怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 …

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。 窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。 犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。 事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。 殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。 その顔は、出会った男に似ていた。 いつしか交際を始めた愛子と田代。 二人の幸せを願う洋平であったが、 前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。 同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。 しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。 ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と 彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。 親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。 愛した人は、殺人犯だったのか? それでも、あなたを信じたい。 そう願う私に信じたくない結末が突きつけられる―――。

「怒り」に投稿された感想・評価

あむ

あむの感想・評価

4.0
久しぶりに面白い邦画だった

宮崎あおいが愛子にしか見えなかった。
本当にみんな幸せなってほしいとしか言えない...
coco

cocoの感想・評価

4.0
原作を読んでから視聴したので、終盤の脚色を蛇足に感じてしまう。犯人の独白みたいで陳腐だなぁ、と。そう思う反面、犯人の狂気を目の当たりにするシーンは刺激的で犯人役の身体能力が楽しい。

洋平からは田代に見える報道、優馬からは直人に見えるモンタージュ、モデルとなった犯人の逃走経路に近い田中。彼らを信じたい人々の中に生まれた疑心が重なり、どの人物にも犯人の可能性を感じる。

「怒り」をはらんでいるのは経歴不詳の3人というより、3人に惹かれる周囲の人々。大切な人を信じたいのに、根底にある自分達の怒りから信じきることができない。
過去から逃げる彼らはその怒りの根底に寄り添い、必要とし合い、共に生きる未来を描きはじめる。
犯人でない2人の、表情に垣間見える信頼が切ない。
人を見下すことで自分を保ってきた犯人の怒りが、チープなものに思えてくる。
2018年6月24日
Know

Knowの感想・評価

4.5
あーーー

すごかった
主演の方々の演技が素晴らしいものでした。内容は少し理解しにくいですが、、、
loser

loserの感想・評価

3.3
『あいつは本気で生き返らせようとしたんすよ…』

うーん、壮大なクイズ番組みたいな映画でした。
この中で誰が犯人でしょうか!?

途中、コロコロ怪しい人が変わって最後まで解らなかった。

そういう意味では良かったです。
豪華俳優の面々も迷わす要因の1つでしたし、上手く誤魔化していたと思います。


でも、ラストまで見るとまぁ1つの事件に対して関係ない話を見た事になってしまうので『ん?じゃあこの話はなんだったんだ?』ってなってしまいました。

見方としては、3人ともそれぞれの事情で感情を殺している所が面白く、タイトルの『怒り』を見せない所がいい。
誰が『怒り』を内に秘めているのか?
それを探りながら犯人を予想していくと楽しいです。

妻夫木とか綾野剛とか広瀬すずとか体張ってたなぁ。。。
ノナメ

ノナメの感想・評価

4.0
監督の手のひらでコロコロされっぱなしの映画だった。
いまむ

いまむの感想・評価

3.8
役者のパワーが凄い。

ストーリーが進むにつれ心がざわざわとして、落ち着かなくなる。
私にはちょっとわからなかったなぁ...
宮崎あおいは演技力すごすぎ
Misato

Misatoの感想・評価

3.5
重い、
>|