怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

たぐは

たぐはの感想・評価

4.3
信頼や信用が肯定も否定もされない感じが良い。あとミステリー、ヒューマン映画にとどまらず、社会性があって好きだった。市橋達也だね。
oka

okaの感想・評価

4.0
「お前が何者か、なんて、結局どう捉えるかは俺次第なんだよな」人は年を重ねるごとに他人を信じる事が難しくなっていく。信じる事でのリスクや裏切りを経験していけば、それも致し方ない。しかしだからこそ、確証がないからこそ、信じる事には意味があるのだろう。論理を超える「直感」の価値に迫った辛辣な社会派ミステリー。
豪華キャストで魅せる力作。
それぞれの役者に引き込まれ、困ったのは皆さん見事な演技なので、誰に感情移入して良いのか、迷いましたね。
渡辺謙さんは娘との距離感に戸惑う父親を体現します。
その娘役、宮崎あおいさんの何という危うさ‼︎
上手いですね。何の説明がなくても、彼女がどんな人物なのか、しっかり伝わってきます。

殺人事件の犯人と思しき3人、松山ケンイチさん、綾野剛さん、森山未來さんと、それぞれに影を持たせ、信じたいと願う相方の思いが溢れます。いや、見ている鑑賞者にも、それぞれを「信じたい」という気持ちを抱かせます。
その3人に訪れる、それぞれの結末。信じていたのに裏切られる、やり切れなさ。
信じてやれなかった自責の念。
これからもずっと信じ続けるという強い気持ち。
クライマックスに至り、様々な感情が巻き起こります。
日本映画の底力を感じる作品です。

広瀬すずさんは頑張りましたね。演技とは分かっていながら、ハードな撮影だったと思います。
ぽん

ぽんの感想・評価

4.0
最後まで犯人がわからない。役者の演技力が全体的に高く、迫力があった。
ツナ

ツナの感想・評価

3.9

演技が凄くてつい息を呑む場面が多かった
3人の男それぞれに絶妙な怪しさがあり、最後まで犯人が全然分からなかった
見終わると重い気持ちになる

信じること、信じられることの難しさ
途中でやんなっちゃった。
sherry

sherryの感想・評価

3.1
普段邦画もテレビも見ないから知らなかったけど、綾野剛って凄い俳優ですね。かっこいい。原作読んだから一応見てみただけだったのだけど、日本映画ばかにしちゃいけないなと思わされた。
galireo

galireoの感想・評価

3.4
森山未来、広瀬すずの演技が半端ない
久しぶりにこんなに面白い邦画に出会った…

1つの事件を軸にした3つの物語
それぞれ犯人っぽい描写があって疑心暗鬼で見てた😅

最後も切ないところもあるけど好き
三者三様のベストな終わり方
かりん

かりんの感想・評価

3.6
見終わったらどっと疲れた。こわかった。
>|