怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

hirotan

hirotanの感想・評価

4.0
泣きます
妻夫木が最高でした
hichu

hichuの感想・評価

4.0
演技派、切ない、怒り
犯人誰だろうって楽しかったけど途中からわかっちゃった。でも犯人わかってても楽しかったからいい。
toru

toruの感想・評価

3.5
邦画史上類を見ない演技派豪華キャスト。

八王子夫婦殺人事件に端を欲し、千葉、東京、沖縄でそれぞれその犯人と思しき、怪しげで過去を語ろうとしない男の子3人が周囲の人に影響を及ぼしながら展開。

綾野剛、松山ケンイチ、森山未來という演技派若手俳優が良すぎる。犯人探しに終始することなく、それぞれのストーリーに重みを持たせていた。
誰の何に対する怒りなのか
みんなそれぞれのものか

よぉわからん
信じるって深いなぁ
人を信じる意味をめっちゃ考えさせられる

いろんな怒りにまみれてて救いようがない
小出

小出の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

原作読んだ後すぐ観た。
宮崎あおいと森山未來の演技力が異常。
原作のラストとの変え方も許容範囲。
にしても原作自体に作者の沖縄に関するステイトメントが入り込みすぎてて、今作の重要な要素の「人を信じる事」っていうテーマが霞むんよなぁ。
杏

杏の感想・評価

3.8
ちょっと前に見たやつ。
妻夫木聡と綾野剛が切なすぎて。
あと、広瀬すずちゃん思ってたより演技派だということを初めて知った作品。
オクマ

オクマの感想・評価

3.9
3人が怪しすぎて最後まで誰が犯人、、、?って思ってた。
人を信じるって、相手の考えが分からない以上よっぽど難しいことなのだなと思った。。
>|