱりかーーー笑。むしろ気がつかずに見てた方が悪い。

全く異なる3地点での物語とある殺しが徐々に混ざり始める瞬間が最高潮にゾクゾクする。終盤にかけて畳み掛けるようなジェットコースター的展開も急転直下ではないだけにいい塩梅のワクワクが持続した。

それぞれのオールスターキャストの演技力もさることながら何でもないやりとりや日常を切り取ったシーンと完全に確信犯的に結末に近づこうとするシーンとがぐちゃぐちゃに混ざり合っていることが不穏な空気感を生んでいる。

広瀬すずの新境地と言われる所以もやっと分かって良かった。

結局のところここで表現したかった「怒り」は自らに対するやり場のない怒りのことを指すのだろうか…。壁に何かを書くって言う行為は結構そういう気持ちのメタファーだと思うんだけれども、何だろうそこの動機をあやふやにしたまま帰結したことへのモヤっとした気持ちが最後まで残った。
vanessa

vanessaの感想・評価

-
たつやくんの朴訥とした感じがすごいリアルだった。沖縄編は見てるのツラくなるシーンも…
Mao

Maoの感想・評価

4.0
すずちゃんの演技がウルトラ級⤴️⤴️⤴️⤴️⤴️⤴️⤴️⤴️⤴️⤴️⤴️
Sayu

Sayuの感想・評価

4.4
邦画で久しぶりにすごく良い映画。信じることって難しい、一方で信じたが故に堕落に転じることもある。キャストも豪華で迫真の演技でした。大切なものを守るってシンプルだけど難しくて。ちゃんと目を開いて目の前のものを見ないと、信じないと、疑わないと。良かったです。
めぐ

めぐの感想・評価

3.9
すごかった、とってもエネルギーを使う映画
ただのミステリじゃなく、人目に隠れなきゃいけないゲイカップルとか、暴行されても抗議する方法がない女の子とか、不条理なことも書かれていたのがよかった
服のまま海に入って叫ぶのは邦画すぎてもういいよって感じなのでそこだけ、、😣
ひとみ

ひとみの感想・評価

3.9
怖かったけど日常に起こってることって思うとみて良かったなって思う

もういちどみたいなあ
jj

jjの感想・評価

-
備忘
・見ごたえがあった
>|