怒りの作品情報・感想・評価・動画配信

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

八王子殺人事件のその後。
東京、千葉、沖縄で、怪し過ぎる人が周りに溶けこむが、信じることが出来ず..
ちゅけ

ちゅけの感想・評価

3.8
全ての役者さんが
素晴らしい

最後まで考えさせられるやつ
りゅう

りゅうの感想・評価

3.0
米兵に対するプロパガンダとしてなら一定の効果はあると思うが、広瀬すずの演技がうますぎて結構えぐい。てか、みんな演技うますぎ。
ぴー

ぴーの感想・評価

4.1
二時間半かけて「怒り」をじっくり擦り込まれた

ずっと奥歯噛み締めながら観てた
tsubaki

tsubakiの感想・評価

3.9
「信じる」とは何かを考えさせられる。
信じられない、信じることができないとは理解出来ないということ。理解できないのは自分目線を捨てきれないから。見たものを自分の理屈に当て嵌めているだけだから変に映る。経験と固定概念の話。

それにしても犯人像の3人の合成写真が上手く出来ていて、見入ってしまいます。
7

7の感想・評価

4.0
綾野剛が好き 直人(o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅ )
マ

マの感想・評価

4.0
どんなに相手を想っていても信じるって難しい
重たい………けど見てよかった。
邦画の底力見せてもらった感じ。

八王子で夫婦惨殺事件が起き、事件から1年後、東京、千葉、沖縄にそれぞれ素性不明の男が現れ、それぞれその土地の人と交流関係を深めていく。
一方で警察は犯人は整形をしていると予想し、整形後のモンタージュが町中に貼られていく。これがうまく三人の特徴を少しずつ捕らえていて見てるこっちも全く誰が犯人かわからない。

結末は是非見ていただきたい。
色んな役者の怒りのみならず、喜怒哀楽が存分に表現されている。
2時間半…長いなと思ったけど終盤の追いつまった俳優陣の演技を見る頃にはすっかり時間を忘れていた。

最後に、体貼った妻夫木聡と綾野剛と広瀬すずの役者魂に完敗です。
誰かを信じたり疑ったり、信じたことを後悔したり疑ったことを後悔したり
>|