怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

王甘

王甘の感想・評価

4.1
素直な作品。流石にこのレベルの役者に混じると広瀬すずが付いて行けてない感が否めなかった。オーディション勝ち抜いているから下手ではない筈なんですけど。森山未來と比べてしまったのもある。

小説を読んでいるような映画だった。3人の男の心の中はこちら側に大きく委ねられる。原作小説と映画化した映画の違いは何だろうか。


森山未來以外の主要キャスト全員の「怒り」が、自分に向いているのがなんとも日本的ですよね。
yu

yuの感想・評価

4.0
メッセージ性の強い、重い映画。軽い気持ちでみたら度肝抜かれた
kokotto

kokottoの感想・評価

3.8
八王子で起こった夫婦殺人事件。その現場の壁には「怒」の文字。
犯人はそのまま顔を整形して逃亡を続け警察は情報を集めるため、TV番組で顔写真を公表し、公開捜査に踏切った。

同時期に犯人に顔が似ている素性のしれない男が3人現れた。1人はゲイクラブで知り合った男。1人は名前を変えて漁村で働く男。1人は各地を放浪し無人島で暮らす男。
誰もが怪しいと思えてくると同時に、登場人物達と心を通わせ、次第に観ている自分自身も彼らを好きになり、また誰もが犯人だとは信じたくない気持ちにさせられる。
最終的に犯人は全く別でしたという結論を望んでいたが、最後に残酷な現実を突きつけられる。

見所としては妻夫木聡と綾野剛の体当たりなベッドシーン。
こちらをイライラさせる位リアルな宮崎あおいの純粋だけど愚鈍な登場人物の演技。
沖縄の青くて美しい海。可愛い広瀬すず。
広瀬すずに起こるショッキングな事件。
野猿モードの森山未來の怪演。
本当に3人の男の誰にでも見えるモンタージュ写真(本当に3人の顔を組み合わせてるのかな?)

タイトルの「怒り」について、結局犯人の怒りは身勝手極まりないものだったが、登場人物それぞれも「怒り」を抱えているように思えた。
そして、、、何故か私自身も怒った(笑)
後半、観ている途中に何か得体の知れないイライラや居心地の悪さを感じたけどなんだったんだろう。
でも最終的には素晴らしい作品で、観てよかったと思えた。
改めてなんだったんだろう(笑)
殺人犯の手配書によって人間の感情が揺れ動く群像劇。殺人犯が分かった時の驚きが薄い。
A

Aの感想・評価

3.8
見応えあり。演技は揃いで観ていてのめりこめる作品。
なこ

なこの感想・評価

3.0
ある程度覚悟して、昼間に観たけど、序盤から衝撃的で、後半には頭痛がしてくるくらいかなり重かった、、、
好きとは言えないしオススメもできるわけでも無いから評価は低めだけど凄い作品。

世の中には知らなくて普通みたいな世界を、知りたくない世界を知ってしまった人もいて、、、ほぼフィクションのことを描きたいように、伝えたいように、演技で再現できるキャストが凄いと思う。

綾野剛と宮崎あおいの役柄は意外で、でも2人とも見事に演じてて逆に少し辛いというか悲しかった。綾野剛が劇中で言ったように、違うよね?の疑いには信じてる気持ちが入ってるなって。米兵に襲われるシーンがトラウマになるからもう少しオブラートに包んでほしいと思いつつ、だからこそ重みが伝わってくるわけで、、、
妻夫木くんの最後切なかったなぁ、、、
なんだかとってもしんどかった
キャスト豪華
もう一回見たいとはならないかな
Trapei

Trapeiの感想・評価

4.2
人を信じるって難しい
日本の映画の中で一番すきかも
>|