怒りの作品情報・感想・評価

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

森山未來は本当にただの犯人か
kocha

kochaの感想・評価

3.9
人を信用したいのに、信用できない瞬間がある。
ニーチェの言葉が過った。
人間は行動を約束することはできるが、感情は約束できない。思うに、感情は気まぐれだからである。
思うに、その気まぐれの感情が気まぐれだと知っているから、どうしようもなく、人は怒り、泣き、叫び、苦しむのだろう。
面白かった、、、愛している人を「信じる」ことができなかった人達のラストの苦しみ。ストーリーが進むにつれどんでん返しだらけで見事に騙されました。キャスト全員よかったなー。。。
HOSO

HOSOの感想・評価

4.0
「怒り」「嫌疑」「愛」
人間の持つ様々な感情が「信頼」をグラつかせる。

三つのストーリーが一貫して一つのテーマで描かれ、かつそこに社会問題(LGBT、沖縄の米軍問題、日雇い労働者の環境、無差別殺人)も丁寧に描かれており、多くのことを考えさせれる映画であった。

どの問題も難しい。けどそこに向き合わないといけない。
なかなか解決はしないけど、一つ大切なことはそれぞれに必ず背景があるってことを意識しないといけないことだ。

このレビューはネタバレを含みます

「独眼竜政宗」、「篤姫」、「平清盛」、「天地人」。大河ドラマで主演を務めた俳優が四人も共演。さらに「純情きらり」、「ほんまもん」、「とと姉ちゃん」と朝ドラ女優三人の共演。これだけで話題性は抜群。ストーリーからして日本アカデミー賞ノミネートは間違いない話題作…なはずなんだけど、個人的には今一つ。

三つのストーリーを並べただけ、という印象。ミステリーとしてもヒューマン・ドラマとしても中途半端な印象。

原作は読んだことないけど、必要な部分まで端折ってしまったのではないかと思う。いかんせん二時間半では無理があった。

映画より連ドラ向きな作品だと思う。

このレビューはネタバレを含みます

妻夫木や宮崎あおいら色んなどうしようもない怒りに感情移入させられた...個人的に特に感情を持ってかれたのはすずちゃんの怒り。あんな綺麗でエモい島で言葉にできない怒りを叫ぶあのシーンは最高に苦しい...
森山未來の2面性の演技、映画とわかっていても恐怖を感じてしまった。モテ期のイメージがありすぎてそのギャップに唖然。
もう一回見ることはできない
chika

chikaの感想・評価

-
過去鑑賞。
Yuriko

Yurikoの感想・評価

3.6
題名に違和感。ちゃんと理解できてないのかなあ?誰かのことが好きだったり愛してても人って一番大事なのは自分だよなあ。どのエピソードも感情の動きがめちゃ現実的
>|