怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

妻夫木が泣いたらなんか泣きそうになる。
嫌い。きらい。
Yukio

Yukioの感想・評価

3.0
とにかく

鑑賞した後の

衝撃が強く

放心状態になる映画


広瀬すずの演技が

素晴らしく

新しい一面みました
CrimeX0I

CrimeX0Iの感想・評価

3.5
「誰が犯人なのか」的な見方でいうと火曜サスペンスちっくだけど、本作はそれら推理ものとは異なるトリッキーな展開を見せる。
3つの次元が平行しており、それぞれがディープなストーリーを持つ。

キャスト個々の演技力が漏れなく光っていた。

終盤の広瀬すずが叫ぶシーンは、「リリィ・シュシュのすべて」の忍成修吾を彷彿とさせた。けど、忍成修吾のあのシーンから受ける感動と比較すると遠く及ばない。
bbaa

bbaaの感想・評価

4.5
なんで怒ってんかとても分かる。矛先をどこに向けてもしようがない、かと言って笑って流せるほど安い怒りじゃない。人生うまくいってて楽しそうな面した連中が映画でも観ようかなんて日にゃ、是非観てほしい。この感情と向き合ってほしい。
人間の暗くて嫌な部分が目立ってとても後味が悪い映画。ラスト広瀬すずの絶叫の後でタイトル「怒り」が出てきて、本当に心の中で怒りを感じた。吉田修一原作の「悪人」も嫌な映画やったし、しんどい作品。出演者はみんな演技上手やったし、良くも悪くも伝わってくるものはいろいろあったけれど、もう一回見たいかと聞かれたら、いらん、もう見たくない。
一つの殺人事件。得体の知れない男が3人。その男たちの周りで猜疑心に苛まれつつ過ごす人々。それぞれのドラマが群像劇のように映し出される。

「その男」を疑ってしまった為に、己の幸福を失った女。別れの言葉も言えぬまま、死別することになるゲイ。
「その男」を信じてしまった為に、殺人に手を染めてしまった少年。

それぞれがそれぞれに抱える怒り。それを吐き出すかのように広瀬すずは絶叫する。
3人の身元不明の男の話が同時進行する展開は先の読めない感でなかなかよかった◎その分、結末はちょっと期待外れ。もうちょっと犯人を掘り下げてくれるとよりよかったかなぁ。
指名手配犯に似た3人のストーリーが別々に同時進行で描かれていて誰が犯人なのか目が離せない映画でした。
ただただ豪華俳優陣の演技力の高さを実感する映画でした。
綾野剛と妻夫木くんのベッドシーンは、ちょうどいい生々しさを演じれていてゲイとしての愛の表現が素晴らしかった。
広瀬すずはいつもの恋愛ドラマや映画とは違ってこういう映画での演技は若い子の生きる力や悩む姿を上手に演じててこんなすごい女優さんなのかと感動した。
森山未來の狂気的なキャラと優しい人のキャラを見え隠れしながら本当はどっちの人なのか分からないようにしていて素晴らしかった。
宮崎あおいのあの弱々しくも今できる限りの幸せを掴もうと必死に生きていこうとする姿と松山ケンイチとの愛が本物なのかを渡辺謙との3人の掛け合いで人間の弱さと強さがとても生々しく荒々しく表現されていてその場に自分がいるような感覚になった。
自分的に1番印象に残ってるシーンは、宮崎あおいと松山ケンイチが住んでるマンションに警察が指紋認証が終わった後の宮崎あおいが号泣してるシーン。
あのシーンは今でも脳裏に焼き付いて離れない。
個人的には素晴らしい映画でした。
すんげー映画に出会った。役者陣全員演技上手い。

内容も誰が犯人なのか最後まで分からずハラハラドキドキだった。

人を信じるって難しい。疑い出して信じ切れなかった二人と、信じてたのに裏切られてしまった一人。

非常に面白かった。
>|