怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃよかった〜〜😭😭😭
ぶっきーと綾野剛最高に悲しくて泣いた😭😭😭
ぶっきー辛いね😭😭😭😭
M

Mの感想・評価

3.2
✔️記録
あるシーンの背景を知っているからこそ刺さったのかもしれないけど全日本人が見た方がいい。そして今、これからも考えるべき。
aipon

aiponの感想・評価

-
(記録)知っていくことが、恐ろしくなる。
和希

和希の感想・評価

4.0
高校生の時に観た
さゆ

さゆの感想・評価

4.0
映画館でやたら感情移入してしまい、珍しく泣いてしまった。
今みたらどう感じるのかなー
どこかのタイミングでもう一度みたい。
ひどいプロパガンダ作品。

群像劇なんですが
別にそれが最後一本の線で繋がった!とかでもないし、泣いたり喚いたりを演技力のなさと発声を誤魔化すために役者さんたち、頑張ってました。

人の信頼がどうのと伝えたい割に、その辺あの薄ーい感じのやりとりで読み取ってね!って無理がある。


邦画特有のBGMでかくなるのいい加減どうにかしてくれ。

結局理由も、なんだそれだし。
怒の文字も意味不明だし。
無駄に長いし。

製作陣に途中で気がついて、違和感はこれかと思い、やめようかと思ったけどとりあえず最後まで見ました。
たまにあるこう言う気持ち悪い政治的メッセージ織り込ませるのどうにかしてほしい。
そう言うのが一番嫌。
沖縄のデモも米軍の犯罪も、もう少し真実を描けよ。
これが日本映画だと思われたくない。

やっぱ邦画はコメディかサクセスストーリーしか無理なんじゃないかなぁ。とりあえず演技…

至福の映画タイムを140分も取られて「怒り」なのはナイスだなと思います。
fryooooow

fryooooowの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

スタッフ、キャストの豪華オールスターズ映画。


東京、千葉、沖縄の三ヶ所で平行して展開する構成。
登場人物それぞれの生活の周りにひょんなことから現れた三人が、世間を賑わす殺人犯の指名手配写真に似ているという共通点のみで実際の接点は最後まで無し。

そんなミスリード(自己責任)のせいもあってか物足りなさもあったが、真犯人は三人のうち誰か?という軸を最後まで楽しめた。

ゲイカップルもさることながら、沖縄篇の少年と森山未來の鬼気迫る芝居に引き込まれる。坂本龍一の音楽も相まってラストパートは脂汗が出たほど。

テーマはさることながら、疑問提起が主な形で、何かが着地するわけではない(犯人がわかるぐらい。死んじゃうし)のでスッキリしない感も強かった。


余談
顔を整形、ハサミでホクロ、沖縄の離島、フェリー乗り場での描写などなど、市橋達也をモデルにしている節が各所にあった。一部サイトでも言及されている。
>|