怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

3.0
蒸し暑い夏の日に起きた殺人事件、3人の放浪者が出会う3つの人間関係、そしてまた新たな事件が起きることで動き出すサスペンスミステリー。
宮崎あおい、広瀬すず、妻夫木聡、渡辺謙、錚々たるメンバーによる役者魂のこもった全力の演技がほんとにすごい。
″怒り″という題名だけども溢れていた感情は″哀しみ″と″後悔″。
宮崎あおいがすごかったです…まるで観ている人の心まで絞り出されていくような悲痛に満ちた嘆きに胸が苦しくなる…。
あとはちょい役だったけど高畑充希の演技とあの言葉少ないやりとりもかなりよく…。
ただ、ストーリーとして、脚本として、ミステリーとしてどうかというと…どうなんだろう?
肝心の怒りがなんなのかよくわからないし、宮崎あおいの事情もよくわからないし、ものすごい胸糞悪い展開の連続。
それぞれのいいシーンを切り取って、もっと違うストーリーで意味のある脚本が描けたんじゃないか?なんて思ってしまうくらい、意味がわからない。
何を伝えたいのか。
社会的弱者が落ちぶれていく様や逆境に立ち向かっていく様を描きたかったの?
原作を見ればもう少しわかるのかな、あんまり読みたいとは思えないですが。
なかなかおもしろかったですが、映画館で見なくてよかったな、とも思いました。
やっぱり題名の″怒り″がいまいち納得いかないんですよね…。
あむこ

あむこの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

約3年ぶりの鑑賞。
本当は明日観る予定だったけど、『楽園』があまりに期待はずれで急遽観ることに。やっぱりこの作品は格が違う。

まず、掴みの事件のインパクトが凄い。茹だるような蒸し暑さがビンビン伝わってくる現場に禍々しい「怒」の血文字。一瞬でグッと引き込まれる。

そこからは千葉、東京、沖縄という3つの舞台に分かれて、人間の「信じる力」と「疑う力」が試されていく。「信じられなかった」と「信じてしまった」。2つの後悔から生まれる自分への「怒り」に胸が張り裂けそうになる。

気になる点があるとすれば、酩酊した辰哉の歩くスピードが速すぎて不自然なことくらいかな。

映像、脚本、演技、音楽。その総合力で現代邦画の最高傑作だと思う。


ー田中についてー

初めて観たときは田中の怒りの矛先がわかりにくく、田中のことをただ単にサイコパス的なヤバい奴くらいにしか思わなかったけど、今回また観たらその考えが変わった。まあでもやっぱりカッとなると我を失うヤバい奴ではあるんだけど、急に凶暴性を発揮しだした理由は実はそんな単純ではないんじゃないかと感じた。

辰哉が見ていないところで流した涙。そして、最終決戦で辰哉のことを抱きしめたときの辛そうな表情と、「辰哉、俺はお前の味方だからさ」という優しいトーンの言葉。田中は辰哉と同様、米兵にレイプされていた泉のことを助けたかったけど怖くて助けられなかった(「ポリース!」と叫ぶのが精一杯だった)のが本当で、あの一見すると整合性のない旅館での破壊行為は「自分への怒り」が抑えられなくなってしまったゆえのものではないだろうか。

では、なぜ抑えられなくなったのか。それは、自己の矛盾に耐えられなくなってしまったからだと思う。八王子夫婦殺害事件の犯人である自分が、他人の悲しみに共感してしまっている。泉をレイプした米兵と同じ穴の狢である自分が、その米兵に怒りを覚えてしまっている。そしてその解決法は、「過去の自分に戻り矛盾を解消する」か、「現在の自分のまま矛盾を受け入れる」かしかない。でも、後者を選ぶと事件を起こした自分と泉を見捨てた自分への大きな怒りを抱えて生きなければならない。対して、前者を選べば嘲笑の対象である哀れな人間のリストに泉と辰哉を追加するだけで済む。そして田中は前者を、楽な道を選んだ。殺人犯である自分を馬鹿みたいに信じてくれた、慕ってくれた2人との関係をぶち壊してでも、自分を守ることを選んだ。ように思えた。

森山未來がめちゃくちゃ好きというのもあるけど、背景を考えたくなる不思議なキャラクター。


ー早川真犯人(共犯?)説ー

そもそも、別件で逮捕された元同僚の早川の証言は真実なのか。急に八王子夫婦殺害事件について話し始め、1年前の事件にもかかわらず、まるで自分が経験したかのように詳細まで鮮明に記憶している。派遣会社から酷い仕打ちを受けたことを話すときには感情さえ露わにする始末。照明の加減で右頬も見えにくいし。もっと言えば、最初と最後で「怒」の筆跡が全く違うし、冒頭で裸の犯人はなぜか明かりのついた部屋に向かっているし。原作でも田中が山神ということになってるらしいけど、映画オリジナルで内容が改変されるのはよくある話。でもそうなるとまた物語の整合性が取れなくなってくるので、これから何度も観返し続ける中で考えていきたい。
原作読んでてもこれのタイトルがなぜ怒りなのかわからなかったが、映画版を見ると怒りというタイトルにも納得がいった。それぐらい役者のパワーがすごかったので原作よりも楽しめた。
人を信じることの難しさをよく描けてるし、信じる者も信じなかった者も悲しい結果になってしまったのは原作読んでて内容わかってても心が揺さぶられたのはやはり役者の演技力の賜物かなと思う。
特に宮崎あおいの慟哭の演技は必見!宮崎あおいの見方が変わった。
面白かった。
DITA

DITAの感想・評価

3.9
面白かった。
宮崎あおいはすごい。
りん

りんの感想・評価

-
苦しかった。全員がすごすぎるから余計に苦しくなる。
AYANE

AYANEの感想・評価

-
得るものはないけど、普通に面白い
めい

めいの感想・評価

4.0
上映当初映画館でみたぶりに!

低評価つけてたんだけど、すごい映画だったと認識☺️💦アセアセ
s10236sk

s10236skの感想・評価

4.5
サスペンスやミステリーではなく完全にヒューマンドラマ。
映画館、自宅で3回見た。
何度見ても、泣ける。

出演者たちの迫真の演技よ。全員が本気で体当たりしていた。

この年の邦画ナンバーワン
yasu

yasuの感想・評価

4.1
刺激がかなり強いです…
見てていろんな感情が出てきました。
3つの舞台でそれぞれの物語なので、理解するのに必死でした。ラストは3つの映画のラストを見た感じがして、とても贅沢でした。
見終わって話しを整理して理解を深めると、また見たくなりました。
渡辺謙さんがすごいカッコ良くて自分もこうなりたいと憧れました。
>|