怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

人を信じることと疑うこと、信じて裏切られた後悔や、信じることが出来なかった後悔、やるせなさ
いろんな気持ちが残る作品だった

自分を信じられないと、相手を信じられなくなっていくものだなと感じた
豪華でした。ずっと見たかった映画です。
なんで放映されないのかなって思ってたら、オラフが、、、なるほど(笑)
結局怒りっていうよりは、悲しみ?悔しさ、の方が強かった気がします。少年だけ怒りが勝ってるような気がしました。
ああしとけば、こうしとけば、って失って気付きます。それまでは本当に気付かないし、疑っていることに対して正当化しようとするのが、人間なんじゃないかなって。無くして気付いて後悔するのが、当たり前なんじゃないかなって思います。
結局あいこが風俗で働いてた理由もわからないし、特殊な理由もわからない。あいこに関しては渡辺謙に力入り過ぎててよくわからずじまい。鈴ちゃんと妻夫木くんだけこっくり描かれていたような気がします。
深読みしすぎて、同時進行に見せかけて、時間軸バラバラで犯人同じ説考えてたけど外れました(笑)
大街道

大街道の感想・評価

4.1
邦画の演技はだいたい違和感あって好きじゃないけど、この映画はみんな素晴らしい。特に広瀬すずの感情を押し殺す表現にくらう。妻夫木もハマり役は化けるな。いや、ていうかみんな良いんだけどね?特によ特に。

あの沖縄の民宿は俺が守るよ
3つの物語が同時に進行していく。
人を信じると言うことを深く考えさせられる。3人それぞれ素性も分からず誰が本当の事を話し、本当の自分を見せているのか最後まで本当に分からなかった。
いかに人を信じることが難しいのか物語っている物語であった。
個人的に贅沢を言うなら最後の終わりがあまり好きではなかった。これは邦画あるあるだから仕方ないかもしれないがそれを考慮しても全体的にはかなり良い作品だった。
ぽん

ぽんの感想・評価

4.1
人を信じることはとても勇気がいることだと感じた。
俳優全員演技うまくて引き込まれる
わに

わにの感想・評価

4.3
相席酒場とか風俗案内とかがならぶ街並みって映画で見るとインパクトがすごい、昭和とかを感じてしまうというか、日本の中で変わらない部分だなぁと思う。すごい日本っぽい、悪いとこなのかもしれないけど、日本独自の文化だなぁと思います。

ちょっとしか出ないけど有村架純にやられた、演技力すごいね
全員迫真の演技だし、群像劇のような作りや犯人がわからなくなる展開とか、素晴らしい映画だった。
何がどうじゃなくて、観終わった後に、「あぁ、、、」ってなるやつ。
あさお

あさおの感想・評価

3.2
父ちゃん、人はなんで信じるの?
ASAO

ASAOの感想・評価

3.4
ゲイパーティいきたい
Shizka

Shizkaの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

怒ることの裏側には信頼がある。まさかそんな人とは思わなかったから怒ることもあれば、だからといって信頼することができなかった怒りもある。怒ることはできてもそれを行動にできる人は少ない。犯人は怒りを制御できないから人を殺したり、物に当たったりするのだろう。果ての自称行為も怒りの表現である。では何に対して? 信頼を裏切った自分に対して、だろう。あの場面、彼は死を望んでいたのだ。

どこまで人を信じられるか、しかもフラっと現れた人を信じることができるのか。こう文章にしてしまうととても薄っぺらくなってしまうけれども、その中でも勝ち得た信頼をどこまで耐えられるか、というテーマだろう。

流れ者を信頼するというのは難しい。一度なにか問題を起こした人を信頼するのは難しい。犯人に似ている人を信頼するのは難しい。3人の流れ者が犯人に似ていて、それぞれが疑わしい状況の中、自分に見せていたその人の顔を、どれだけ信頼できるのか。それを問うているのだ。

では最初から信頼しなければいいのか。いや、それでも信頼してしまうのが人間だ。じゃあ信頼する方が悪いのか、信頼される方はそれに応えなくてはならないのか。

人を見下すことでギリ保っていた犯人が、羨ましいと思う。人を簡単に殺すことができたら良いのに、と思うこともある。それができないから涙を流したり、誰もいない海に絶叫したり、するしかないのだ。

しかし松山ケンイチ寄りの指名手配写真で森山未來は無理がある気がする。そもそも面長じゃないじゃんw 似てない写真を使うことで視聴者の森山への疑惑を逸らそうとしているのかもしれないが、似てねーよw
n

nの感想・評価

3.7
映画館で見たけど難しい
>|